シャッパーダ・ドス・ビアデイロス

Chapada dos Veadeiros

1mai

ショベリーニョの花

 

 初めてシャッパーダ・ドス・ヴィアデイロスに行ったとき、その植生の面白さにすっかり虜になった。標高1200mを越えるこの高原はセラード(サバナ地帯)に位置し、一風変わった植生が広がる。ブラジルの大自然と言えばアマゾンやパンタナールだが、こんな面白いところがあったのだ。ブラジルの大自然の懐の深さにつくづく驚かされる。

 シャッパーダ・ドス・ヴィアデイロスはブラジリアから約220キロに位置し、2001年にシャッパーダ・ドス・ヴィアデイロス国立公園としてUNESCOの世界自然遺産に指定された。園内には、高山植物の群落や70m級の滝から大小さまざまな滝が点在する大自然が広がる。

 この地域はもともとクリスタルの埋蔵地としても有名で、衛星から特殊なカメラで撮影した映像は、クリスタルで明るく光り輝いているという。国立公園になる前にはクリスタル専門のガリンペイロ(発掘人)がたくさんいたらしい。現在は、ガリンペイロの多くが園内のガイドとして働いている。

 エネルギーが溢れる神秘的な地としても有名で、エネルギーの感受性が強い人やヒッピーなどがこの地に住みついている。またUFOが飛来する地としても知られブラジルのミステリーゾーンの地としても有名である。

 最近は、エコツアーの人気でトレッキングや沢下りなど多くの観光客が訪れる。一味違ったブラジルを見てみたい人や、自然派の旅行者にはお勧めの地である。

 



観光

観光の目玉は何と言っても、大自然の広がる、6万haの国立公園内のトレッキング。4.5kmと10kmの2つのコースがある。

(7+4枚 計11枚)

 

 植物

標高が最大1650m、セラード気候に位置するこの高原では独特の変わった植生を見ることができる。

(7+6計13枚)

studio crystal