今が旬!

 

5月

 
DSC_0425

ここ数年で始めた日本の金星

 

 

 

12月 

 
最近はサンパウロ市民にもすっかり馴染みの味覚となった。2月ごろまで

最近はサンパウロ市民にもすっかり馴染みの味覚となった。2月ごろまで

 

 

 

 

8月

   

ポ語名 ペーリ・デ・サッポ=カエルの肌。バイア産。好みにもよるがちょっと甘すぎる気がする

 

パルマという種類のマンゴー。マンゴーの種類の中でも1,2を争うおいしさ

■魚

 

禁漁が終わり、3か月間、11月までまた新鮮なイワシがたべられる。

   

7月

■果物

 

 
DSC02740

びわ:7月終わりから8月終わり

   

 

■魚

 
DSC02736

イングレーザ:7月~11月身が柔らかいので刺身にはあまり向かないが、揚げて食べるとおいしい。聞くと、顔がイギリス人に似ているからこの名前がついたとか。似ているか?

   

5月

■魚

DSC02470

ブリ5月~9月。やっぱり寒い時期がおいしい

   

 

4月

■果物

DSC02190

ピニョン:パラナ松の実。名前は松であるが本当は杉科の木。旬は4月~5月半ば。茹でて食べる

DSC02262

ポンカン:青くても結構甘い。これから黄色くなったものが出始める。 4月~9月半ば

 
     

 

3月

■果物

DSC_3234

ランブータン:アジア原産の果物だがアマゾン地方で生産されるようになった

DSC02114

冬柿:3月~4月半ば。日本と同じくらいの大きさの柿が出回るようになった。

   

■魚介類

DSC02101

3月~6月 イワシ漁が解禁 ブラジルでは安い魚の代表

DSC02158

鯛:3月~4月半ば。1kg30レアル(約1500円)。日本の鯛に比べ少し身が柔らかい

   

 

 2月

■果物

DSC_3227

ライシ:サンパウロ近郊で生産される

DSC_3230

もも:大きさも甘味もました南ブラジル産

DSC_3775

マスカット:南ブラジルで生産された食用

DSC_3772

イチゴ:カリフォルニア産。大きさも、甘さも、値段もびっくり

 

DSC02058

日本梨:サンタカタリーナで豊水が生産される。味も大きさも日本の梨に負けない

 
   

■魚介類

DSC_3776

ブラジルでの日本語名サワラ。2月~4月、刺身、揚げ物

DSC_4259

ブラジル名;ゴルジーニャ、日本語名 マナガツオ。揚げて食べるとおいしい。

DSC_4260

ブラジル名:シャレ、日本語での呼び名オオアジ。日本にはいないアジの仲間。身が固く刺身にするとおいしい

 

 

1月

■魚介類

   
DSC01818

サンパウロ近海でとれるヤリイカは今が旬。今食べないともったいない!
新鮮なモノを是非刺身で! 新鮮なヤリイカは赤みががっておらず、白っぽい。手に持ってもぐんにゃりしない。刺身にする場合は皮をはいだ後、水をよくとること。1/10

DSC01890

これからサバの水揚げが増える。20センチほどで日本のサバほど大きなサバはめったにみない。脂ののりもイマイチであるが、イワシについで安価な魚である

 

 

 

 

studio crystal