ブラジル一言速報2018年12月

.>>2017:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月 12月
≫2018:1月 2月3月4月 5月 6月7月8月 9月  10月

12

■12月29

  • ジョン・デ・デウスの1億4500万円預金の口座を差し止め
  • バス料金4レアルから4,30レアルに値上がり(サンパウロ)
    ―またデモの嵐になるのか?
  • メルコスルのナンバープレート使用展開延期
  • 3歳の男の子メトロに敷かれ死亡(サンパウロ)
  • 失業率11,6%、1200万人
    ―実質はもっとおおいはず
  • テーメル大統領、最悪の不支持率82%を記録
    ―在職中、支持率が発表されることはほとんどなかった

 

■12月28

  • 街道、年末サンパウロ脱出の車で一杯(サンパウロ)
  • 歌手シッコ・ブアルケの兄弟で歌手Miúcha、81歳で亡くなる
  • カンドンブレ(アフリカ系の宗教)の指導者Mãe Stella de Oxóssi 93歳で亡くなる(バイア)
  • 毎年年末恒例のサンシルベストレハーフマラソン3万人参加(サンパウロ)
  • インディオを保護するFunai(国立インディオ保護財団)のベース、侵略者に攻撃される

 

■12月27

  • 元知事、元補佐官に暗殺される(エスピリトサント)
    ―ブラジルはよく政治家が殺害される。金儲けができても政治家は命がけ
  • 美容師を殺害した男、ホモであることを否定
    ―美容師はホモが多い
  • クリスマス祭日に89人が事故で死亡
  • 市議会、福祉改革を最終投票で承認(サンパウロ)
  • 老人、混乱して歩道橋を車で上がる(サンパウロ)
  • ビーチの4分1しか入浴に適さず(サンパウロ)

■12月26

  • ルーラ元大統領、監獄にいたままで友人の葬式に出る事を依頼するが、裁判所拒否
    ―収監されていることにたいして勘違いしている
  • パウリスタで刺殺犯人「ゲイは死に値する」の言葉残す
    ―男同士でも、ゲイに間違えられるので安心して歩けない
  • 2人組、クリスマスパーティを襲撃。2人死亡、5人負傷。動機不明(サンパウロ)
    ―クリスマスに犯罪が起きる事は、以前なかった
  • 年末の沿岸部警戒に2758人の警察官が出動(サンパウロ)
  • ギャング、銀行爆破。警察到着を防ぐために街道封鎖(サンパウロ)

 

 

■12月23

  • ジョン・デ・デウス(逮捕された霊能者)、1日約20人の女性にセクハラ
    ―糖尿病らしいが、とんだ女好き
  • スーパーで現金輸送車が襲われる
    ―ここ数年次々と現金輸送車が襲われる。まるで映画
  • 鉱業会社、25%のアマゾン先住民の土地の開発を望む
    ―次期大統領が開発をするようなことを言っているのが心配

■12月22

  • 30人以上の患者の顔を変形させた医者、逮捕(ゴイアス)
    ―整形はうまくいくとは限らないので怖い
  • ボルサナーロ(次期大統領)刺した男の弁護士代を誰が払ったのか、弁護士事務所を捜索
    ―刺してすぐに2人の弁護士がついたらしい? ので不思議に思っていた
  • ジョン・デ・デウスの家宅捜査で大量の貴金属と札束がみつかる。(ゴイアス)

 

■12月21

  • 街道の死の危険、年末20%増加
  • 初めて法律を学んだブラジル先住民女性、国連の人権賞を受賞
  • サンパウロ連邦裁判所、ボーイングのエンブラエル(航空機製造会社)の買収を却下
  • オザスコ市の秘書、撃たれ死亡(サンパウロ)

 

 

■12月20 

  • ガソリン料金8週連続で下がる。1ℓ平均4,365レアル(約130円)
  • 宣教師、インディオに布教するためにパイロット免許取得
  • 議員、約1450万円、庭に埋め隠す
  • 腐敗に関与した54人の警察を逮捕(サンパウロ)
  • サンパウロ34.4度、リオ34度を記録
  • マナウス、約2500人が火事で被害(アマゾニア)
  • 1月~11月、警察・軍によって射殺された人数1440人、1日4.3人(リオ)
  • 妊娠中の妻殺害で医者逮捕
  • 車罰金、カードで分割払いOK
    ―なんでもカード払いになった。

 

  ■12月19

  • 裁判所、ジョン・デ・デウス(ハラスメントで600人以上に訴えられた霊能者)に人身保護令状を拒否
  • メガセナ(ロットクジ)持越しで賞金約14億円
  • 犯罪者の顔認識システム配備始まる(リオ)
  • ドリア次期知事他4人に職権乱用の裁定求める(サンパウロ)

■12月18

  • マナウスで600家、火災。2人負傷(アマゾニア)
  • 街道で事故、3人死亡(サンパウロ)
  • 今夏、平均以上の降雨と暑さ
  • 燃運搬トラック、6台以上が火災(リオ)

 

 ■12月17

  • グァリュロス空港で4日連続して15.5%の飛行機に遅れ(サンパウロ)
  • ジョン・デ・デウスの弁護士、糖尿病などから家庭監禁を願う
  • PCC(犯罪組織)、議員と秘書殺害を計画
  • 海岸で1人死亡2負傷(サンパウロ)

 

■12月16

  • サンパウロ、急激な猛暑にセントロで路上温度計38度(サンパウ)
  • ジョアン・デ・デウス(強姦罪で訴えられ霊能者)の娘も強姦の犠牲者
  • 裁判所、ジョアン・デ・デウスの拘留を命じる(ゴイアス)
  • 暴風雨で倒木(サンパウロ)

■12月14

  • 300人以上の女性が、霊能者ジョアン・デウスをセクハラで訴える
    ―逮捕された産婦人科医のそうだが、犠牲者が驚くほど多い
  • メトロ6線、契約破棄で工事ストップ(サンパウロ)
  • 警察、議員の暗殺計画を発見(リオ)
    ―ブラジルでは政治家の暗殺事件は多い。過去大統領も暗殺された

 

 ■12月13

  • 問屋街25・デ・マルソで火事(サンパウロ)
  • 連邦政府、ベネズエラ難民が押し寄せるロライマ州に60億円移譲すること承認
  • 78人のゴイアス州の女性が性的暴力で霊能者ジョン・デ・デウスを訴える(ゴイアス)

 ■12月11

  • うつ病の男、カンピナス大聖堂で発砲。5人死亡11人怪我。その後自殺(サンパウロ)
  • ヴェネズエラ難民が流入するロライマ、議会で政府介入の法令を承認する(ロライマ)
  • 新大臣、レイプ犠牲者に対する基金のプロジェクトを守る

 

■12月10

  • 連邦政府介入,今年一杯(ロライマ)
  • 最高司法裁判所、ペゾン知事を釈放することを否定(リオ)
    ―どうしてリオは政治家の汚職が多いのか?
  • AV.パウリスタで約50人の若者暴動。警官と衝突(サンパウロ)
  • MST(農地選挙運動組織)の武闘派2人、殺害される(パライーバ)
  • 年末をもっとも安く過ごせる観光地は、ノルデステ(北伯)
    ―おそらく旅行会社・飛行機会社の提灯記事だろうが、かなり治安が悪い。

 

  ■12月8

  • 学生、軍大学の爆破を報告(サンパウロ)
  • 70%の企業、高い貨物輸送の脱却図る
  • 強盗失敗で人質取り12人死亡(セアラー)
    ―ブラジルでは強盗失敗するとたいてい人質を取りマスコミを呼び投降。警察に撃ち殺される可能性が大だから

 

■12月7

  • 最高裁判所、グナヴァラ宮殿は皇族のものではなくウニオンの物だと決定(リオ)
  • バス、銀行に突っ込む。2人負傷(リオ)
  • 選挙活動中の次期大統領を刺した男、依然として不明点残る
    ―事件後すぐに弁護士がついたのも?
  • 警察、エスコーラ・サンバでマネーロンダリング捜査(リオ)

 

  ■12月6

  • 市、麻疹対策(サンパウロ)
  • 2019年カーナバル・デ・ルア(路上カーニバル)、60%以上増える予定(サンパウロ)
    ―サンパウロのカーニバルの形態が参加型に変わってきた

■12月5

  • 毎年恒例のパウリスタ大通り花火、今年音なし(サンパウロ)
    ―詳細は発表されていないが映像じゃなかろうか?
  • トラック運転手、ストについての会話をwhatssapで
  • ノルウェー、アマゾンの森林伐採減少後、アマゾン基金に80億円寄付
    ―日本・中国もこれくらいの寄付はするべき
  • 銀行とロッテリア(宝くじ)の襲撃で6人の強盗と1人の人質死亡
    ―年末になり銀行などを襲う強盗事件が増加している

■12月3

  • 強盗団、車を燃やし2つの銀行支店を爆破(サンパウロ)
  • ボルサナロ次期大統領、4党の支援を受けることに
  • カフェフール(フランス系スーパー)の職員に犬が暴行を受け死亡?に対して抗議
    ―ブラジルは、人間以上に動物が虐待を受けることに厳しい。
  • ズレ落ちた橋修復(サンパウロ)
  • 知事の息子に月に約220万円調達(ロライマ)

 

  ■12月2

  • コンゴニャス空港悪天候で78%のフライトが遅延やキャンセル(サンパウロ)
  • 大雨でチエテ川周辺道路冠水。大渋滞(サンパウロ)
  • カンポ・デ・マルテ空港周辺で軽飛行機墜落で2人死亡(サンパウロ)
  • 過去10年間に平均2日に1回飛行機事故を記録
    ―2008~2018年に1704機の事故発生。死亡者846人.原因はエンジントラブルと飛行機制御の問題

 

 

■12月1

  • 逮捕されたパロッチ元大臣、ルーラ、ジウマ元大統領らの不正行為などを喋る
  • ノルデステ(東北伯)に海に浮かぶ太陽光発電所
  • バス橋から落ち重軽傷者多数(ミナス)
  • 歯医者、兄弟3人を殺害。逮捕(サンパウロ)
  • プールに落ち2時間後に赤ん坊蘇生

.>>2017:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月 12月
≫2018:1月 2月3月4月 5月 6月7月8月 9月  10月

studio crystal