現在のブラジルの治安は?

 

 

ブラジルの失業率、12.7% 約1340万人以上が失業しているらしい。若者にいたっては27、3%、約4人に一人が仕事をしていない。ということは、当然治安は悪化しているはずである。

しかし、サンパウロのセントロを毎夕散歩兼撮影で歩いているが、とにかく巡廻の警官が多く危ない感じは受けない。これほどの警官がいれば、スリはできても強盗できない感じがする。

土・日にはセントロやパウリスタ地区を中心に市を挙げてヴィラーダ・クルツラル(文化祭り)が夜を徹しておこなわれ、450万人の集客があったそうだが、強盗やスリの届出は少なかったらしい。僕も昼間に少し回ったが、危ない雰囲気はなかった。

しかし、実際どうかはわからない。ブラジルのデーターはあてにならない。警察発表と主催者発表とでは、酷い時には2倍ちかくも違いがあったりする。もし、失業率の数字がそこそこあったっていれば、サンパウロのセントロ以外では、かなり治安が悪くなっているのではないだろうか?

法令で銃の携帯がよくなった? なる? らしいが、実際は、銃の所持に当たっていろいろ面倒な許可が必要で、ほとんどの人が購入を諦めるらしい。なので、ほとんど銃の売り上げは増えていないようだ。ということは、銃携帯の法令が緩くなったとはいえ、治安が良くなるほどの影響はなさそうだ。

最近、ノルデステ地方(東北伯)に行かないのでよくわからないが、ネットニュースを見る限りではフォルタレーザの治安がよくない。パラー州とバイア州でグループ抗争(まったく別の話)で、10人以上が殺されたらしいニュースが出ていた。治安は悪化しているような感じがある。

失業率があがったということは治安も悪化していると考えてよさそうだ。とは言ってもノルデステの失業率はいつも高いから、かならずしもそうだとは言い切れない。気候がよく海きれいな地方なので、強盗などに遭わなければ、満足のいく旅を楽しめるだろう。

詰まるところ、旅は運しだいである。治安のよいと言われている北欧に行っても強盗に遭う人は遭うだろうし、その人の運しだいである。ただ確率的なことをいうと、ブラジルはぐんと高くなる。

以前ほど強盗などのニュースは大きく取り上げていない感じがするが、失業率を見る限りでは治安は悪化しているのではないだろうか

studio crystal