ブラジル一口情報2020年3月

3月

■4月29

  • 救急病床の欠如、患者選択(サンパウロ)
    ―リオ、エスピリトサントス、パラー等の州では70%以上
  • サンパウロ州会議の議員、給与削減30%、約79億円の寄付約束
    ―普段散々取っているので、こういうときには国民を援助しないと
  • 政府、高年齢者のテストを急いで行うことを約束
  • 救急病棟に入院を待機者369人(リオ)
  • 政府、路上生活者救済に約2億ドル
  • ―約29万人の人々を救済(全体の半分)
  • 今年、救急呼吸器疾患患者500%増加
  • 貧困が原因で、武漢肺炎と戦えず(マラニョン)

 

■4月28

  • STF(最高裁判所)、連邦警察長官に任命を棄却
  • 連邦警察長官に任命されたアレクサンドルラマージュ、自分を大統領の「しもべ」と呼ぶ..
    ―ボルソナーロの息子の友人? らしい
  • 死者5466人、致死率7%。1日に記録された死者数最大499人、感染者数78162人
  • 中国から15000台の呼吸器輸入契約を止め、国内生産か?
    ―中国製なんかつかって大丈夫か?
  • 保健省大臣、武漢肺炎のピーク「私は知らないし、誰も知らない」
    ―ほとんど匙を投げている? ような言い方にとれる
  • 国連、「何百万人もの人を武漢肺炎の危険にさらしている」
  • 「母の日」の閉鎖、商店にとって痛手
  • 遺体が、家から取り除かれる(マナウス)
  • イバネ知事、商業施設の再開を延期(ブラジリア)
  • ロックダウンを検討(リオ)
  • ベッドの占有率、大都市圏で85%、州68%(サンパウロ

 

■4月27

  • 死者5017人 中国抜く
  • ダッタ・フォーリャ(調査会社)、45%が弾劾支持、48%が拒否
  • ブラジル、死者で中国追い越す。ボルソナーロ「だから、何?」
  • 武漢肺炎で、医療崩壊、葬式崩壊(ベレン・パラー)
  • これ以上土葬をせず、火葬に(マナウス・アマゾナス)
  • 空路による外国人入国制限を更新
  • 死者数、記録を上回る。224人12%増し。救急病棟の81%が埋まる(サンパウロ

 

■4月26

  • 「ブラジルの経済を決めるのはゲデス大統領ただひとり」とボルソナーロ
    ―ゲデス大臣が辞任すると噂を否定
  • ボルソナーロとモーロの論争は今週の議会と最高司法裁判所に
  • 検査システムの欠陥と相違により、実際の感染者数把握できず
  • 62人の死者、1586人感染(ミナス)
  • 死者4205人、感染者61888人
  • 30億ドルを農業ビジネスに援助
  • MPF(連邦検察庁)、陸軍へのボルソナーロ干渉を指摘
  • 自宅待機率78%(リオ)
  • ホルヘ・オリベイラが法務大臣に任命される

■4月25

  • ボルソナーロは武漢肺炎の深刻さを否定しつづける、フランスの新聞
  • マナウス、通常の死者の3倍。墓堀に掘削機(アマゾナス)
  • モーロ法務大臣辞任
  • 検察官、ボルソナーロの起訴を擁護
  • ボルソナーロ弾劾要求、下院に提出される
  • 共和国司法長官アウグスト、連邦警察への、大統領の政治的干渉をSTFに依頼調査
  • トラックから1トンの大麻が見つかる
  • 生物兵器を専門とする海兵隊、空港の消毒に協力(リオ)
  • ボルソナーロ、50分の声明。自分を犠牲者に見せる発言
    ―この時期に政権のゴタゴタ。ブラジルはどうなる

 

■4月24

  • 郊外の病院は満杯(サンパウロ)
  • 武漢肺炎の死者最高を記録、1日407人。感染者も3735人。これまで最多
  • ボルソナーロ、クロロキンを押すも、健康省、推奨せず
  • 緊急援助金援助、3320万人に支給
  • ドル為替、1ドル5.52最高値、クローズに。
  • 死者4500人を超える。田舎では3分に1人なくなる

■4月23

  • 死者増加に備えて遺体を冷凍トラックを準備
  • 食品消費量30%減(サンパウロ)
  • ドル為替上昇、1ドル5.4レアル
  • 死亡者数2906人、感染者43079人致死率6.4%
  • ニュヨーク州知事、ブラジルの対応を批判
  • 7州の知事、商業活動の緩和
  • 患者、ゴミ袋で酸素吸入(アマゾナス

 

■4月22

  • サンパウロ、マナウス、医療過密状態
  • アマゾナス州の感染者数2270人、死者、致死率8.5%。全国で4,5番トップクラス
  • 外出禁止令、営業施設閉鎖令 5月8日までの予定(サンパウロ)
  • 保健省4620万のテストを約束も、渡された検査キットは250万だけ。
  • 感染者43079人、死者2741人。致死率6.4%
  • メガセナ、持越し賞金約6億円

■4月19

  • ブラジル人の過半数、検疫違反の罰に賛成
    ―79%が賛成、電話での聞き取り調査で
  • ボルソナーロの支持者、隔離終了を求める声明を受け車で周回
  • 医療崩壊に近づく。政府は否定(リオ)
  • 死者数2347人、24時間で211人増加、感染者数36599人、致死率6.4%
  • 少年約270人、社会教育センター(少年刑務所のようなもの)で暴動(リオ)
  • コロナウイルス感染・死亡者マップ、最も多いのは市中心から外れるた地域
    ―低所得者層が多いということか??

■4月18

  • 武漢肺炎、幹線で地方へ
  • 成人の半数未満が武漢肺炎予防対策
    ―群衆、挨拶、抱擁を避ける、女性92.9男性88.8%
  • ボルソナーロの支持36%、不支持33% で安定
  • 64%が保険省大臣を解任すべきではなかった。25%がしてよかった、(ロイター)
  • テストが欠如、新保健省大臣
    ―テストをしても解析する場所がおいつかない?
  • ボルソナーロ政権下、地方での紛争最悪
    ―2019年1日に5つ発生、アマゾンが半分以上、インヂオの酋長殺害過去11年で最高。2019年1833件の紛争、過去5年最高
  • 今週、過去最悪の死亡者、感染者(サンパウロ)
    ―犠牲者の79.6%が60歳以上
  • 医療崩壊間際、セアラーの緊急病床は待機
  • 弁護士面会により感染、刑務所の囚人犠牲者はリオ
  • 2000人以上が死亡、給料の削減、検疫合意(サンパウロ)
  • 死者2000人を突破、感染者33682人、死亡者2141人
  • ボルソナーロの対応、36%が良い、23%普通、38%悪い

 

■4月17

  • 新保健省大臣就任
  • ―ボルソナーロと同じ経済重視
  • 24時間で188人の死者、2015人の新感染者
  • 遠隔医療にボルソナーロ署名
  • 囚人、援助金600レアル、受けられず
  • 27州都のうち10は、感染率が高い、または、非常に高い

 

■4月16

  • 州政府、人口呼吸器購入の過剰申請を審査
    ーこんなときでも、多くのコソ泥がいる。寄付など要注意
  • 商業施設再開のデモ(ミナス)
  • 武漢肺炎の爆発的拡散により多くの国がブラジルへのフライトをやめる

 

■4月15

  • ワシントンポスト、武漢肺炎下でボルソナーロは最悪のリーダー
  • ブラジル、武漢肺炎から14026人の治癒、と保健省大臣
  • 24時間で武漢肺炎204人死亡を記録、致死率5・6%、死者1562人感染者25263人
  • STF(最高裁判所)、パンデミック時の流通制限の自治権を保証。これに対しボルソナーロは「ブラジルを再開するのは、知事であり、市長」と皮肉る
  • 副PGR(検察庁特捜局)、中国批判を差別として教育省大臣を偏見の犯罪で調査
    ―中国から贈賄?
  • 緊急援助、590万人に支払われる
  • 武漢肺炎流行で10日間、選手の休暇を延長。5月上旬まで選手はもどらず
  • メガセナ、繰り越しで賞金約4億円
  • ファベーラ(貧民街)のパライゾポリスとヘリオポリスの市立学校を、野外病院として使うことを検討
    ―イビラプエラ公園にも建設
  • 武漢肺炎で、ローガー(わいせつ罪で173年刑の元医者)刑務所から自宅軟禁へ
    ―家があるのか??

 

■4月14 

  • ラテンアメリカ、GDP5.2%低下の予想。ブラジル5.3%縮小
  • 600レアルの援助、今日から80
  • 致死率5.7%に。死者1328人、感染者23430人。サンパウロ最多の8895人死者608人
  • 刑務所で武漢肺炎の感染を確認
  • シンガーソングライターのモラエスモレイラが死去72歳
  • 武漢肺炎の蔓延により、74,6%が貧困の増加、治安の悪化70,6%、不況が66,1% を心配。回答はオンライン、62.1%が月の収入7900レアルを超える41歳~60歳の男性。外出禁
  • 止令に62.5%が同意。反対は1.2%
  • フナイ(国立インヂオ保護財団)、インディオ保護のため約30億円受け取るも、まだ全く使わず
  • 知事、外出禁止令・営業施設閉鎖を30日まで延長(リオ)

■4月13

  • 復活祭、死亡者増加。感染者22679人7%増加、死者1223人9%増加
  • ブラジルの大司教、コルコバードの足元でミサ(リオ)
  • 復活祭の声明で、「武漢肺炎は収束に向かっている」とボルソナーロ
  • 保健省、1日5万テストを実施を希望
    ー検査器は? 技術者は? 精度は低そう
  • ブラジル科学協会、クロロキンとヒドロキシクロロキンの無差別使用を非難
  • 世界銀、ブラジルのGDP5%下落を予測
  • イタウ、対武漢肺炎に10憶レアルの寄付を発表
  • 失業率倍増の可能性
  • 武漢肺炎による救急患者2260%増加
  • 保健省大臣マンジェッタ、「ブラジル人は、私か大統領のどちらに耳を傾けるかわからない」
  • 州政府によると、自宅待機率は55%(サンパウロ)
  • 武漢肺炎検査キット15000個を盗んだ容疑者を逮捕(サンパウロ

 

■4月11

  • 自宅待機47%、理想は70%(リオ)
  • ボルソナーロ、ツイッターの自宅待機を非難する動画を共有
  • 外出禁止令違反の罰金・留置について、専門家の意見、賛否両論
  • クロロキナ(マラリヤの薬)、軽度の患者でテスト
  • 死亡者10056人、予想を上回る。過去24時間に115人死亡
    ー最初の死亡者からわずか25日
  • サンパウロ市民の半分、自宅待機に賛成
  • 中国から100万個の簡易テストキットを受け取る
    ー欧州では信頼性にかけることから中国につきかしているが・・・。それが回ってきてる???

■4月10

  • ボルソナーロ、ヒドロキシクロロキン(対マラリア薬)の使用を擁護
  • パンデミック初の連休、気のゆるみを警戒
  • 保健省、サンパウロ、リオデジャネイロ、フォルタレーザ、マナウス、ブラジリア、感染率の高い5都市の検疫のゆるみを警告
  • サンパウロの自宅待機率49%に。ドリア知事、罰金、逮捕も辞さず
  • 感染17857人。24時間で12%増し、死亡者24時間で141人死亡増加
  • 郊外都市で商業施設閉鎖令を破った施設に約130万円の罰金(サンパウロ)
    ー閉鎖に対して市はなんの補填もなしで罰金とは

■4月9

  • 病院の誤りで間違った死体を埋める(サンパウロ)
    ーこれだけたくさんの死体がでれば間違いこともありえる
  • ファヴェーラ(貧民街)の住人、生き残るために寄付に依存(リオ)
  • 死者800人、1日で過去最高133人が死亡、感染者15917人
  • 600レアルの緊急援助支払いを開始
  • 政府、低所得者の電気代払う
  • ファベーラ、水不足などで防疫困難。(サンパウロ)
  • 現存する人工呼吸器、必要とする数の30%未満(リオ)
  • 武漢肺炎でバス運転手死亡。リスク露呈
  • ドリア知事、パスコア休日に旅行しないことを呼びかける
  • 休校で給食がないため子供の多い貧困家庭、窮する

■4月8

  • ボルソナーロとマンヂッタ保健省大臣に武漢肺炎対策で不協和音
  • 感染者13717人、41日で1661人増加667人死亡 すべての州で感染者
  • MEI(個人の小規模起業家)、ボルサファミリアの受益者、非公式労働者
  • 元エクアドル大統領汚職で8年の禁固刑
  • 銀行、公共機関、混雑(リオ)
  • 約75%の4ブラジル人が自宅待機に協力

■4月7

  • 誕生日パーティで、ウイルス拡散3人死亡(サンパウロ)
  • 75%の人が拡散を抑えるためには隔離するべき。28%の人が自宅隔離していない。
    ー38%非常に恐れている。39%少し恐れている。23%全く恐れていない
  • マンデッタ保健相、ほとんど地位を失った後に、隔離を強化にサイン
  • 教育大臣による中国の批判に、マスク、人口呼吸器の中国製品制限の可能性
    ー汚い。武漢肺炎後、世界から嫌われそう

■4月6

  • 市長、「商業施設再開するのは難しい」(リオ)
  • ボルソナーロ大統領とマンデッタ保険大臣論争、意見不一致
  • ブラジル人の76%が隔離を支持
  • ドリア知事、外出禁止令をさらに15日間延長か?
  • 死亡者486人、感染者11000人
    ー土~日、852人、54人死亡12.5%増し

■4月4

 

  • F1の元CEOエクレストン氏、7月に89歳で再び父親に
  • 全国766000囚人の武漢肺炎拡散を防ぐために自宅軟禁許可、訪問制限など、あの手この手
  • セクハラで収監中のジョン・デ・デウス(77)、刑務所で殴打される
    ーレイプで逮捕された罪人はいじめられるらしい。
  • ブラジルには武漢肺炎感染者を収容する設備と医師が不足、と保健省
  • 死者359、感染者9056
  • 武漢肺炎援助に関する偽画像が出回る

 

■4月3

  • ボルソナーロ大統領、マンデッタ保健相を批判
  • 319人死亡、7910人感染、死亡率3.8%
  • サンパウロのヴィラフォモーザ墓地、死者が60人に倍増
  • 来週からドライブスルーで大量テスト(リオ)
  • グーグル、人々の動きを監視
  • ボランティア団体、水、食料など、貧民街の人々に寄付
  • 12万人の住むパライゾポリス(貧民街)、政府の援助を待たずに、医者と契約
    ー素晴らしい!! リーダーの素早い決断。まだ34歳らしい

■4月2

  • ファベーラ(貧民街)の高齢者をホテルに移すプロジェクトを行うも、大多数は抵抗。(リオ)
  • 武漢肺炎の拡散は医療機関を圧迫。
  • ボルソナーロ、非正規雇用者に600レアイスの援助にサイン
  • 死亡者240人、感染者6836人。死亡率3.5%。来週大幅に増えそう
  • 6州で武漢肺炎の報告なしに遺体埋葬。390人の死亡が疑われる
  • ランジェリー工場、マスクを制作工場になる
  • ブラジルの流行ピークは4月25日~30日、と感染学者
  • グアラジャラ族の酋長射殺される。全国で2人目(マラニョン)

■4月1

  • ボルソナーロ、武漢肺炎についての発言トーン落ちる
    ーあくまで強気を押し通してもらいたかった
  • 感染者なんと5717人、死者201人、1時間に一人死亡
  • ボルソナーロの声明に、全国でパネラソン(鍋を叩いての抗議)の嵐
  • 1日に42人死亡
    ー死亡者の多さにボルソナーロもくじけた?
  • 軍62人感染
  • パーティ後、家族全員が感染(セアラ)
  • グアリューロス空港、飛行便不足でターミナル閉鎖(サンパウロ)
  • クーニャ、・ジョン・デ・デウスなど、収監中の罪人が武漢肺炎で開放
    ー自宅軟禁らしいが・・・

■3月29

  • ボルソナーロ、一部の知事によって行われた隔離措置に批判的
    ーブラジルのような後進国では経済活動は重要、サンパウロは30日から大分商業施設が開き始めた
  • 武漢肺炎、死者136人に
  • バイア初の死者、クロキナ使用

■3月28

  • 「あらゆる病気の最大の治療法は仕事」とボルソナーロ
    ーその通りだと思う。
  • ブラジルへの外国人の入国は禁止
  • ウルグアイ、大統領、大臣など国会議員の給料20%カットするべきだと発表
    ー見出しだけ読むと決まったことのように思うがよく読むとまだ決まっていない
  • プロパンガス不足? を恐れ販売店に行列。(サンパウロ)
  • 2時間20分ごとに武漢肺炎で一人死亡(サンパウロ)
    ーブラジルのメディアはこういう表現好き!
  • 武漢肺炎簡易テストは間違う可能性大

■3月27

  • 武漢肺炎危機で、重病患者の検査や手術が大量キャンセル
  • ドリア知事、死の脅迫受ける(サンパウロ)
    ー日本と違い実際に殺される可能性が高い
  • バー・レストランなど600万人が失業、推定
  • 1ドル=5レアル未満で終了、ここ2週間で最小
  • ボルソナーロ、同盟国と異なるスタンスをとる
    ーエコノミストは批判
  • 感染者2915人、死者77人に
    ーサンパウロ1052人、リオ421人
  • エドアルド・クーニャ(下院元議長、汚職贈賄等の罪で収監)、武漢肺炎拡散により自宅軟禁。
    ー金があれば弁護士を使ってこういう請求ができる
  • パカエンブー球場、初の野外病院に予定。202床(サンパウロ)
  • 武漢肺炎感染者の大半、若い男性(ミナス)
  • マットグロッソ、ロンドニア、サンタカタリーナ州知事、制限されていた商業・公共交通機関を許可
    ーブラジルのような国では制限すると飢える人が続出。結局同じ事なのでしない方がましと思う。
  • 政府「ブラジルを止められない」(経済活動を止めない)キャンペーンを開始
    ーこの政策に賛同する。ブラジルは欧米とことなり、経済が止まるとたちまち立ちゆかなくなると思う。多くの知事は反対しているようであるが・・・・

■3月26

 

  • ボルサファミリア(低所得者向けの支援金制度)に約750億円を政府発表
  • 政府、250万円以上受け取る公務の給料削減し、低所得者層に配布を計画
  • 武漢肺炎関連の逮捕32件。効果があると偽り、麻薬を混ぜた消毒薬を売るなど(サンパウロ)
  • 感染者2433 死者59人
  • 22州で州境を封鎖
  • 封鎖で経済的影響の恐れ
  • 路上生活者、パンデミックで飢餓を恐れる
  • レストランなどの宅配、74%増加(サンパウロ)

 

■3月25

  • 武漢肺炎で閉鎖で、ペルーから帰国できなくなった人を救助
  • 市内バス運行50%に(サンパウロ)
    ー時間によっては混む場合も
  • タクシー、ウーバー、武漢肺炎防止で冷房つけず(サンパウロ)
  • 感染者2200 死亡49人
  • 1ドル=5.08レアル
  • 電気代、滞納も、90日間切断しないことを決定(サンパウロ)
  • ボルソナーロ、合併症の高齢者にのみ検疫すると述べる
  • 「リスクは60歳以上のグループ」ボルソナーロ発言に反論の抗議の嵐
  • アマゾナス州で初の死亡者
  • 厚生省、2290万人のテストを約束

■3月24

  • 連邦宝くじ、3か月間停止
    ー毎回楽しみに買っている老人が多いのに残念。列に並ぶだけでも感染の可能性が高い。。。。。
  • 息子(議員)が摩擦を起こした後、ボルソナーロ、習近平と話す
  • ボルソナーロ、最大4か月の雇用契約を停止できる決定を撤回
  • 600人以上のブラジル人、ペルーから帰れず。
  • メトロ、CPTM(近郊列車)、緊急時対応計画作成
  • 疑感染者、先住民に2人見つかる(アマゾニア

■3月23

  • 病院から外科用5000枚のマスク盗まれる(ミナス)
  • 武漢肺炎で、高齢者の、1か月間外出制限(リオグランデドスル)
  • 23日から抗風邪注射開始
  • 武漢肺炎でボエルソナーロ最低の評価とダッタフォーリャ(調査機関)(サンパウロ)
  • 市長の参謀長、4歳の息子の誕生日を開き、逮捕され罰金(ミナス)
  • GOLとLATAM航空、医療従事者に無料航空券を提供
  • 路上生活者の感染疑いの緊急シェルターを設置(サンパウロ)
  • 商業施設を閉鎖、決定(リオ)
  • ウルグアイとの国境閉鎖

■3月21  

  • 先週ホテル稼働率平均10%(サンパウロ)
  • 武漢肺炎、ボルソナーロ大統領と各州知事間を悪化させる
  • イベント会場、公園等を閉鎖(サンパウロ)
  • 金曜夜、軍警察、バー、レストランなど盛り場を巡回し、自宅待機を求める(ミナス)
  • 路上生活者の食物供給していたボランティアも姿消す
    ーブラジルの4分の1は貧困層。バタバタ死んでいきそう
  • 医療専門家、武漢肺炎重症者の増加で医療崩壊

■3月20  

  • 感染者621人、死亡者6人
  • リン国8か国からの陸路入国禁止
  • 英国、中国、日本、韓国、マレーシア等の国からの飛行機制限

■3月19  

  • 州政府、商業施設(食品・医療品関連を除く)の閉鎖命令発表(サンパウロ)
    ー4人死亡が確認され
  • フェイラデサンターナ(バイア州の田舎)で発症者、集中治療ベッド数が40しかなく拡散恐れる(バイア)
  • ニテロイで武漢肺炎よる死者(リオ)
  • 病院、武漢肺炎患者のために、緊急を要しない手術はキャンセル(サンパウロ)
  • 全国21の都市でパネラソン(鍋を叩いての反ボルソナーロ抗議)
  • ぺトブラス(石油公社)、ガソリン代12%、家庭用ガス代5%、ディーゼル7.5%の値下げ
  • パラグアイ、ブラジル国境の「友情の橋」を閉鎖
  • サッカー:リベルタドーレス杯、アメリカ杯を5月5日まで延期
  • ファベーラ(貧民街)でパンデミックになる、とパライゾポリス(サンパウロ最大のファベーラ)のリーダー
  • 50人のブラジル人を乗せたノルウエーのクルーズ船、2港で寄港拒否されルート変更
  • ブラジル、ベネズエラとの国境封鎖

■3月18

  • モエマ区の肉屋、強盗未遂の犯人3人死亡(サンパウロ)
  • 火災のポルトガル語博物館、6月から再開
  • 株式市場、経済的支援に関わらず下がり続ける(サンパウロ)
  • 武漢肺炎の感染者、今後10日間に、5000人に達する予測
    ー実査になったら物凄い広がり。低所得者層は、栄養がたりないし、どんどん感染していく
  • 低所得者層を船に隔離、治療
    ー本当ならよい方法
  • 武漢肺炎の感染確認の試験、増加を試みる
    ー確認して治療もできないのにどうするのだろうか?
  • 2022年サッカーワールドカップ南米予選延期
  • 契約雇用を結んでいない約半数のブラジル人、大打撃
    ー700万人以上の女性が家事労働者

■3月15

  • 感染者121人から200人に増加、サンパウロ136人。疑感染者1913人。
  • カリオカ(リオっこ)、禁止されているにも関わらず海水浴へ(リオ)
    ―やはりね。カーニバルと同じように自分はかからないと思っている人が多い。
  • ボルソナリスタ(ボルソナーロ支持者)、武漢肺炎おそれず、アベニーダ・パウリスタで集会(サンパウロ)
  • アルゼンチン、国境閉鎖
  • ボルソナーロ、握手など、272以上の人々と接触
    ―人気取りでなく、一国の大統領として、気を付けるべき。
  • 教会、屋外ミサや信者同士の抱擁、パンフレットの配布取りやめなど、さまざまな抗武漢肺炎を行う
  • 59匹の犬が中毒死(ミナス)
    ―サンパウロ近郊でも肉にガラスや毒を混ぜて殺された犬が多数でたらしい

■3月14

  • 日本は武漢肺炎の進行を遅らせた
    ―今や肺炎を流行らせた日本から遅らせた日本
  • ボルソナーロの武漢肺炎の検査結果、陰性で株価指数8%上昇
  • 守護聖人120周年を祝うカソリック教の行事で、教会は武漢肺炎から信者を守る計画を準備(ミナス)
  • ブラジル、ロライマ州とベネズエラと国境を閉鎖を考察中
  • サンパウロ州で46万人が感染すると予測されている武漢肺炎、対策を強化
    ―現在確認された感染者98にん
  • レシフェの着岸中の客船、3人の感染者
  • 武漢肺炎を防ぐために、海水浴の禁止を検討(リオ)
    -決定してもカリオカ(リオっこ)が受け入れるのか疑問
  • 月曜から休校(サンパウロ)
  • FUNAI(国立インディオ保護財団)、武漢肺炎感染を恐れて、インディオのデモを止めさせるために軍の出動を要請

■3月13

  • SUS(統一医療保険システム)、国の集中治療室のベッドの44%しかない
    ―これでは武漢肺炎どころではない
  • アルゼンチン・ペルー、武漢肺炎蔓延の国からのフライト一時停止
  • 州政府、武漢肺炎緊急事態宣言(ミナス)
  • ボルソナーロ、武漢肺炎の検査結果を待つ
  • 武漢肺炎感染者77人に、今日(13日)は130人超か?
  • 武漢肺炎で59万人の学生が授業を受けれず
  • 1ドル=5レアル越え。1998年以来

 

■3月12

  • 感染者69人に
  • BPC(継続給付金)、261レアルから522レアルに
  • サンパウロ証券取引場の主要指数、7.6%下落
  • 森林破壊、アマゾンをサバンナの草原に変える可能性
  • PUC(大学)、感染者2人
  • DFの知事、コロナビールスで学校を休校に
    ―コロナビールスの本格的に拡散されはじめた

 

■3月11

  • ドル為替少し落ち、1.77%減1$=4.64レアル
  • 感染者34人に
  • ロナウジーニョ、パラグアイでさらに6か月拘留の可能性
    ―ロナウドなどより人が良さそうでずっと好きな選手だっただけに残念
  • 13歳の少年を強姦したドライバー(ウーバーのようなものか?)逮捕
    ―ブラジルは男だからと言って安心できない

 

■3月10

  • 精肉工場の従業員、挽肉機械に巻き込まれ死亡(ミナス)
    南伯で初めての感染者(リオグランデドスル)
    USP、南アメリカで2番目に良い大学(サンパウロ)
    ー1位メキシコ国立自治大学

 

■3月8

  • 中絶の許可を求め、ストライキ(アルゼンチン)
  • ブラジルとアメリカが防衛協定結ぶ
  • 武漢肺炎感染者、22人、疑感染663人
    ―驚くほどの急増
  • モーターボートが爆発、12人が重軽傷(ミナス)
  • 警官、バイレファンク(路上ディスコのようなモノ)で誘拐され射殺される(サンパウロ)

 

■3月7

  • 警察、エアバスの機体の中で50キロコカイン発見(リオ)
    ―飛行機の保守点検で発見
  • ボルソナーロ、4回目のアメリカ。トランプと軍事と商業について話す
  • リオで2人目の感染者、イタリア帰りの52歳女性

■3月6

  • コロナヴィールス感染者8人に、疑感染者636人、サンパウロ182人に
    ―急増。カーニバル後寒くなったし、病院に行く人が増えたのでは?
  • ドル、4.65超える
  • ブラジル、カラカスから大使館員を撤退
  • ロナウジーニョ、パラグアイで逮捕されず
  • エスコーラサンバUnião da Ilha do Governador,の副代表、射殺される
  • 医薬品の欠如リスクなし、とANVISA(国家衛生監督庁)
    ―ブラジルの医薬品のほとんどは、中国、インドからの輸入品らしい。実験代にされそう!

 

■3月4

  • ロナウジーニョと兄(元日本J2)、偽パラグアイ・パスポート所持でアスンシオンで逮捕
  • 感染者3人目、疑感染者531人
  • ボルソナーロ家の政敵を中傷するサイト「Bolsofeios」
  • エドアルド・ボルソナーロ(大統領の息子議員)PSL党(大統領が元所属した党)のりーダーからハズされる
  • 元市内バスの社長殺害される(サンパウロ)
  • ブラジル、コロナヴィールス監視対象国を27に増やす

 

■3月3

  • サントス(沿岸部の町)、豪雨で死亡者19人に(サンパウロ)
  • ブラジルでも、ペットに関するコロナウイルスの記事がで
    ―心配はないらしい
  • 疑感染者、24時間で1500%増し
    ―カーニバル後には寒くなってきたし、もっと増えそう。

■3月2 

  • サントスで大雨、10人死亡(サンパウロ)
  • ジーコ67歳
  • ―太り、誰かわからないほどの変わりよう
  • コロナウイルスが治る、とオカルト宗教調査(リオグランデどスール)
    ―コロナとともにオカルト宗教が広まりそう
  • WHOによると、ブラジルには、コロナヴィールスと戦う強力な医療システムがある
    ―しらじらしい。が、多くのブラジル人はWHOの現状をしらない
  • ミラノへのフライトを一時停止

■3月1

  • 15号背線モノレール、タイヤ破損で休運(サンパウロ)
  • エクアドル、コロナヴィールス感染者5人(エクアドル)
    ―南米にもヴィールスが拡がり始めた
  • ウルグアイの新大統領、ルイス・ラカレ・ポウ(ウルグアイ)
  • 2人目の感染者
  • 集中豪雨で4人死亡(リオ)
  • 252人の疑感染者、136人がサンパウロ
    ―急に増加。今後が心配

 

studio crystal