ブラジル一口ニュース2020年1月

1

■1月24 

  • ボルソナーロ大統領、モーロ法務省大臣の弱体化を明言
  • ブラジルの空港で、中国を旅行し、咳、発熱、呼吸困難の症状の人に医療施設に行くよう警告
    ―リベルダージで行われる? 旧正月祭りが心配
  • リオとエスピリトサントス州にサイクロンの警告

■1月23

  • 世界は中国から来たビールスを阻止
    ―リベルダージで行われる旧正月の中国祭りが心配
  • 世界腐敗認識指数、ブラジルは2018年と同じ。アルバニア、アルジェリア、エジプトと同じ106位。2018年は105位
  • 犯罪防止法、今日から施行
  • ナチスのシンボル・シャツを着ていた男、逮捕(サンタカタリーナ)
    ―彼はナチズム崇拝男で以前から目をつけられていたらしい
  • ブラジル、9月~1月に21.4%殺人が減る。8267人減る

■1月22

  • 中国のコロナ熱の話題連日報道
    ―ブラジルでも関心が高い。旧正月のお祭りに来る人が減る??
  • アレナウイルス(出血熱)の新たな感染者みつからず
    ―コロナ熱以上に怖い
  • 差し押さえ物品、約100億円。2019年、今までの記録破る。3.2%増える

■1月21

  • 中国、新型ウイルスに約300人の感染者と人の死亡者と発表
  • PCC(ブラジル最大の犯罪組織)のリーダー、ブラジリアの病院で検査を受ける
  • 軍刑、刑務所での悪な環境による皮膚病感染阻止を要求(ロライマ)
  • 20年ぶりにウイルス性出血熱の死亡者確認(サンパウロ)
    ―中国のウイルス同様に、感染すると死亡確率が高いらしい
  • ジョンデデウス(多女性強姦の罪の霊媒師)、40年の刑を宣告される
  • アンゴラの腐敗金、パライーバの超高級アパート建設に流入

 

■1月18

  • 路上生活者、銀行内で炭化状態で発見される(サンパウロ)
    ―ATM場所内で暖をとっていた?
  • 元知事、約55億円の横領で訴訟(リオ)
  • 歩行者解放されたパウリスタ大通り(町のシンボル)で、アハストン(強盗集団横行)
  • 政府、20キロまでの火薬購入自由化で自家製弾自由化
    ―許可は必要となるらしいが・・・、結構事故があるらしい
  • ブラジル、PCC(犯罪組織)メンバーの逃亡後、マットグロッソとパラグアイ国境を閉じる

 

■1月17

  • カーニバル・デ・ルア(ストリートカーニバル)、去年、費用90%増し、今年は?(サンパウロ)
  • サンパウロの9万のエレベーターの0.5%が落下する可能性、専門家(サンパウロ)
  • 主催場所を直前まで知らされないフェスタ流行る(サンパウロ)

 

■1月16

  • すべてのオリンピック施設使用禁止(リオ)
    ―消防局と市役所のセキュリティの許可書がないため
  • メガセナ、また持越しに賞金約8億円
  • 汚染ビールと同じジエチレングリコールン中毒で1人死亡を確認(ミナス)
  • 11州でデング熱が流行する可能性大

 

■1月15

  • ブラジル人観光客、他5人の他国観光客、マチュピチュ損傷で逮捕される
  • 最低給与、R$ 1.039 から R$ 1.045.に
  • トランプ大統領、ブラジルがoecd加盟を望む
  • 醸造所、汚染されたビールを飲まないことを勧告
  • 2019年、アマゾン森林破壊、85,3%増し。2018年のほぼ倍

 

1

■1月14

  • 広場で遊んでて行方不明になった女児の遺体みつかる。 ―近所の男性49歳の犯行。性暴行の痕があった。母親への復讐と言っているらしいが???
  • インフレに見合った最低賃金の値上げか?? ―最低賃金があがれば結局物価もあがる
  • 汚染ビールを飲んだ、腎神経症候群の症状を持つ女性の死が確認される
  • 大都市圏で少なくとも7人の路上生活者死亡(サンパウロ) ―4人安価なコカイン中毒死、1人感電死、2人、盗難容疑で射殺
  • ペトロブラス(石油公社)、ガソリンとディーゼル3%下げる
  • 新しい南極基地を開設 

 

■1月13

  • 特定の要件を満たれれば、最大2500ヘクタールの公有地は不法占拠者の土地に
    ―森林破壊を助長する可能性が大きい。
  • ゲデス経財相、新しい税を主張
    ―ブラジルは、世界でも有数の税国家なのに、これ以上税金を課するのか
  • 大雨と強風、洪水、倒木ひきおこす(サンパウロ

 

■1月10

  • Belorizo​​ntinaブランドビール、Becker汚染。病気をひきおこす可能性
  • 軍事裁判所、スペインに39キロのコカインを密輸しようとした大統領同行の軍人、刑罰。検察、懲役8年400万ドルの罰金請求
    -去年の事件の裁判が未だに行われているとは・・・

■1月9

  • 路上生活者、大雨にびっくり。電気ショック死者も
    ―ブラジルの電線はところによっては切れてて垂れさがったり。非常に怖い
  • IMPE(国の調査機関)によるとアマゾン火災2019年には2018年より30%増し
  • 複数の人種差別を記録(ミナス)
  • 公共料金値上げデモで29人逮捕されるも釈放(サンパウロ

 

■1月8

  • バス・メトロ料金値上げに対するデモおきる(サンパウロ)
    ―値上げが行われ1週間後にデモをしても遅いように思うが
  • 「黒人意識」の休日を国の祝日にするよう、裁判所に要求デモ
    ―連邦検事総長事務所(AGU)は反対。すでに随分と祝日は多いように思えるが・・・

■1月6

  • スピ-ドレーダー計測器を使用せず、高速道路で4.8%事故増える
    ―ボルソナーロが使用を禁止した
  • 路上生活者、睡眠中にやけど
    ―路上生活者が壁際で煮炊きするため、橋や建物が損傷している

 

studio crystal