ブラジル一言速報4月

4月

■5月2日

  • 警察を誘拐し殺害した容疑者情報に約13万円(リオ)
  • ショッピングセンターで銃撃戦、犯人1人被弾(サンパロ)
  • 流れ弾で、1人死亡、2人怪我後、デモでバスが放火される(リオ)
  • ―バスに放火しても仕方ないような?
  • 5人が殺害される(リオ)
  • 職探し平均1年
  • 義理の息子殺しで牧師逮捕(エスピリトサント)
  • ルセイラ刑務所、囚人暴動(サンパウロ)

 

■4月30

  • 警察を誘拐し殺害した容疑者情報に約13万円(リオ)
  • ショッピングセンターで銃撃戦、犯人1人被弾(サンパロ)
  • 流れ弾で、1人死亡、2人怪我後、デモでバスが放火される(リオ)
  • ―バスに放火しても仕方ないような?
  • 5人が殺害される(リオ)
  • 職探し平均1年
  • 義理の息子殺しで牧師逮捕(エスピリトサント)
  • ルセイラ刑務所、囚人暴動(サンパウロ)

 

■4月28

  • ルセイラ刑務所、囚人暴動(サンパウロ)
  • 学校構内で流れ弾に11歳少女被弾(リオ)
  • 軍介入2か月間、発砲、流れ弾の死亡者増加(リオ)
  • ブラジルの住宅、3分の1が下水なし
    ―初めて知って驚いた
  • シュラスカリア(ブラジアンバーベキュー店)で賞味期限切れの肉使用(サンパウロ)
  • 主要ターミナルからの直接接続41の町でなくなる(サンパウロ)

 

■4月27日

  • アンヴィサ(衛生局のようなもの)がカラーコンタクトの販売禁止
  • 11歳少女が14人に集団強姦される。(サンパウロ)
  • スポーツクラブの社長、銀行から出た所を撃たれ死亡(セアラー)
  • コマンドヴェルメーリョ(麻薬組織)の組員、整形手術前に逮捕される(サンパウロ)
    ―ブラジルは整形手術大国
  • ファヴェーラのバイレファンキ(路上ディスコ)に行った3人組、遺体で発見される(リオ)
  • バリリ市長、8歳の子供を強姦し、逮捕される(サンパウロ)

■4月23

  • 全州でインフルエンザの予防注射はじまる
  • ベネズエラ難民、国境越え無銭でブラジル・ボアビスタまで徒歩で200キロ(ロライマ)
    ―ロライマの国境が封鎖されたばかり。ボアビスタ周辺の治安は悪化?
  • 田舎の治安悪化
  • ―田舎は人がすくないので牧場などで襲われたらひとたまりもない
  • 豪華ボート、火災で沈没(サンパウロ)
  • 鉱山廃液漏れの地区住人飲料水がないまま(ミナス)
  • 売春はヴェネズエラ難民のひとつのオプション(ロライマ)
    ―あるいは犯罪。 日本のニュースサイトではこの窮状をまったく見かけない。
  • サンタルスでゴールドラッシュ。違法金掘り横行(バイア)
  • 麻薬密売の義父、息子を殺害し冷凍庫に隠す(サンパウロ)

■4月21

  • ブラジリア、市制58年
  • 薬物取引と派閥戦争、アマゾンは新しいリオ
  • フランス人、マンチケイラ山脈で行方不明
    ―ブラジルの山は自然だけでなく人間も怖いので登きにならない
  • 携帯盗難後、すぐに通りで約半額で売られる(リオ)
    ―盗難届をしても適当で何もしない、ほとんど意味がない。盗難携帯が売られていることが解っていてもなにもしない

■4月20

  • 国連、ブラジルで有害な蚊の撲滅にドローン試験使用
  • イギリスのラッパー、ケニー・ブルカン、行方不明に(リオ)
  • セントロで盗難携帯捜査(サンパウロ)
  • 15人以上を怪我させ、子供を死亡させた運転手、32年の刑(サンパウロ)
  • メトロ駅周辺の住人は市民4人に1人。多くは中高所得者。(サンパウロ)
  • ジルベルト・ジル、シリア・レバノン病院の高血圧の講義に参加(サンパウロ)
  • バス内で、強盗グループと警官が銃撃戦。警官、容疑者死亡(サンパウロ)

 

■4月18

  • 18日、15.7°今年最低気温記録(サンパウロ)
  • ―セントロは風が寒かったが温度は18°。ブラジル人は寒さには敏感
  • ルーラ元大統領の衣服、パスポート盗まれる
  • パチオドコレジオ(サンパウロ発祥の地にある教会)の落書き罰金約30万円(サンパウロ)
    ―罰金が少なすぎる。罰則が軽いから、こうした事件が起こる
  • パラーの刑務所暴動終わる。5人死亡、7人怪我(パラー)
  • タバコの密輸者逮捕

 

■4月17

  • 裁判所、郵便配達員の危険料認める(リオ)
    ―リオでは郵便を配達できないほど危険な区域が多いらしい。
  • メトロ駅で黄熱病の予防接種キャンペーン(サンパウロ)
  • サメに襲われ、足を切断、死の危険(レシフェ)
    ―レシフェの海はサメが多いことで有名
  • スポーツ用に作られた銃器が、40%の強盗事件で使用(リオ)
    ―これらの銃器はネットなどで簡単に買える

 

■4月16

  • モーテルで未成年の死体発見
  • 雨でサンパウロから海岸部への道路で地滑り(サンパウロ)
  • アルキミン知事の支持率36%(サンパウロ)
    ―サンパウロで36%では、大統領になるのはどう考えても不可能
  • 元大統領逮捕後、票を失う。
    ―逮捕されても未だに大統領選に出る?こと自体がおかしい
  • メガセナ(ロットクジ)繰り越しで賞金2億円

 

■4月14

  • 64歳女性が初産(ミナス)
  • スクール・ミニバスがトラックと衝突事故。乗車中の10歳少年死亡
  • テーメル現大統領、6月までに大統領候補決定
    ―まだやる気があるのか! 自分の不人気度をしるべき。右翼系のボルソナールよりはましだと思うが
  • ロライマ州、ヴェネズエラとの国境を封鎖
  • 汚職贈賄で逮捕されたマルフィ元市長、前立腺ガンが骨に転移(サンパウロ)

 

■4月13

  • 男、夫婦喧嘩から自分と妻にガソリンをまき自殺図る(サンパウロ)
  • カラコランジャ(麻薬常習者が集まる地区)、新たな混乱(サンパウロ)
    ―今まで、市長が何度も常習者の一掃を図ったができない
  • 元大統領の逮捕でレアル安

■4月12

  • カラコランジャで薬物使用者が暴動(サンパウロ)
  • 2019年予定のデング熱ワクチンの開発遅れる(サンパウロ)
  • コパカバーナの事故の犠牲者の一人、小児愛者で指名手配のオーストラリア人(リオ)
  • ―ブラジルに来る外国人は犯罪者が多い
  • 約1000万円分の銃器押収
  • 排水漏れで、鉱山会社アングロアメリカンに約14億円の罰金。
  • 大統領候補マリーナ氏、エレトロブラス(電機会社)の民営化に反対

 

■4月11

  • 5人の男にレイプされた女性、即対応できない警察を批判(ゴイアス)
  • 汚染されたチーズ、チョコレート等の販売禁止
  • 脱獄試みた囚人21人死亡(パラー)
  • パチオ・コレジオ(サンパウロ発祥の学校と教会)に巨大な落書き。一時的に閉鎖(サンパウロ)

■4月7

  • 汚職贈賄・マネーローダリングで収監中のマルフィ元市長、自宅監禁の刑になるよう要求
    ―今まで散々いい目をしてきたのだから、刑務所で刑に服するするべき! 政治家や金持ちは大気を払った弁護士を使って自宅監禁に持ち込むのが常套手段。腹立たしい
  • 青年殺害容疑で警官逮捕される(リオ)
  • フランスの新聞、大統領候補のボルソナーロを「男尊女卑、熱帯のトランプ」と紹介
  • ―彼が大統領になったら最悪。何故か人気がある。
  • カサビ元市長、ドリア市長の知事選を応援を発表(サンパウロ) 

 

■4月6

  • ルーラ元大統領、汚職贈賄で逮捕
    ―しぶとかった~。やっと逮捕
  • 国内ニュースはルーラ元大統領逮捕一色
    -今まで元大統領が逮捕なんてなかったような? ブラジルも少しずつ良くなり始めているということか

 

■4月5

  • 夫と友人との浮気の発覚後、妻が友人殺害
    ―ブラジル人のしっとは凄い
  • ルーラ元大統領の要求却下される
  • 銃撃戦で犯罪者2人死亡、1人けが(リオ)
  • 軍介入後も、盗難車増える(リオ)

 

■4月4

 

  • 総合格闘家、3人の男に殺害される(ベレン)
  • 2月、1日平均17台の車が盗まれる(リオ)
  • 学生、学校で流れ弾にあたる。(サンパウロ)
    ―安全ところはない
  • 水曜日、海外線の荷物が100%調べられる
    ―給料値上げのデモ行動。いやらしいやり方!
  • ブラジル各地で、ルーラ元大統領の逮捕を支持するデモ

 

■4月3

  • 女性、ガソリンスタンドで撃たれ死亡(サンパウロ)
  • 3月に26回以上の地震
  • 7人乗る車が事故で6人死亡(サンパウロ)
  • ボリビアの地震、ブラジルでも揺れ感じる
  • ドリア現市長がいなくなった後が心配される(サンパウロ)

 

■4月2

  • 牛泥棒、4頭の牛フィアット・ウノ(軽自動車)に押し込み、運ぶ途中に逮捕
    ―あの小さい車の中にどうやって4頭も押し込んだのか不思議
  • ブラジル人、世界一大きなチョコレートの家造る
  • お菓子運送するトラック横転し、子供二人死亡(サンパウロ)
  • 生徒がセクハラで教師を訴える(サンタカタリーナ)
  • 警官、今年30人目の犠牲者(リオ)
studio crystal