ブラジル一言速報2017-2

>>2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 12月
.>>2017:1月 2月 3月

■2月28日 

  • カーニバル中に(3日間)交通事故で19人死亡(ゴイアニア)
  • サプカイ(カーニバル会場)で山車が崩れ、9人怪我(リオ)
  • 今年のカーニバル音楽に6曲選出。ダニエル・メルクリの曲など(サルバドール・バイア)
  • フェスタ・デ・ラマ、泥を塗ってのカーニバル2万人参加(パラー)
  • ヴィラ・マンダレーナ区、今年も満杯の人。参加者3年前の2倍
  • トランプ大統領がボネッコ・ギガンチ(巨大人形)に登場。全部で80体
  • (レシフェ・ペルナンブッコ)
  • 外国人旅行者、GPSで誤ってファベーラに迷い込み撃たれる

■2月27日 

  • 強盗のが多く銀行も郵便局も閉鎖された町(パライーバ)
  • ボラ漁、今年は少なく。(サンタカタリーナ)
    ーブラジル人はボラ好き。
  • カーニバル・デ・ベスチーニョ、男性が女装して参加するカーニバル。7万人参加(ゴイアニア)
  • カーニバル半ばで12が交通事故で死亡(パラナ)
  • 今年75ブロッコ(カーニバルチーム)が増加。全国でも増加。(サンパウロ)
  • コパカバーナのルア・ダ・カーニバル(路上カーニバル)に10万人集まる(リオ)
  • 有名ブロッコ、フィーリョ・デ・ガンジー(サンバチーム)68年(サルバドール・バイア)
  • 南米各地で日食観察(リオ)
  • サンボドロモで山車の操作誤り20人怪我(リオ)

■2月25日 

  • 100年干害で約50万人死亡。最近5年雨降らず(セアラー)
    ―枯れた木を薪として売って生計立てる生活
  • 偽の警察手帳などを使って誘拐。逮捕
  • ゴイアニアの囚人、パラナに移送
  • 市内東部、大雨で道路が冠水。路上の車が流されるほど(サンパウロ)
  • クンビッカ国際空港、半分の飛行機がキャンセル(サンパウロ)

■2月24日 

  • サイトで買った携帯、コピー製品や盗難製品(ブラジリア)
  • カーナバル用品販売、去年の15%増し(リオ)
  • ポルトアエーリャ、50000観光客(リオ)
  • 8000発の銃弾、銃5丁、輸送中の車摘発。輸送報酬約7万円
  • 毒蛇研究所ブタンタン、10年間何も成果があげられず、批判の的に(サンパウロ)
  • リベルダージで、大学周辺でパンカドン(路上ディスコのようなもの)(サンパウロ)
  • カラコランジャ(麻薬吸引者が集まる区域)一斉捜査(サンパウロ)
  • ジョゼ・セーラ外務大臣、健康がおもわし鳴く辞退

■2月23日 

  • 北部で蜂が警察署を襲う(サンパウロ)
  • 100万人の観光客が訪れるみこみ(リオ)
  • 3月末からアナログからデジタル波に。ブラジリアに次2番目(サンパウロ)
  • カーニバルだからと言って、抱きついたり、キスしたりするのはダメ。80%の女性がストレス。
    ー最近、男同士でキスをするのをよく見かけるのは、これも一因か??
  • ラバージャット(汚職贈賄捜査)で15人捜査(リオ)
  • ベロオリゾンテ行の飛行機から火。空港2時間閉鎖(サンパウロ)
  • 22日からカーニバル始まる.サンパウロでは明日から(サルバドール・バイア)
  • 市内各地で倒木。雹がふるところも(サンパウロ)

 ■2月22日 

  • 前州知事、マネーローダリングなど続々、148犯罪発覚(リオ)
  • パラグアイからの密輸電気家電満載したトラック押収(サンパウロ)
  • 世界ランク5位の錦織圭(日清食品)、同76位のトマス・ベルッシ(ブラジル)に初戦敗退(サンパウロ)
  • 早朝商店の規則、市との交渉要求道路封鎖デモ(サンパウロ)
  • 本人許可なしの写真・ビデオ投稿罰金・実刑
  • 1月交通事故前年26%減る(サンパウロ)
  • 約8%電気代3月から上昇(リオ)
  • 7700万コンドームが
  • 去年だけで300バルーン(サンパウロ)
    ―バルーンあげは火災、飛行機事故の危険があり罰金、実刑。何故それほどまであげたくなるのか??
  • 軍9000人がカーニバルを警備(リオ)
  • 現金輸送車コンボイが襲撃される。失敗し犯人逃亡(カンピーナス・サンパウロ)

 ■2月21日 

  • 流れ弾で住民一人死亡、警官被弾(リオ)
  • 黄熱病、64都市で蚊消毒(ミナス)
  • 市、監視カメラなどを使って落書き厳しく規制。ペンキ販売店も(サンパウロ)
  • 遅延給料支払い要求大規模デモ(リオ)
  • 水代上昇、8%。インフレ以上(ペルナンブッコ・レシフェ)
  • 動物園が放置され、荒れ放題(ゴイアニア)
    ―ウルブー(ハゲワシ)が動物死ぬのを待つ状態。それでも開園しているのが不思議。
  • サッカー場にバナナ投げられる

■2月19日 

  • 禁止されているバルーン飛ばしが相次ぐ(サンパウロ)
    ー危険だし刑も罰金も重いのに、何故飛ばすのか? 気持ちが理化できない
  • カーニバルに瓶持ち込み禁止(サンパウロ)
    ー瓶片手に皆踊っているが・・・。注意している警官もみたことない
  • プレカーニバルで大喧嘩。車破壊される(サンタカタリーナ)
  • 夏時間終わり、冬時間に(日本と12時間差)
  • 37°の中、各地でプレカーニバル。土曜日だけで70万人参加。予想の3倍(サンパウロ)
  • プレカーニバル後、ドリア市長が掃除(サンパウロ)
  • 4人強盗がバリケードを作って強盗。強盗は警官に撃たれ死亡(サンパウロ)
  • 全国各地でプレカーニバル、賑わう
  • アンシェッタ街道でハストン、バス燃やされる(サンパウロ)
  • コリチバの応援団、試合前に混乱。15歳警官に撃たれ死亡(パラナ)
  • 市役所のATM爆破し現金強奪される(リオ)

■2月18日 

  • サンタテレーザ、はやカーニバル一色(リオ)
  • 食料品を満載したトラックが転倒。周囲の住民が持ち帰り⒛分で荷が消える(ゴイアニア)
    ー昔は罪にならなかったらしいが今は?
  • サンボドロモ(カーニバル会場)に山車の運び込み(サンパウロ)
  • カーニバル用楽器店では70%売り上げがおちたところ(サンパウロ)
  • 黄熱病予防注射後は1か月献血できず。献血30%減る。
  • 黄熱病で9人死亡(サンパウロ)
  • カーニバルの参加費等、15%値上がりでカードで分割払い(サルバドール・バイア)
    ―借金までしてカーニバルには行く気にならない。しみったれた考え方?
  • 地元種の10種魚をオルガニック養殖
  • 各病室のTV、冷房使用代請求を裁判所が禁ずる(ゴイアニア)
  • 警備でききない、70%のカーニバルがキャンセル(エスピリトサント)
  • 元大統領再び汚職増和?証明書不足で捜査

■2月17日 

  • 大学に強盗。レセプション、生徒などから形態等を奪う
    ーもう、どこでも強盗
  • パンカドン(路上ディスコのようなもの)、騒音、麻薬、治安悪化など大きな問題に(サンパウロ)
  • どこの刑務所も超過密。州政府はお金が無く改善不可能
  • 400キロの麻薬積んだ飛行機摘発(ミナス)
  • 週末180ブロッコが町をパレード予定(サンパウロ)
  • 未成年含む二人組、連続電撃誘拐(サンパウロ)
  • 16~21歳のギャングが商店、警察署など襲う(エスピリトサントス)
  • 全国200万の固定電話が解約される
  • 大学生、全国で約800万人。6%減

■2月16日 

  • 2年100台トラック盗んだ強盗団、捕まる
  • 黄熱病で、各地で猿が死亡
  • ベレン、ブラジリアで汚職捜査
    ーブラジルでクリーンな政治家などいるのだろうか? 世界中探してもいないかも
  • バールで偽ビール販売、罰金、8年の刑(サンパウロ)
  • 学生乗車バスと買い出しバスが衝突。2運転手死亡。8人重軽傷
  • バイク泥棒、海兵隊の停止命令きかずバリケード破ろうとし1人被弾。一人逃亡(リオ)
  • ドル下落
    ―最近のドルの動きは読めない
  • MTST(屋根なし住人の団体)がパウリスタ大通りでデモ、主催者発表3万人(サンパウロ)
  • 15~24歳、文字を読み書きできない人が11万5000人
  • カーニバルの参加費など15%値上がり(サルバドール・バイア)
  • フォルサ・ナショナル(治安部隊のようなもの)、カーニバル後まで配備(リオ)

■2月15日 

  • 黄熱病の予防注射する人急増、現在72人が国内で死亡。サンパウロでは1日500人が注射
  • ヴィトリアでバスが燃やされる(ヴィトリア・エスピリトサント)
    ー決まって何故バスが燃やされるのか? 目を引くかもしれないが人々に憎まれるだけなのに
  • パラナ州立大学、奨学金などで捜査(クリチバ・パラナ)
  • 北部の墓地、荒れに荒れ、お墓参りもできないほど(サンパウロ)
  • ドリア市長、アラブ政治家と会談(サンパウロ)
  • 1年のうち4か月、軍隊出動し治安警備にあたる
  • 落書き消しにかかるお金、1日に換算150万円以上。罰金15万~35万円。ペンキを落書きに販売禁止(サンパウロ)
  • 現金輸送車が襲われ3000万円以上奪われる(ペルナンブッコ)

■2月14日 

  • 市内390 のブロッコ、音は7時まで(サンパウロ)
  • ゴミ箱の自家製爆弾が爆発。3人怪我。犯人不明(サンパウロ)
  • 警察前で、遅延給料、13か月、オリンピックの時間外労働求め警官妻がデモ(リオ)
  • 給料値上げ物別れのまま1200人の警官が街に出る(エスピリトスサント)
    ―働く警官の気持ちもわかるが、州に払う金がないからどうしようもない
  • 450ヘクタール冠水。900人避難(マットグロッソ)
  • 黄熱病で死ぬサルでる。69人死亡。(ミナス)
  • 市内バス、満員。(リオ)
  • 麻薬組織に5台バス燃やされる(ベロオリゾンテ・ミナス)
  • ハイネッケン、スキンカリオーを購入

 ■2月13日 

  • パスコアのチョコレート工場で2万5000人従業員増加(サンパウロ)
  • フラメンゴ×ボタフォゴの試合で発砲事件(リオ)
    ーもう、人の集まる場所にいかないことが無難
  • 早朝、クリニカ病院中のATMが破壊され、現金盗まれる(サンパウロ)
  • オリンピック会場、入場できるようになったものの水もない状態(リオ)
  • ウーバー襲った強盗、発砲。(サンパウロ)
  • 給料遅延、13か月未払いに、警官妻たちがデモ(リオ)
    ―エスピリトサントス同様警官妻がデモ。真似をするのはブラジル人の特質。ブラジル中に広がりそう
  • カーニバルまで約600ブロッコ(チーム)が街に(リオ)
  • 3人組に警官射殺される(サンパウロ)
  • 1000人の警官が戻る。ストから104人死亡(エスピリトサントス)
  • カラオケ全国コンクール600人が参加
  • 許可ない落書き罰金、約17万円(サンパウロ)
  • 交通事故で11人死亡(リオグランデドスル)

 ■2月11日 

  • 中流家庭の子女、同地区の目を付けた老人を連続強盗
  • 未成年、学校に侵入し20個のランプ盗む
  • 警官の妻、13か月未払い、給料の遅延にデモ(リオ)                                                                                                                        
  • 警官スト続くも、商店少しずつ開き始める(エスピリトサントス)                 
  • 市内最大のショッピングセンターの電話店襲われ、犯人逃亡(ポルトアレグレ・リオグランデドスル)
  • 実の娘射殺した男、逃亡(サンパウロ)
  • スーパーで、袋持ち込み大量に盗みまくる万引き(サンパウロ)

■2月8日 

  • 車の中で炭上で見つかったカオマの女性ヴォーカル、死体を調査分析する部品が無く解放されず(リオ)
  • ほとんどプラスチック製の中国製携帯。金ぞk探知機にも反応せず、刑務所に持ち込まれる
  • 大豆収穫、去年の20%増し
  • 給料遅延デモ隊、自家製爆弾などで警官に応戦。近辺の商店・銀行破壊され商品盗まれる(リオ)
    ーTVニュースを見る限りでは戦争国の町の様。汚職政治家に盗んだ金を返せデモをすべき
  • スーパーの買い物客増え、買う量も増える(エスピリトサントス)
    ー「明日はどうなる解らないから・・」これが法治国家の国民の弁か?
  • 金持ちの地域モロンビー。強盗、泥棒が日常的に(サンパウロ)
    ―犯人は近くのファベーラから来て逃げ帰る様
  • 少しずつ街が元に戻り始める。’(エスピリトサントス)
    ー写真やビデオがSNSに流れ怖くなって盗んだ商品を返す人も。罪にはしないそう
  • ついに戦車を投入(エスピリトサント)
  • 今年警官・警備員21人死亡。1年以上も給料が遅延したりで家族切れる。(リオ)
    ー知事は来週支払うというが・・・
  • 州政府と警官物別れ。給料値上げ要求スト続く。州政府要求受け入れず(エスピリトサント)
    ―リオの知事とは大きな違い。その場逃れのできない約束をしてもしょうがない
  • コンゴニアス空港、紛失が34%増える(サンパウロ)
  • トラックを襲って盗んだ肉などの商品を街道沿いで販売(リオ)
    ―まるで西部劇
  • 警官の家族が、未払いの給料、13か月分の給料支払い要求デモ(エスピリトスサント・リオ)
    -一般人だと機動隊がきてゴム弾やガス弾を撃ちまくるのだが

 ■2月8日 

  • セントロの中流ホテルに強盗(ポルトアレグレ・リオ・グランドスル)
  • 警官スト続く。ヴィトリアのスーパー、入り口にまで列。商店は客が来るとドアを開ける始末(エスピリトサントス
    ー警官が居なくなると、途端に犯罪が増えるとは・・・。商店、スーパーは2時に閉店
  • 市内380ブロッコ、騒音、ゴミなど苦情が一杯。時間、場所など制限(サンパウロ)
  • 汚職贈賄で逮捕の元上院議長、病気で刑務所から釈放
    ―本当に病気か? 
  • アレキシャンドラ・モラエス氏が死亡したSTF、テオリオ・ヴァスケス氏の後釜に
  • 給料値上げを要求しストをする警官の家族がデモ。(エスピリトスサント)
    ―町は強盗、殺人が横行し70人以上が死亡
  • 6キロのコカインをマニラに持ち込もうとして空港で捕まった女性に同情的なTV。
    ―ブラジル人は麻薬・犯罪に対する考え方が甘すぎる
  • 240人が死んだディスコ火災、未だに裁判もなし。犠牲者の家族怒り
  • フェルナンド・デ・ノローニャ島で、サメの子をもてあそんだカップルに約70万円の罰金
    -別のニュースでは、女性に噛みついたサメが離さなかったらしい?? どちらにしろ罰金

■2月7日 

  • ナタールもフォルサ・ナショナルを要請(ナタール・リオグランデ・ド・ノルテ)
  • バス料金値上げでデモ
    ーバス料金の値上げより、政治家の汚職の方が問題であると思うが
  • ウーバー運転手、誘拐されるなどウーバー被害増える
    ーウーバー車には高級車が多いことのも理由の一つらしい
  • 世界の工場ロボットの進化に驚き。ブラジルに入ってきたら失業者が増えるのでは、と戦々恐々
  • もともと多い路上の穴が、雨で増大(サンパウロ
  • 市内各地で大雨。50本街路樹倒木。(サンパウロ)
  • ドリア市長が、バス試乗、路上生活者と食事などパフォーマンス(サンパウロ)
  • 警官警備不足。強盗、泥棒横行。診療・商店所閉め、町は停止した状態。60人死亡。フォルサ・ナショナル(治安部隊のようなもの)を要請(エスピリトスサント)

■2月6日 

  • ナタールもフォルサ・ナショナルを要請(ナタール・リオグランデ・ド・ノルテ)
  • バス料金値上げでデモ
    ーバス料金の値上げより、政治家の汚職の方が問題であると思うが
  • ウーバー運転手、誘拐されるなどウーバー被害増える
    ーウーバー車には高級車が多いことのも理由の一つらしい
  • 世界の工場ロボットの進化に驚き。ブラジルに入ってきたら失業者が増えるのでは、と戦々恐々
  • もともと多い路上の穴が、雨で増大(サンパウロ)
  • 市内各地で大雨。50本街路樹倒木。(サンパウロ)
  • ドリア市長が、バス試乗、路上生活者と食事などパフォーマンス(サンパウロ)
  • 警官警備不足。強盗、泥棒横行。診療・商店所閉め、町は停止した状態。60人死亡。フォルサ・ナショナル(治安部隊のようなもの)を要請(エスピリトスサント

 ■2月6日 

  • 12、13,15歳が車強盗。警官に逮捕されるも両親に引き渡し解放(サンパウロ)
    ーブラジルは未成年は犯罪を犯しても無罪
  • コパカバーナの海黒くなる。原因は海藻(リオ)
  • PCよりスマホ使う人増える
  • ガソリンスタンド・商店強盗など、犯罪横行(エスピリトスサント)、
  • 「ミーニャ・ヴィーダ、ミーニャ・カーザ(貧困家庭向けのアパート建築計画)」今年、6万アパート建築予定
  • ブタンタ区、毎日10件以上の強盗(サンパウロ)
  • 市内各地でカーニバル・デ・ルア(サンパウロ)
  • カーニバルで顔に塗る顔料は要注意物も
  • また、バス車掌を無くす方向へ。現金支払いは乗客の6%(サンパウロ)
    ―今まで何度か無くそうとしたが、無賃乗車が多くできなかった。今回も・・・ 

■2月4日 

  • 子供たちに、車輪付きシューズが人気も、歩行に障害がでる可能
  • アラゴア・デ・ペキの海岸で静かに過ごすのが人気(サンタカタリーナ)
  • リンゴの産地サンタカタリーナ今年の収穫は600トン、20%増加か(サンタカタリーナ)
    ーサンタカタリーナに日本人がフジ種を持ち込んだ
  • カーニバル期間中も働く人増える予想
  • 24時間以内に4台のバス燃やされる。コミュニダージ捜査に抵抗する麻薬組織の仕業か?(ベロオリゾンテ・ミナス)
  • 街道沿いに捨て犬。衝突で事故多発
  • 元セレッソンのロマリオの従妹、麻薬所持などで逮捕(リオ)
  • コリンチャンス応援団、今年、他球団を襲などで5人逮捕される(サンパウロ)

■2月3日 

  • オレンジ類の汁を付けて太陽に当たるのは要注意
  • 日本の廃棄電気製品部品の再利用に驚き
  • 人気番組「ファゼンダ」に出ていた女性がアパートで死体で発見される(リオ)
  • 日系人バレリ-ナ落下死亡事件に一緒にいた男が出頭。彼女は一人で落ちたと発言
    -警察は疑い
  • 公務員の給料先月分遅延(リオ)
  • ルーラ元大統領の妻、マリザ・レティシアが死亡

■2月2日 

  • 今度は電気会社が政治家に汚職贈賄?
    ーブラジルは世界1高い電話代と言われている。政治家と電気会社がつるんでいる可能性は大
  • 今季の大豆収穫16500トン
  • 議会前でデモ隊と機動隊が衝突。2人怪我(リオ)
  • 建設中のアパートの分割払い247%の値上がり(サンパウロ)
    ―解約する人増える
  • 大雨で市内各地被害(サンパウロ)
  • 242人の死者がでた、ディスコの火災事件でプロモーターが訴えられる

■2月1 日 

  • 3月から、TVデジタル放送に(サンパウロ)
  • ショッピングセンターに強盗。逃亡中に事故を起こし死亡(オザスコ・サンパウロ)
  • 今年、警官18人死亡43人怪我(リオ)
  • 消費期限が過ぎた薬2t押収(ロンドニア)
  • トランプの法令でブラジル人ビザ取得が困難に
  • 汚職贈賄事件で逮捕されたエイケの息子たちはセレブ生活を続ける(リオ)
    ー汚職贈賄事件で逮捕された人間の財産はすべて没収すべき
  • 刑務所のいくつかの独房を解体(マナウス・アマゾニア)
  • サントスに路面電車開通(サンパウロ)
  • 黄熱病の死者、ミナス州最高記録の44人(ミナス)
  • ショッピングセンターの売り上げ5%伸びる
    ―靴磨きから個人病院まで
  • ブラジル最大のテクノロジーイベントに8000張のキャンプ用意(サンパウロ)
  • 街路樹倒木で1人死亡。200本の街路樹が倒れる(サンパウロ)
    ―地上部分は20m近くあるのに、地下部分は1mもないほど。倒れるのも当然

 

>>2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 12月
.>>2017:1月 2月 3月

studio crystal