ベジタリアン中華レストラン Lotus

1DSC03597「lotus」のことは10年以上前から知っていたが一度も入ったことはなかった。ベジタリアンレストランということであまり入る気がしなかったのだ。

中に入ってびっくりした。綺麗なのだ。まるで、日本のレストランだ。リベルダーデの中華レストランとは異なり、清潔感に溢れ、中華独特のごっちゃりした雰囲気がない。一緒に行った友の話によると、オーナーは台湾出身の人で、厨房も同様に清潔だとのことであった。

 1階は喫茶店風で、カフェにショートケーキなどが売っている。暗さも汚さも微塵もない。日本のデパートの喫茶店と言っても差支えがない。2階が、ベジタリアンレストランで、ここもすっきりした内装になっている。リベルダーデにお店を作らなかったのは、もしかしたら、中華レストランの悪いイメージを一掃したかったせいかもしれない

 2階のレストランはポルキロ、量り売りである。自分が好みの料理を皿に取って最後に量るシステムである。1キロ39レアル(約1200円:2015年4月16日現在)である。どんな味がするのだろうと思い、ついつい取りすぎてしまった。

サラダを中心に置いたテーブルと温かい料理のテーブルに別れ、それぞれ20種ほどの料理が並ぶ。大豆を使ったハンバーグ、ラザーニャ、ナゲット、ぎょうざなど、見かけも味も、食感も肉そっくりで違和感なしにおいしかった。

ベジタリアンでないし、こだわりもないが、好奇心が掻き立てられ食べていて楽しかったしどの料理もおいしかった。もう一度訪れてみたいお店である

■営業時間 レストラン:月~土  11:30~15:00
  カフェ:月~金  8:00~16:00
       土 10:00~16:00
■住所 Rua Brrigadeiro Tobias 420 Santa Ifigenia Sao Paulo

 

 

 
DSC03593

変わった料理も多い

 
DSC03599

レストラン正面

 
DSC03595

見かけも肉料理とあまり変わらない

studio crystal