ブラジル一口・ニュース2018年8月

8月

■8月31

  • 23歳女性撃ち殺される(サンパウロ)
    ―痴情のもつれからのようだが、ブラジルはほんとに多い
  • 700人の軍が国境に派遣される(ロライマ)
  • CPTM(郊外列車)の駅で無料WIHIテスト(サンパウロ)
  • グローボ・グループ(TV局が中心)2000~2016年に広告で政府から約33億円受け取る
    ―政府の都合の悪いことは放送せず、デモにいくと非常に評判が悪い。大衆から嫌われデモ取材もできないほど

 

■8月30

  • 青年、バスの天井(外)で60キロ以上7時間旅行。その後救急治療室へ(パラナ)
  • テーメル大統領と最高裁判所、給料の16.3%値上げを同
    ―国民の最低給与の値上げ率より多いのは何故?
  • 2018年の選挙、LGBTの候補者386%増し。
    ―ブラジルで日本のような差別発言をすると大変なことに
  • ファベーラの捜査で1人死亡(リオ)
  • ブラジルの人口、2億800万人超える

■8月29

  • 選挙管理委員、ルーラ元大統領率いる連立政権のテレビ局に対する控訴を棄却
    ―PT党の宣伝等がテレビ番組で扱われないTV局にたいしてらしい
  • 政府、ロライマ州(ヴェネズエラの国境)に軍派遣を許可する
  • 麻疹の予防注射、70%以上の子供が受ける(サンパウロ)
  • 187人のヴェネズエラ人をサンパウロ、ジョンペンソア、マナウスへ。
  • 海外からの国際郵便より高く

 

■8月28

  • 今週、270人のベネズエラ難民が6州に移転(ロライマ)
  • メトロ内の痴漢、人ごみに隠れ確認できず(サンパウロ)
  • アルキミン元サンパウロ知事、ボルソナリオをトラックストに賛辞したと批判
  • 候補者、大統領選に計約28億円使ったと申請
  • 中国人殺される(リオ)
    ―中国人はタンス預金を持っているとブラジル人に知られている

 

■8月27

  • 少女、遊園地の遊具から投げ出され腎臓摘出の事故(ゴイアス)
    ―ブラジルの遊園地の施設は不備がありそう。
  • 議員の家で4人が撃たれる(ミナス)
  • 交通事故で4人死亡(ミナス)
  • サンパウロの町、冷え込む。2度を記録したところも(サンパウロ)
    ―市内のセントロは日中もずっと18度以下だった。
  • 学生と一緒に改装した建物、2018年世界教育建築に選ばれる
    ―学生に壊されなくて良いかもしれない
  • ベネズエラ難民、悲惨な公共サービス施設で生活
    ―多くのブラジル人が路上生活をしている中、良好な生活は期待できない。
  • 刑務所の公園の変質者(7女性殺害、強姦、盗みなどの罪)、2028年に解放予定(サンパウロ)
    ―本当は280年の罪らしい。死刑のないブラジルは罪人に優しい
  • ジャララッカ(毒蛇の一種)、公園で簡単に遭遇(サンパウロ)
    ―サソリはいるし、毒蛇も。

 

■8月25

  • ルーラ元大統領のクリチバ刑務所入りは経済効果があるが、付近に暴動や衝突を招く
    -ルーラが大統領選に出たら38%の確率で当選すると言われている。現在当選率1位
  • 多くのブラジル人が難民を歓迎せず
    ―ブラジル国内に失業者がわんさかいるのに歓迎する人がいるとは思えない
  • 寒冷前線は週末に南伯に竜巻、雪をもたらす

 

■8月24

  • ベネズエラ、近隣諸国に依存するロライマ州の電気停止を脅かす(ロライマ)
    ―ロライマ州は3300万ドルの負債がベネズエラにあるらしい
  • 裁判所、留置所の5人の若者を捜査中解放(リオ)
  • アナローザ、ビラマリアーナ、サコマンメトロ駅周辺で強姦が頻発。(サンパウロ)
  • 調査で1600人の医師が登録されていないことが発覚(リオ)

 

■8月23

  • パカライマ(紛争のあった町)、通りから人どおり消える(ロライマ)
  • アルキミン(元州知事)、東北伯の票期待なしで大統領になる難しい挑戦に直面-
    これまで東北伯出身の大統領が多い
  • 派遣軍の捜査中に軍から3人目の死亡者(リオ)
  • Nuzman,辞任。IOC投票購入を否定
  • FUNAI(インディオ・ナショナル基金)、ドローンで未接触文明インディオを撮影
  • パカライマの学校、ベネズエラ難民の子供で一杯(ロライマ)

 

■8月22

  • 派遣軍隊、死亡。遺族に2歳の子供(リオ)
  • ドクター・ブンブン(逮捕された美容整形外科医)、工業用シリコン使用を認める(リオ)
  • ダッタフォーリャ調査によると大統領候補の投票確率、ルーラ39% ボルソナリオ19% マリーナ8% アルキミン6%
  • ブラジルはもっともサルの生存が脅かされている国のひとつ、研究者は述べる
  • 政府、ヴェネズエラ難民を別の州に移送を望む
  • クバトン火災で17の小屋が全焼し42人が焼け出される(サンパウロ)
  • ベネズエラ人襲撃の被害者、「良い人は大歓迎」と述べる(ロライマ)
    ーブラジル人の中にはこんな良い人もいる。

 

■8月21

  • 国境閉鎖(ブラジルとベネズエラ)は国際法違反、と弁護士
  • 「この戦争には終わりがない」軍の捜査後13人(軍人2人)が死亡(リオ)
  • 警官、未成年殺害、逮捕(サンパウロ)
  • 投票率調査、ロマリオ(元セレッソン)、ガロチーニョ(元市長汚、職事件で逮捕?)、パエス同率(リオ)
    ―すべてひどくて選ぶのが大変そう
  • 警察捜査、リオ・ニテロイ橋の銃撃戦で終了(リオ)

 

■8月20

  • ブラジルとベネズエラの国境で、ベネズエラ移民とブラジル人との間でいざこざ(ロライマ)
    ―いざこざの後1200人のベネズエラ人がブラジルを後にした。ベネズエラは大統領を変えない限り移民はなくならないと思う。世界中で問題が噴出しはじめた。今後日本も混乱が?
  • 女性に対する暴力プログラムに対する予算2014年以来79%の削除
    ―ブラジルは男尊女卑の国だが。南米諸国はもっとそうらしい
  • エバンジェリカ教会とインターネット、ブラジルで学校の役割を果たす
  • 専門家、今夏シクングーニャ熱の流行の予想
  • テーメル大統領、ベネズエラ移民流入増大で治安不安のためロライマに軍派遣を発表
  • パラシュートが道路におり、事故死(サンパウロ)

 

■8月18

  • 議会内のネットをハッカー、攻撃
  • ルーラ元大統領の大統領立候補、9月初めに決定
    ―何故こんなにのびのびになるのか?
  • バーでは、大統領選の討論を完全無視(サンパウロ)
    ―飲み屋で放送を流しても・・・
  • 討論会でマリナ・シルバ(環境問題で世界的に有名)とボルソナリオ(右翼)候補者、女性の権利で対立

 

 

■8月17

  • いとこの前夫、女性殺しの容疑(リオ)
  • 携帯盗み殺害容疑者逮捕
  • ロマリオ(もとサッカーブラジル選抜)、選挙候補者テレビ討論会で自分は黒人(リオ)。
    ―選手のときは混血としていた。票を狙って?
  • 6か月の軍介入後、組織と軍との衝突増え死亡者数増える(リオ)
  • 母親、息子のファンク歌手殺しの犯人を知っている
    ―仕返しが怖い??
  • ロマリオ、選挙戦トップの予想(リオ)

 

■8月16

  • 父親殺しの企業家、精神鑑定。(サンパウロ)
    ―ブラジルには精神を病んでいる人が多いように思う
  • ファンケイロ(ファンク歌手)遺体で発見(リオ)
  • 南地区のモノレール施設建設停止(サンパウロ)
  • 大学の研究施設が爆発。3人怪我(リオ)

■8月15

  • MST(土地なし農民)ルーラ元大統領の協力に5000人分のテント分約800万円要求
  • 麻薬取引の関係警官31人逮捕(サンパウロ)
  • ハダジ(ルーラの副大統領候補)招かれず、ヘッジTVのPT党ルーラ候補者席が空
  • MSTのルーラ候補者?のデモ隊、ブラジリアに到着(ブラジリア)
  • 13年後、ブラジル銀行襲撃事件の参加者逮捕
    ―ブラジルの警察もしつこいのである
  • ブラジルの未成年の6割が貧しい家庭で生活
  • カブラル前リオ市長(汚職事件で逮捕)が言う。「裁判長が約2億円を受け取った」
    ―ブラジルは裁判長も政府も腐っている。日本も同じようになりつつあると思う

 

■8月14

  • 娘と横断中に撃たれて女性死亡。原因不明。
  • 女性の恋人がナイフで殺害(リオグランデドスル)
  • 5人を敷いたドライバー、助けを呼ばず逃げる(リオ)
    ー金・土曜日の朝はディスコで踊り明かした人間が飲酒運転する可能性が高いので要注意

 

■8月12

  • ウジミナス、先週金曜日爆発後、活動再開。
  • ―爆発で34人怪我
  • 新車販売、約36%上昇
  • 未成年、列車の中で流れ弾に被弾(リオ)
  • フロリアノポリス虐殺事件の犯人、テレビでその方法を知る
  • ブラジル人、南アメリカ諸国で安全に中絶できる国を求める

 

■8月11

  • スリランカ大使、詐欺容疑で解雇される
  • 大学教授、人身売買で逮捕される
  • 中絶で3人の女性死亡、医師有罪(リオ)
    ―ブラジルではまだ中絶禁止
  • 学生、強盗に携帯渡すも胸を撃たれ死亡(サンパウロ)
  • ―最近の強盗はモノを渡しても撃ってくるから怖い

 

■8月10

  • 家庭内暴力、ブラジル1時間に25件発生
    ―25件ということはそれ以上
  • ボルソナリオ候補者に対して、ハダジ元市長(ルーラの副大統領候補)が第2ステップで共闘
    ―ボルナリオが大統領になったら悲惨だから、ハダジ、アルキミンを応援したい
  • 最高裁判所職員の給料値上げは提案は議会にとって爆弾
    ―最高裁判所がこんなことするから誰も政治を信頼できなくなる。
  • 「最高裁判所職員給料の値上げはブラジルにとってよくない」カルメン・ルシア(最高裁判所の大臣)
    ―こういう正しい考えの大臣がいると救われる
  • 2017年63880人殺害される。今までの記録に達する。
    ―今年は記録更新ということか

 

 

■8月9

  • 最高裁判所、公務員給料16.38%の値上げを了承
    ―自分たちの給料の値上げはすぐに了承。これですべての給料があがる。
  • ブラジルの児童婚禁止の提案が最終段階に入る
  • 上院、トラックストライキ終わらせる交渉の一環として2つの前提措置を承認
  • ブラジルで1100人の痲疹感染を確認
  • 軍の捜査で1人死亡(リオ)

 

■8月8

  • ベネズエラとの国境再開されるが、人道的問題つづく
  • PCC(犯罪組織)の拡張、教会や企業の拡張と同じ原理
  • アクリマソン区(東洋人が多く住む区)の建物崩壊危機で住人退去。技術者が調査後解除。(サンパウロ)
  • トラックが一歩通行の道を逆走し2人死亡(リオ)
  • 8人の大統領候補者がTVバンド出演
  • 検察官、大統領選までのフェイクニュースに対策立てる
  • 警察、警察官殺害容疑者を逮捕(サンパウロ

 

■8月7

  • 刑務所を造ることはPCC(犯罪組織)の強化につながる
  • 最近降った雨は水の供給に不十分(サンパウロ)
    ―曇って寒いがあまり雨は降らない
  • アプリ、大統領候補選びに役立つ
  • 司法大臣、ベネズエラとの国境封鎖に否定的
  • ジョゼ・セーラ議員(PSDB党)、前立腺がんと診断される
  • 元サッカー選手、エヂルソン、フロリアノポリスの刑務所に移転される
    ―別れた女性への養育費遅延で逮捕。ブラジルはこのパターンが多い

 

■8月6

  • 麻疹、月曜日から予防注射はじまる
  • 2017年1月の刑務所暴動から、約79人が行方不明
  • 息子、父親殺しの容疑者(サンパウロ)
  • 今週、温度が下がる予報(サンパウロ)
  • バスで夫が隣にいる中、妻双子産む。
  • 大統領候補者、既に13人
  • 宗教バスで半トンのコカインみつかる(パラナ)
    -宗教も何もしんようできない。
  • 給料5%アップを要求して郵便配達員 スト

 

■8月4

  • アルキミン前サンパウロ知事、1300万人以上の失業者を生み出したとPT与党の前政府非難。
  • ルーラ元大統領ノルデステでは56%の支持率。
    ―候補者になれれば。
  • サンパウロではボルソナリオ19% アルキミン16%の支持率
    ―どちらがなっても悲惨

 

■8月3

  • 行方不明になった警官の死体,同区域でみつかる(サンパウロ)
    ―人々の警官にたいする尊敬が薄くなった? 
  • ニカラグアで撃たれて亡くなった医学生の身体レシフェに戻る
    ―海外でのブラジル人の死亡・怪我などの反応は早い。同国意識が強い?
  • 最高裁判所で中絶の賛否議論
    ―ブラジルでは一般的に禁止されている
  • アベニーダ・ブラジル(リオの幹線)で発砲事件、1人死亡2人怪我(リオ)
  • 衝突事故で3人死亡(サンパウロ)
  • ブラジル人の59%が誰に投票するか無効にするかしら
    ―つまり誰が大統領になっても同じ,あるいは関心がないと考えている?

 

■8月2

  • 緊急で運び込まれた女性、病院で治療拒否され死亡(リオ)
    ―日本でもある話。世界中が同じになりつつある
  • 最高裁、テーメル大統領の港湾規制変更での不正調査を延長
    ―日本は、安倍があれほどひどいことをしているのに暴ききれない。政治は日本もブラジルも変わらなくなってきた
  • カンタレレイラ貯水池、39・6%に(サンパウロ)
  • 飛行機が墜落し、4人怪我(ゴイアス)
  • サンタカタリーナ州、リオグランデ州で零下も
  • 暴力事件が続く中、警官が標的に(セアラー)

 

■8月1

  • パライゾーポリスのファヴェーラで火事(サンパウロ)
  • 知事、カンタレイラ貯水池がデッドラインに入ることを避ける(サンパウロ)
    ―水不足になることは解っていたのに何もしなかった知事がアホ
  • 市内で雨が降ってもカンタレイラ貯水池何も変わらず(サンパウロ)
  • PT党(ルーラー元大統領、ジウマ前大統領の属する党)の創始者、エリオ・ビックード死亡
  • また、バス襲撃(セアラー)

 

studio crystal