ブラジル一言速報201901

2019  

≫2018:1月 2月3月4月 5月 6月7月8月 9月  10月12月

>>2019:1月

■1月31

  • ダム決壊の死者、99人を越える(ミナス)
  • 武装した男たち、インディオの土地に侵入(アマゾニア)
    ―新大統領はアマゾンの開発を言っていたが、国民がそれを許すのか?
  • 鉱山ダム決壊で流出した泥、サッカ―場377個分を破壊
  • カンポデマルテの飛行場格納庫暴風雨で崩壊(サンパウロ)
    ―ここ最近のスコールは暴風雨を伴う
  • ダム決壊で救助活動をする消防職員、給料遅延でも懸命の活動(ミナス)
    ―州の経済が破綻州で公務員の給料が遅延

 

■1月30

  • モノレール、衝突事故(サンパウロ)
  • 裁判所、収監中のルーラ元大統領の兄弟葬儀訪問を否定
  • ―収監されている人間が葬儀に出席するなんて聞いたこともない。ルーラは何か勘違いしている?
  • ダム決壊、死者84人を越える(ミナス)
  • ブルマジーニョ(鉱山ダムの起きた町)の援助金、約229億円が用意される(ミナス)
  • ヴァーリ(鉱物開発企業)、ブルマジーニョとマリアーナの鉱山閉鎖を発表(ミナス)

 

■1月29

  • 決壊したダムの技師を逮捕
  • 軍、ダム決壊の救助を州から要請されておらず
  • ヴァーリ(ダム決壊を引き起こした会社)の株暴落。1日でブラジル企業最大の約2000億円失う

■1月28

  • 1月25日、ブルマジーニョの鉱山ダムが決壊、土砂流出。58人死亡、行方不明者数192人(ミナス)
    ―ミナスには450の鉱山ダムがあり、22は危険
  • 他のダムも決壊の恐れ。住人2400人が避難(ミナス)
  • 242人の死んだボアッチ(ディズコ)・キッスの火災から6年

■1月25

  • 今日サンパウロ市制記念祝日
  • チッチ監督、怪我のニーマイヤーに代わりアメリカ杯でヴィニシユス起用か
  • Maduroと Guaidó、権力闘争を激化(ヴェネズエラ)
    ―未だにMaduroが大統領として権力を握っていることが信じられない。
  • パラナ州前知事、ベット、汚職・マネーローダリングで逮捕される

■1月24

  • 暑さで消費電力、4年連続最高を記録
  • 市、構造リスクにより橋の進入を禁止(サンパウロ)
    ―ブラジルにありがちな手抜き工事?
  • 米と大豆、雨の被害で約22億円の被害(リオグランドデスル)
  • 若い妊婦、恋人に殺される(サンパウロ)
  • 3年間のレイオフ後、国は52万9千の正規雇用を創出
    ―それにしても失業者が多すぎるが
  • ガソリンは下落、インフレ率は1995年以来最低

■1月23

 

  • ミリシア(退役軍人・警察などの犯罪グループ)、家賃の遅れた居住者を追い出す(リオ)
    ―リオの各ファベーラ(貧民街)はミリシア、犯罪組織など縄張りとしている
  • トランス・セクシャル、殺害後心臓を摘出される
    ―ゲイ、ホモなどを忌み嫌う人がいて、ゲイ・ホモが暴行されたり殺される事件が相次いでいる
  • 5年前に延期されていた、サンパウロのバス入札が司法裁判所によって中断

■1月22

  • 2018年、携帯の盗難数最高を記録(リオ)
    ―26546台。最も多かったのは10月 1日約73台平均
  • 21回目の攻撃、変電所と保育園(セアラ)
  • メトロ・ブルー線技術的問題で停止
  • バイク運転手の死亡18%上昇。最近3年間で最多(サンパウロ)
  • 約1900人もキューバ人医者がブラジルに滞在
  • -ブラジル人との結婚や子供ができたため

■1月21

  • ガソリンの価格0・9%安くなる
  • テーメル元大統領⒑年間で最多約14億円の社責を恩赦を認可
  • カーニバル・デ・ルアのビール売買権を調査(サンパウロ)
    ―今まであまりにも不許可販売が多すぎた
  • 銃器による傷害は4年間に約54.3億円。
    ―銃の緩和でもっと増える? と言われているが・・・??
  • 個人的な防衛のための銃所持、4年間で472%増し
    ―銃の緩和は所持のみ、携帯には新たな登録がいるらしい?。

■1月20

  • 大統領の息子議員の不明な48の入金内訳を大統領の補佐官、要求。
    ―大統領の身内が今後も足をひっぱりそう
  • 大統領、今まで守秘されていた囚人のINSS(年金)の情報開示にサイン
    ―妨害運動などがおこされるか?
  • 大統領、INSS(年金)の横領詐欺と戦うと署名
    ―死んでいる人間の年金をもらい続けたり、いろいろ出てくると思う
  • 爆弾攻撃で鉄塔が倒される(セアラ)
  • 800人の警察が強化される(セアラ)
  • LGBTに関連していた大学教授殺害される(ミナス)

■1月18

  • 女性の死亡者の25%が、自宅で撃たれ死亡
    ―ボルサナロの銃規制緩和は犠牲者を増やす?
  • ENEM(国家高等試験:共通1次試験のようなもの)の各自の採点、18日にネットで発表
  • 性的虐待で医者を逮捕
    ―この手の事件が本当に多い。もともと多かったのか?
  • スコールの暴風雨で倒木、冠水(サンパウロ)
  • 6つの州が財政難を宣言
    ―ロライマ・リオグランデドノルテ・マットグロッソ・リオデジャネイロ・リオグランデドスル・ミナスジェラエス。ゴイアスも時間の問題らしい。
  • ドリア知事、ガソリンポストでの飲酒を禁止(サンパウロ)
    ―ガソリンポストとコンビニが一緒になっているところが多いため、アルコールを購入する人いる

■1月17

  • ブラジル、独裁政権の国のリストに加わる
  • 1月・2月に産まれの一般労働者にPIS(社会統合基金)の支払いが始まる
  • 攻撃犯罪の逮捕者383人に(セアラ)
  • 暑さで過去最高のエネルギ消費量
  • 観光を促進するために、アメリカ人に対しビザを取りやめる方向
    ―日本人にも是非そうしてもらいたい
  • PF(連邦警察)、ボルソナロ襲撃事件の調査、さらに90日間要求
    ―すぐに犯人に弁護士がつくなどおかしい。PTの関与という噂もある
  • 銃所持の緩和、多くの人が賛成

■1月16

  • 警察、ジョンデ・デ・ウス(霊能者)の児童虐待の報告も受ける
  • 13日ぶりに、攻撃なしの夜(セアラ)
    -攻撃がないだけでニュースになるなんて・・・
  • ヴェネズエラの難民のインディオ、避難所で過密と麻薬に苦しむ(アクレ)

 

■1月15

  • スコールで川が氾濫(サンパウロ)
  • リオ知事ウィルソンヴィッツェル、犯罪者の殺害を擁護(リオ)
  • 犯罪の情報提供者に約90万円(セアラ)
    ―賞金を出すとあっという間に情報が提供されると思う
  • 労働者、1日の3分の1を通勤時間で費やす(サンパウロ)

 

■1月14

  • 84%の国民が犯罪者年齢を16歳に引き下げる事に賛成
    ―今まで左翼のPT党が与党だったために見送られてきた
  • テーメル前大統領、4分の記録に約300万円使
    ―テーメルもゴーンと同じくシリア出身
  • 攻撃容疑の逮捕者の3分の1が未成年(セアラ)
    ―未成年が罪にならないことで金をもらっての犯行か??
  • 元警察署の副所長の車が撃たれる(リオ)
  • 1・14からロジージョ(プレートナンバーによる持ち回り乗り入れ制)戻る(サンパウロ)
  • ショッピングセンター内のレストランが爆発。4人怪我(リオ)

 

■1月12

  • 知事、警官のショットガン使用を許可(サンパウロ)
  • カンピーナスの発砲事件、銃をパラグアイで購入(サンパウロ)
  • ドラード(カラシン科の黄金の魚)、5年間釣り禁止(マットグロッソドスル)
    ―約8万~80万円の罰金
  • 犯罪者の情報提供に賞金(セアラー)
  • 大雨で道路冠水(リオグランデドスル)
  • スコールによる暴風雨で倒木と洪水(サンパウロ)

 

■1月11

  • 2018年インフレ率3.75%
  • ウクライナ人、水道橋で刺される(リオ)
    ―リオでの観光は非常に危険
  • 雨でコンゴーニャス空港、50分閉鎖。飛行便キャンセル(サンパウロ)
  • 橋で爆弾爆発(セアラ)
  • 逮捕者、287人に(セアラ)

 

■1月10

  • 麻疹、1万2千人に達する
  • 退役軍人の年金、普通年金いじょう。国庫に負担
  • 金曜日に反バス料金値上げデモ
  • 気温45度、動物園では動物たちに氷をプレゼント(リオ)
  • 消息不明になったボリビア人家族の死体、イタケーラで発見(サンパウロ)
  • 政府、先住民の土地の境界見直し

■1月9

  • 出生数、減少後再び戻る
    ―2017年は前年の2.1%増し。減少原因はジカウイルスによる小頭症と経済危機?
  • コミュニダージ近くで警察官、撃たれる(リオ)
  • スコールの大雨で倒木など被害(サンパウロ)
  • 銃所持の規則緩和、と大統領

 

■1月8

  • バス・メトロ値上げ反対デモ(サンパウロ)
    ―いつも上がってから行われる。何かあるのか?
  • 郊外10市町村で大雨で被害(サンパウロ)

■1月7

  • バス・メトロ、4.3レアルに(サンパウロ)
    ―思ったほどの抵抗(デモ)がなかった
  • 契約調整要求で多くの高速道路などの建設が中断(サンパウロ)
  • 高級住宅街で強盗と警察銃撃戦、2人怪我(サンパウロ)
  • 20以上の市町村で攻撃受け、これまで110人逮捕される。軍から300人派遣(セアラ)
  • 地中深部でM6.8の地震、被害なし(アクレ)

 

■1月5 

  • メガ・セナ(ロット)、今日当選発表。賞金1億円以上
  • バス、建物爆破など3日間で40回近くの襲撃(セアラ)
  • 派遣軍、今日から活動開始(セアラ)
  • メトロ、線路に入り込み死亡した3歳児を連れ出すのに1時間遅れる(サンパウロ)
  • ペトロブラスのプラットオームで4900リットル以上の石油漏れる(リオ)

 

 

■1月4

  • 警察署、爆弾で攻撃される(セアラ)
  • リオ市長の息子、妻へのVDで逮捕される(リオ)
  • 30人以上の観光客が観光ポイントで強盗被害に(リオ)
    ―まともに観光もできない
  • 警察署への攻撃後、軍の派遣を要請(セアラ)
    ―つい数年前までは軍の要請などかんがえられなかった
  • 49%の国民は、キューバ人医師なしでは健康が悪化
  • ベロモンテダム近くの先住民の土地、伐採業者に侵略受ける 

 

■1月3

  • 新年休暇の州高速道路、死亡者数減る。飲酒運転などの規則違反は倍増
    ―全国で70人死亡、去年は87人
  • ジョン・デ・デウス(セクハラで逮捕された霊能者)、健康障害で入院
  • 新しい法令、運転手だけでなく、自転車乗り、歩行者も罰金の対象に
  • サソリに刺される事故止まず

 

■1月2

  • ボルソナリオ、新大統領に就任
  • 65%のブラジル人が新政府にOTIMO(大変良い)

 

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月 12月  
≫2018:1月 2月3月4月 5月 6月7月8月 9月  10月12月

>>2019:1月

studio crystal