ブラジル一口ニュース11月

 11月

 ■11月29

  • バス転倒、1人死亡負傷者多数
  • フジモリ・ケイコ(フジモリ元大統領の娘)13か月ぶりに出所(ペルー)

 

 ■11月28

  • ブラジル、ブラック・フライデーで約1000億円
  • 牛肉1月26%上昇、「価格が戻ることはない」と農業大臣
  • 「流失した油はサンパウロには漂着しないだろう」と研究者
  • ボルソナーロ、アマゾン火災疑惑のONGを非難
    ―この頃のONGは環境保護の名を借りたものばかりのような気がする
  • 21歳の大統領の息子、政界に
    ―世界中で2世政治家。
  • 南伯で樹齢535年の大木、伐採される(サンタカタリーナ)
  • ブラジルのネットに、検閲が始まるかも? 19条の廃止で
  • 2014年にメルコスールでプレートナンバーが通用するようになったが、未だにブラジル全州で通用するとは限らず

 

 ■11月27

  • ホモの息子を母親殺害、25年の刑
    ―これほどホモが多くなったブラジル、こういう母親がいるとは・・・
  • 今年初めてのスコール、子供怪我(サンパウロ)
  • 街道で4億円のエメラルドを押収
  • 連邦地方裁判所、ルーラ元大統領の刑を提起
    ―そのまま釈放されなくて良かった!
  • ブラジル、20~79歳の糖尿病患者1680万人

 ■11月26

  • 24鉱山ダムのあるコンゴーニャス市、地震後、鉱山企業にダムの安全性について最終通告
  • ググ(人気司会者)の告別式、28日午後に一般公開
  • ルーラ元大統領の汚職判決
    ―一度有罪になった者がいまさら
  • パラー(アマゾン河口の州)の山火事、ONGの放火の疑い(パラー)
  • アウトパラナイバーで奴隷労働疑いの13人、救助(ミナス)

 

■11月25

  • 1レアル(25円)のレストランに列(サンパウロ)
  • 元ホームレスのメークアップアーティスト、成功も死亡
    ―肺炎が原因で亡くなったらしい。痩せ方みると・・・?
  • 7年間MST(土地なし農民)が占拠した1700ヘクタールの土地、差し押さえ命令(バイア)
    ―ブラジルは土地を持っていても勝手に占拠される可能性があるので気を付ける必要がある

 

■11月23

  • 少年、いじめられている黒人の友人を見て、父親に助けもとめる
    ―ブラジルには人種差別が少ないように思われているがたくさある。
  • ブラジルの最貧層増加。GDPの1%が社会保護として支出されるのみ
  • フラメンゴ、リベルタドーレス杯のタイトル奪取。試合後応援団と警察衝突。
  • 強盗グループ、フラメンゴの優勝を混乱させる
    ―人が集まるところには強盗も多いと思っていた方が良い。ブラジルはとにかく泥棒が多い。人が集まるところには行かないのが無難

■11月22

  • ボルソナーロ政府、アマゾンの原木輸出検討
    ―大統領になったからといって何をしても良い訳ではない
  • ボコタ、夜間外出禁止令を発令(コロンビア)
  • ボルソナーロの党、地方選挙の準備
  • ペトロブラス、ガスボンベ4%増加を発表

 

■11月21

  • カトリックのミサでアフリカ系の音楽を止めようとしたグループ、礼拝者を攻撃(リオ)
    ―「黒人意識の祝日」で
  • アマゾン・アクレ州のPSOL党代表、シャヤプレで暗殺される
    ―シャプレは世界的に有名だった環境保護家シッコ・メンデスの地として有名。政治家が暗殺されることはブラジルではよくある
  • F1リオ開催を諦め、フォーミュラーEをリオに招致を計画

■11月20

  • 東地域のバス、給与関連で運休(サンパウロ)
  • 実の息子殺害未遂で逮捕(ミナス)
  • 偽アルコール中毒疑惑の路上生活者が病院から退院(サンパウロ)
  • 1レアル(25円)を乞うたホームレスの女性を射殺

 

■11月19

  • 4年半近く広がりつづけた貧富の格差止まる、と経済紙
  • 流出した石油、116都市、675のポイントへ
  • 母親と継父、3歳娘殺害の容疑で逮捕
    ―ブラジルでよくありそうな事件
  • グローボ、30人のジャーナリストを解雇、デジタル化すすむ
  • ―ブラジルの雑誌・新聞社はますます極小化すすみそう 

 

■11月18

  • ブラジルで生産されたスナック菓子、リコール
    ―表示なしに、乳タンパク質を含有しているらしい。なぜばれたのか?
  • 死体が市内を流れるチエテ川でみつかる(サンパウロ)
  • 760万人が1年間ちかく仕事を探す
  • 第3四半期の若者(18~24)の失業率25.7%。全体平均以上

■11月17

  • 選挙で市長への、クーニャ(下院元議長)の政治的支援を調査
    ―あれほど騒がしたクーニャについてめっきり聞かなくなった
  • 51人の学生の乗るバスが横転(ミナス)
  • アマゾンの森林破壊、年間29.5%(約10000㎢)増加

 

■11月13

  • エドアルド議員(ボルソナーロの息子)、PSL党から追放
    ―ボルソナーロは息子と新たな党を結成するらしい
  • 15日の休日に400万台が州都を出る予測(サンパウロ)
  • 126橋を調査(サンパウロ)
  • ボルソナーロ、BRECSの終りにプーチンと再会
  • 1ドル、4.18R$に
    ―過去2番目にレアル安
  • デング熱で死者710人を記録。サンパウロ256人死亡

■11月12

  • ボルソナーロ、PSL党を離党
  • ダム決壊を起こしたヴァーリ、死亡者家族に約2億円支払いを命じられる
  • 経済相、予算3500億円のリリースを発表
  • 女性、豪雨で原因で感電死
  • 女性が切れて、保健所の機材壊す
    ―キレる人が多くなったような気がする

■11月11 

  • モラレス大統領辞任(ボリビア)
  • 60日間の司法の休暇は年約12億円かかる
  • 海軍700人、東北伯海岸油汚染地域の清掃を支援
  • 警官と武装グループが衝突。4人死亡(サンパウロ)
  • 全国共通大学入試試験帰宅途中女子、強姦魔に襲われる。犯人免許証を落とし捕まる(ミナス)
  • ルーラ元大統領、釈放決定
    ―何故。。。。STF(最高裁判所)は理由づけをしているが・・・

 

■11月7 

  • FGTS(勤続期間保障基金)の引出し500レアルから998レアルに
    ―制約がある模様
  • 検察、抗議者に拷問を加えた14人の警官の調査許可を求める(チリ)
  • 黒人、白人に比べ就職が困難に感じる。
    ―最大で給料は31%差があるそう?

 

■11月6 

  • ブラジルの極貧層1350万人に
    ―月の収入145ドル以内の人々。
  • 政府、史上最大の石油オークション開催
  • 州警察、グアリュロス空港で、国際的麻薬密売の取り締まり強化(サンパウロ)
  • 15~17歳の11.8%(120万人)が、不登校

 

■11月5

  • 油膜、南下。エスピリトスサント州に。流出の原因いまだ不明
  • 現金輸送車強盗疑惑者、ペルナンブッコで逮捕
  • 大雨、涼しくなる予報(サンパウロ)
  • 男、学校の塀を乗り越え、元彼女19歳を13か所刺す
    ―ブラジルは痴情のもつれからの事件が本当に多い

■11月4

  • 2019、13日大学共通入試試験
  • ボルソナーロ大統領、80%の確率で現政党(PSL)を去る予定
  • 80%のブラジル人は公共の場での携帯使用を恐れる
    ―そうはあまり見えないが・・・
  • イリウスでの海水浴後、肌に斑点(バイア)
  • カルモ公園で火事(サンパウロ)

 

 

■10月3

  • 19歳ママ、おしめを買いにでた所を強姦され殺される(サンパウロ)
    ―ブラジルは非常に危険。気軽な気持ちで旅行はできない
  • 卒業生、学校に忍び込み女子学生を刺す
    ―強盗だけでなく精神に問題がある人間も多いので要注意
  • トンネルでの強盗に遭遇した時間外警官が犯人と銃撃戦(サンパウロ)
  • 麻疹でさらに4人死亡(サンパウロ)

 

studio crystal