ブラジル一言ニュース5月

5月

 

  ■5月31

  • 教育省、授業時間に抗議行動を公表、奨励することを禁ずる、
  • 火事で1人死亡5人怪我(ゴイアニア)
  • 教育予算カット抗議運動、国内約100都市で行われる
  • ―現政府はブラジルの将来を考ていないように見える
  • 格闘技UFCチャンピオン、ジェシカ、武装強盗に襲われる(リオ)
    ―屈強な格闘家やサッカー選手まで襲われる
  • 大統領夫人の叔父、犯罪組織との関係で逮捕される
    ―大統領の息子、叔父・・・、悪すぎる
  • イギリスのヘビメタ・バンド、アヴェニーダパウリスタで演奏、罰金約50万円(サンパウロ)
    ―無許可で、250人以上の聴衆が集まったためらしい。

■5月29

  • 教育予算カット、全国でデモ拡散
  • 電動スクーター557台押収(サンパウロ)
    ―歩道も自動車道もお構いなく走る電動スクーターは禁止するべき
  • 子供、若者に風疹予防注射(サンパウロ)
  • 下院、ブラジル統一の電気代設定を了承
  • レンタル電動スクーター企業、市長の罰金設定に反対
  • ―電動スクーターは世界中で禁止され始めている

  ■5月28

  • ブラデスコ銀行の支配人2人、マネーローダリングマネーローダリング計画参加の容疑で逮捕
  • 連邦政府、軍をマナウスに派遣
  • 裁判所、アエシオ(元ミナス知事で元大統領候補、大統領の息子)の、36億円銀行預金をブロック
    ―個人でこんな大金を持っていること自体信じられない。汚職?
  • 教育省、焼けたナショナル博物館の補修費約3・5億円をカット

 ■5月27

  • 国連の国々、ヴェネズエラをボイコット
  • マクドナルド、セクシャルハラスメント疑惑で調査
  • 犯罪組織の9人のリーダーがマナウス刑務所から移送(アマゾナス)
  • マナウスの刑務所で2日間に55人死亡(アマゾナス)

■5月26

  • 全国各地で、親政権デモ
  • ―現政権は人気落ちだが・・・
  • バーが襲撃され、4人死亡(リオ)
  • ―最近襲撃事件が続く。グループ抗争か?
  • マナウス刑務所暴動、15人死亡(アマゾニア)
  • ストローの禁止後、使い捨てプラスチックの禁止か?
  • 日本でもプレーしたことのある元サッカー選手、ロニー、詐欺罪で逮捕
  • 預金のために持ち込まれた紙幣から強い麻薬の臭い。警察捜査(リオ)
  •  

 

 

 ■5月24

  • 女性、アパートに火を放ち、5階から3歳児を投げる。子供は軽傷(サンパウロ)
    ―5階から投げ出され無事だったとは
  • 軍高等裁判所、ミュージシャンを撃った軍人を釈放するよう命令
    -過剰防衛でも罪に問われるのにおかしい

 

■5月22

  • 7200万人の人が下水なし
  • ガス漏れで6人のブラジル人が死亡(チリ)
  • ブラジル人の71%がヴェネズエラの軍事介入反対
  • 労働裁判所、カフェフールにハラスメントで約3000万円の支払いを命ずる(サンパウロ)
  • ―ブラジルの裁判ではだいたい労働者が強い
  • カーザー・ダ・バイア、従業員にハラスメントで約150万円払うことで合意

 

 

 ■5月21

  • 政府、武器に関する法令の変更を評価
  • 元恋人を殺害後、ミサの最中に教会に侵入(ミナス)
  • 新しい提案後、バス運転手ストライキを中断(サンパウロ)
  • 13州の知事、武器輸送の簡易化の採決に反対に

 

 ■5月20

  • タウロス(銃器メーカー)、ボルナーロの法令で民間人にライフル販売を可能に
  • 61%の人が家に銃はいらない
  • 市長、カラコランジャの麻薬常習者に仕事の斡旋を再開(サンパウロ

 

■5月19

  • 車、バイクで乗り付け,11人以上殺害(パラー)
  • 年金改革が承認された後に、税制改革を行う、と大統領、ツイターで発表
    ヴィラーダ・クルツラル(文化の祭典)、改変で450万人集める
    ―今のところ強盗被害の報告は12件のみらしい。去年までは音楽中心であったが、今年は文化全体
  • トンネル内で事故。ほぼ復旧。(リオ)
  • ボルソナーロ、就任後初めてのノルデステ(東北伯)
  • ―選挙運動中刺された所
  • 金融市場、12年連続でGDP1.24%

 

■5月18

  • アビアンカ航空の従業員ストを続行
  • 毎年恒例ヴィラーダ・クルツラル(市を挙げての文化の祭典、道路に舞台や露店ができる)、土・日に行われる
    ―治安が悪く出かけない人も多い、
  • お大雨で沿岸地方の幹線道路、アクセスが禁止に(サンパウロ)
  • FBI、ジョンソン・ジョンソン、シーメンス、GE,フィリプスの汚職疑惑を調査
    ―ブラジルはいいように海外からの企業にやられている
  • ドリア知事、イピランガ博物館の再開を2022年と発表
  • 州警察、コカインを混ぜた冷凍食品を密輸しようとした女性を逮捕

 

■5月17

  • ディウマ元大統領、ボルソナーロ大統領を批判
  • 市、道路の穴をふさぐことを約束(サンパウロ)
    ―ブラジルの道路は穴だらけ
  • 若者の失業率、27.3%。
  • ―治安が悪化するはずである
  • 14州で失業率、増大のいっぽう
    ―大統領は雇用のことを少しは考えているのか? 聞こえてこない 

 

 

  ■5月16

  • 国内中で教育予算削減反対でも
  • ボルソナーロの息子、19不動産購入、約2億5000万円
    ―父親の足を引っ張る息子、これではますます貧困層からの支持低下
  • 大統領の不正行為発覚か?
    ―クリーンな人物だというので皆投票したのだが???
  • ブラジル人、スマホのために外での食事や服を犠牲に.。
    ー今や世界中の多くの人が同じ?

 

  ■5月15

  • 102の連邦大学と研究機関の75が30%予算カット、学生研究者が抗議
    ―日本同様ブラジルの将来は暗い
  • 陸軍中尉、妻と子供を人質に。口論が原因か?(リオ)
  • 大統領の息子、ブラジルが核兵器の保有を擁護
  • WhatsAppによって非難された、政治スパイ用ウィルスが使用される
  • STJ(最高裁判所)、テーメル元大統領の釈放認める
  • ファヴェーラの、柔術指導員、撃たれて死亡(リオ)
  • 最高裁判所、マンションの住人がペットを飼うこと禁止、を禁ずる裁定。
  • 老人、銀行の警備員の口論の末、撃たれ入院
    ―警備員は横柄で頭にくることがしばしば
  • 裁判所、夫(日系)殺しの妻にドキュメンタリーインタビューを許可
    ―不倫の夫をバラバラにして遺棄した事件。

 ■5月11

  • 公立大学の削減と予算削減に抗議し学生がデモ(サンパウロ)
  • 飛行機の手荷物検査、厳しくなる
  • 銀行襲撃計画の5人、警察に撃たれ死亡(バイア)
  • アビアンカ航空、今週末422便をキャンセル
  • ルーラ元大統領、9月から日中釈放、夜刑務所体制に
    ―政治家や金持ちの刑はたいてい楽。

  ■5月10

  • 「判決には自信がある」テーメル元大統領の弁護士
    ―根回しだけは上手だから
  • 政府、334か所の環境保護区の見直し図る
  • ANVICA(国家衛生監督庁)、高血圧薬をリコール
  • コラコランジャ(麻薬無法地帯?として有名地区)で発砲事件、3人怪我(サンパウロ)
  • F1、リオに移る可能性

■5月9

  • メガセナ、また持越しで史上最高賞金78.6億円
  • 汚職マネーローダリング疑惑。でバンコ・デ・ブラジルからアメリカの銀行へ7.4億円転送捜査
  • テーメル元大統領、再び逮捕。刑務所へ
  • 大統領令により、武器の持ち込み容易に

 ■5月8

  • 連邦最高裁判所、ルーラ元大統領の汚職訴訟の上訴を否定
  • メガセナ(ロット)、賞金約36億円
  • ボルソナーロ、武器、弾薬輸送アクセスの簡易化にサイン
    ―このままなし崩し的に銃所持が許可されるか?
  • ウーバー運転手、運賃値上げに向け今日水曜日停止を呼びかける
  • 新大統領就任後、銃の需要増えるが、売り上げはわずか、店主
    ー購入希望者のほとんどが許可の複雑さを知らず
  • 電動スクーターレンタル会社、プロコン(消費者保護センター)に説明求められる
    ―今後、この手の乗りモノは他国同様禁止されると思う

■5月7

  • 4人が殺害され、1人怪我。組織犯罪がらみか?(サンパウロ)
  • 警察捜査でファベーラの住人8人死亡(リオ)

 

■5月6 

  • ENEM(大学共通入試のようなもの)、出願届今日から
  • 約40%の若者、ブラックリスト入りか、待機
    ―ますます貧富の差が拡がる
  • ボルソナーロ、アメリカにまだ行く予定をする
    ―一度キャンセル
  • 大学の予算削られる一方。大学の活動危機的状況。ボルソナーロの政策の影響?
    ―貧しい学生の支援プログラムも危機。これでは、この国の将来は暗い
  • バーガーキング(ハンバーガーの大手チェ-ン店)、ボルソナーロによって禁止されたバンコ・ド・ブラジルのCMをからかう
    ―無能ぶりがどんどん国民に広がってきた。もう少し国はよくなると思ったのだが・・・

 

 

■5月4 

  • 全国連邦大学の予算約625億円、封鎖
  • 殺人の罪で告訴された美整形医師「ドクター・ブンブン」医師免許はく奪
  • ペトロブラス(石油公社)、ディーゼル値上げ、2.57%。2.247レアルから2.3047レアルに
  • 失業者増加に伴い、偽の就職斡旋などの詐欺増加

 

■5月3

  • セントロの建物でガス漏れ
  • ブラジルで最も有名な演劇監督の一人、アントニオ・フィーリョス逝く。89歳(サンパウロ)
    ―ブラジルに着た頃、舞台写真を撮らせてもらった。非常に残念
  • アビアンカ航空、ガリューロス空港で70人解雇(サンパウロ)
  • 2000匹の蜂に刺され老人死亡(サンパウロ)

 

 ■5月2

  • シンジカット、ゼネスト承認
  • 警察、ミリシア(犯罪組織)の捜査行う(リオ)
  • 失業者、仕事を求めて早朝から並ぶ(リオ)
    ―失業率12,7%、1340万人以上の失業者がいる

 

 ■5月1

  • クアイドを中心とする軍事反乱、ヴェネズエラをカオス状態に(ヴェネズエラ)
  • 教育省、大学削減を断念。不測の事態になる可能性
  • 司法裁判所、テーメル元大統領の逮捕を棄却
  • 大統領、ヴェネズエラに約60億円
  • デング熱感染、339%に
    ―蚊が怖い
  • 市警、カラコランジャ(麻薬常習者地区)を一掃。
    ―何度か一掃したが、常習者は他地域に拡散しただけでより悪い状態になった。難しい問題。追い払うだけではよくならない
  • シクングーニャ、デング、ジッカ熱、1000自治体で発生する可能性

 

studio crystal