ブラジル一言速報7月

 >>2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 12月
.>>2017:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月

■7月31日 

  • 路上生活者の持ち物を撤去(サンパウロ)
  • コロンビアからの武器流入を調査
  • 2017年上半期の暴力事件増加(リオ)
  • 勤務中の警官死亡者数記録破る。459人死亡ここ14年で最高(サンパウロ)
  • 蜂箱を載せたトラック横転で100万匹以上のミツバチが道路を封鎖(サンパウロ)
  • 内陸ブラジリアで5度を記録(ブラジリア)
  • 早朝歩行者5人を轢いた車のドラバー逮捕(サンパウロ)
    ―これがあるから、飲酒運転の多い土日の朝の散歩はやめた
  • 流れ弾が妊婦に当たり、お腹の子供死亡(リオ)
  • 政府、過剰に徴収した電気代を返却
    ホント?? 人気取りの発表だけのことがよくある
  • ニーマイヤー、今週移籍か?
    ―それにしてもますます汚くなった。

■7月29日 

  • ファベーラで火事。鎮火で負傷者なし(サンパウロ)
  • ニテロイとゴンサーロ警察捜査で39人の麻薬密売人逮捕(リオ)
  • 武装国家防衛維持軍、8500人到着。12月まで警備(リオ)
    ―8500人の軍隊が町を警備するなんて、まるで戦場
  • テーメル大統領の辞任の判決投票中、マスコミの出入り制限。公共発表拒否

■7月28 

  • ブラジル大通り、1年ちょっとで1205件の発砲事件(リオ)
    ―戦地国以外ではブラジルの治安は最悪クラス。後進国と言われても仕方がない
  • 積み荷強奪事件、約25%増加(サンパウロ)
  • セントロの教会で鳩被害増加(サンパウロ)
  • タクシー運転手、ウーバーに抗議。交通網混乱(リオ)
    ―サンパウロでもタクシー運転手激怒
  • 消防局、遊園地の営業禁止。13人怪我(ゴイアニア)
    ―ブラジルの遊具は怖くて使う気にならない
  • パスポートの発行始まる
  • 警官死亡者数、過去14年で上半期最大を記録。2日に5人、計459人死亡(サンパウロ)
    ―銃器を所持する犯罪者がそれだけ多いということか 

■7月27 

  • 強盗犯に撃たれ女性死亡(サンパウロ)
    ―最近の強盗はすぐ撃つから怖い
  • アルキミン知事、大学での動物使用制限の法律案を拒否(サンパウロ)
    ―こんな法案を許していたら、牛豚などを殺すのも禁止になりそう
  • パラチ市でお祭り(リオ)
  • ドリア市長、ゴミ箱、バス停など公共物に宣伝許可(サンパウロ)
  • ボストン銀行詐欺で2人逮捕
  • 8月1日、メトロ、鉄道がストか?
  • サントマーロ駅で火災(サンパウロ)
  • 80歳以上の高齢者、公共機関等で他の老人より優先
  • 刑務所暴動で6人死亡8人怪我(ゴイアニア)

■7月26 

  • 40%以上の子供が貧困
  • ジャルジンス(高級住宅地)のスターバックスで黒人種差別(サンパウロ) ―ブラジルの人種差別はアメリカなどに比べ少ないかもしれないが根強い。
  • テーメル大統領、エスコーラ・デ・サンバの協力を約束(リオ)
  • テーメル大統領、94%の国民が拒否
  • SMT(土地なし農民の団体)、占拠した、テーメル大統領の友人農場明け渡し時を決めず
    ―政治色が強くなりすぎていて単に貧民が応動されているだけのような??
  • 政府、鉱業規則を変更、規制部局が作られる
  • 42日間、雨降らず。要注意(サンパウロ)
  • 予算不足で、市警察、警察署のサービスを中断検討(サンパウロ)
  • ショッピングセンターを襲った犯罪者、警官に発砲(リオ)
  • 映画「シダージ・デ・デウス」の俳優、警官殺しで起訴(リオ)

■7月24日 

  • 85万人の未成年が1日約260円以下で生活(バイア)
  • ミスRN(リオグランデノルチ)2017、強盗に冠、たすき等盗まれる(リオグランデノルチ)
    ―少しでも金目のものと思われとなんでも盗まれる
  • サラリーマンの半分が給与遅延(リオ)
  • パスポート待ちの列を無くすために、発行所は24時間体制
  • アマゾン、環境保護失う。環境保護団体、テーメル大統領と農業ビジネスを非難
  • 警官、pcc(犯罪組織)の女性組員初逮捕

■7月23日 

  • デイーゼル上昇で、食料品もねあがる
  • ショッピングセンターに強盗。銃撃戦(リオ)
    ―買い物も安心してできない社会になった
  • バス事故で7人以上死亡(ミナス)
  • 老人、蜂に襲われ死亡(セアラー)
  • 選挙管理委員会、投票機1台800ドルと発表
    ―大金をかけた投票で当選した大統領が汚職贈賄したら、たまったものではない
  • 警官殺害事件後、ファベーラを捜査(リオ)
  • 誕生日会に侵入した強盗犯、30人を人質(リオグランデドスル)
  • 精神病院での虐待は49%上昇

■7月22日 

  • ドリア市長、夜の福祉職員増員(サンパウロ)
  • 大統領、治安維持に800人派遣(リオ)
  • 高齢者(65~70)の自殺率あがる
    ―治安も悪いし、年金もきっちり支給されないとなると自殺が増えるのは当然
  • バスが事故に巻き込まれ7人死亡(サンパウロ)
  • 深夜、バス内で強盗と発砲(リオ)
  • ペレの息子、再逮捕(サンパウロ)
  • パスポート発行が日常に戻るのは5週間後

7月21日 

  • レシフェ、降雨211ミリを記録。24時間降る(ペルナンブッコ)
  • 道路洗浄で路上生活者排除される(サンパウロ) ―雨の日も、水不足でさえも、道路洗浄車は道路を洗浄。指示する人間は誰だろう?
  • 交通事故死亡者が増加、23.8%
  • 市、救急センターを開設(サンパウロ)
  • 病院の患者の列に強盗(リオ)
  • 路上生活者、ドリア市長を「殺人者」と呼ぶ(サンパウロ)
  • モーロ検事、ルーラ元大統領の3億円差し押さえ
    ―いくら元大統領といえど何故3億円も。やはり真っ黒

■7月20日 

  • 未成年のバス内強盗2倍に(サルバドール)
  • 東洋人街リベールダーデで倉庫火事(サンパウロ)
  • 2年で軍警、約3800人失う(リオ)
  • モーロ検事の決定で中央銀行、ルーラ元大統領の口座ブロック
  • テーメル大統領、パスポート発行のために補助金約35億円
  • 事故死亡者数、約24%増し(サンパウロ)
  • エイズ患者増加

■7月19日 

  • 脱獄を助けるために、手紙のやりとりにドーロン使用(サンパウロ)
  • 警察、「青いクジラ」の捜査。学生9人逮捕
  • 50都市で零下。雪だるまも(サンタカタリーナ)
    ―もっと寒くなると天気予報
  • 裁判所、エドアルド・クーニャ(汚職贈賄で逮捕された元下院議長)の刑務所生活維持
  • 路上生活者、寒さで死亡者(サンパウロ)

■7月17日 

  • ブラジル南部最大の麻薬密売人逮捕(パラグアイ)
  • ドリア市長、2017年の投資、約1500億円の削減(サンパウロ) ―市職員の、あの手この手の汚職が増えそう
  • Movimento Brasil Livre (MBL「ブラジル自由活動」団体)、落書きを禁止令をだしたドリア市長の家に落書きで逮捕される(サンパウロ) ―こういう対処法をみていると、今後権力を使って強行政治をしそうで怖い
  • ピクニック中にチエテ川で3人溺死(サンパウロ)
  • 知事、救急で運ばれる(リオ)
    ―以前から健康不良で知られる知事。なぜ辞職しないのか不思議?
  • 黒人弁護士、バー入場を禁止される(クリチバ・パラナ)
    ―ブラジルは人種差別がないように見えるが、実は根強くある
  • 消防職員、建物に登った落書き3人組を救助(サンパウロ)
  • 冷気団の進入で今週は冷え込み雪か
  • 199人死亡の飛行機事故からもう10年
  • 2400万人がFGTS(政府運営の積立金)を引き出す
    ―政府がお金をくれたと思っている人もいるらしい。人気取りために許可したテーメルの責任は重い

■7月15日 

  • 殺人者数減少、Varze Grande 62% ,Ciaba35%
  • 警察、バス内での強盗撲滅を強化(サルバドール)
  • 政府、アマゾンの国有林削減を提案
  • 麻薬密売人の殺されたことに怒った住民? がバス燃やす(サンパウロ) 4tのマリファナ押収(サルバドール)
  • 爆竹禁止令なるか?(サンパウロ

■7月14日 

  • 路上生活者殺害に警官5人関与(サンパウロ)
  • 環境保護活動家にとって、ブラジルは最も危険な国
  • テーメル大統領、承認された労働改革法案に署名
  • テーメル大統領の辞職勧告は8月か?
  • ウーバーなどのアプリケーション車、検査と登録が義務付けられる

■7月13日 

  • 年前半期で3712丁の銃器押収。25%の増加(セアラー)
  • ロットクジ、メガセナ、持ち越しで15億円
  • 学生の交通機関フリーパスの縮小に抗議デモ(サンパウロ)
  • 路上生活者、警官に撃たれる(サンパウロ)
  • 裁判所、パスポート発行を中止していたポリシアフェデラルに子供のパスポート発行命令
  • ルーラ元大統領の汚職贈賄罪、有罪判決。
    ―それでも大統領候補になれるらしい

■7月12日 

  • 家が倒壊。2体発見(ペルナンブッコ)
  • ブラジル人のメディア信頼、世界で2番目 ―国民のメディア操作がし易いということか?
  • サンパウロ市長、知事が属するPSDB党、「反テーメル大統領」に
  • コメディアン、チリリッカ、選挙のキャンペンソングに無断使用したロベルト・カルロスの曲に賠償支払い ―最初の当選当時は字の読み書きもできなかったらしい
  • 64%のミクロインプレーザが税金未払い(サンパウロ・リブロンプレット)

■7月11日 

  • 夕飯が遅れたことに夫腹を立て、妻殺害
  • 銀行強盗、警察官殺害(ミナス)
  • 静かにさせるために、父親、息子を火に入れる
  • 軍隊のトラック転倒し、1人死亡、25人怪我(ピアウイ)
  • シュラスカリアで撃ちあい。1人死亡3人怪我(サンパウロ)
  • 映画の舞台にもなったシダージ・デ・デウスで、警官隊銃撃戦で4人怪我(リオ)

■7月8日 

  • 貧困削除、健康保障など、ブラジルは国連目標を達成できず
  • トランプ大統領がブラジルの経済を称賛、とツイッターでテーメル大統領
    ―ちゃんとトランプとの会談はすべて発表すべきなのに、トランプを真似てツイッターで流すなって・・・。恥ずかし。トランプはブラジルのことを知らないだけだろう?
  • 事故後、盗まれた高級車が、金の弾薬、宝石とともに置き去りに(ミナス)、
  • G20からテーメル大統領帰国
  • 母親、クラック中毒の17歳息子をチェーンで繋ぐ(サンパウロ)
  • 土地占拠民のリーダー殺害される(パラー)
  • ブラジル人にとって、日本人のセックスレス摩訶不思議
  • テーメル大統領おろし活発化
    ー辞めようとしない手大統領に業をにやしたか・・・

■7月8日 

  • 82歳老人、卒業したもののお金が無く式に出れず、41年ぶりに式で卒業証書授与される
  • G⒛でブラジルには「経済危機はない」とテーメル
    ―嘘ばっか。こんな大統領が国の代表としてG20に行ったこと自体が恥ずかしい
  • サッカー選手、顔を撃たれ死亡(サンパウロ)
  • センテット(屋根なし住民)のデモ隊、線路に侵入
    ―貧乏だったら何をしても良いというわけではない。ブラジルは金持ちと貧乏人はほとんど何をしても許される傾向がある
  • デモ参加者を除去後、CPTM(近郊列車)営業再開(サンパウロ)

■7月7日 

  • 外国人観光客、コルコバードへの遊歩道で襲われる(リオ)
    ―ブラジルでのトレッキングやキャンプは危険
  • 警察、違法賭博の家閉鎖。22人逮捕(サンパウロ)
  • ジャスティン・ビーバー、壁に落書きで約70万円寄付(リオ)
  • 有名俳優が、smsで反テーメル大統領運動
    ―ここまできたらもう終わり
  • セントロで銃撃戦。4人死亡8人重軽傷(レシフェ・ペルナンブッコ)

■7月6

  • バイア州の築約300年の教会、修復に。11年後に再開(バイア)
  • USP(サンパウロ大学)、黒人の学生の少なさに、黒人学生「ブラジルの学校でないみたい」
  • 2016年の飛行機乗客数、前年より6.9%減少
    ―格安チケットを最近みるようになって変だと思った。この発表のせいか?
  • 14歳学生、学校で被弾(リオ)
    ―リオに行っても興味本位でファベーラにいかにように
  • PRF(交通警察)、割り当てられた資金で行える用パトロールを縮小
  • テーメル大統領、G20会議に出発
    ―こんなボロボロ状態・人気のない大統領が行って大丈夫なのか?
     

■7月5

  • 女性、ジュンジャイのミーティングに行くためにバス盗む(サンパウロ)
  • 今年一番の寒さ。最低気温4.4度。高原の町カンポスジョルドンでは0度(サンパウロ)
  • 麻薬地区カラコランジャ、一掃後にも暴動起こる(サンパウロ)
  • ⒛年の刑を宣告した裁判官を殺害しようと火をつける
    ―ブラジル人の執念深さには驚く
  • 淫乱元医師、救急車で自宅に戻り自宅軟禁に
    ―行ったり来たり。病気にかかろうが、歳をとろうが、監獄に置くべきだと思うが。この男はそれだけ女性を苦しめた
  • 期限切れの運転免許書、身分証明書として使用可能

■7月4

  • 警官募集、190人(ピアウイ)
  • ―ピアウイ州には警察署がない町があって驚いた
  • アララクアラ市、バス代2,85%上昇。3.6レアルを越える(サンパウロ)
  • カブラル元知事、バス会社から約41億円の贈賄(リオ)
  • バス・マフィアのボス、贈賄支払い証拠隠滅(リオ)
  • 最低気温6.3°、深夜2°。今年一番の寒さ(サンパウロ)
    ―寒い!! ノルデステの人は20°以下になると寒く感じるらしい
  • ペトロブラス3日後にサイン。ガソリン1.7%、ディーゼル2.7%上昇

■7月2

  • ファベーラ住人、コパカバーナで平和を求め集会(リオ)
  • バスストで市民大迷惑(ペルナンブッコ)
  • 患者に淫行元産婦人科医、刑務所に逆戻り(サンパウロ)
  • 女性、国会に侵入図る(ブラジリア)

■7月1

  • 橋から30m下に落ち女性死亡(サンパウロ)
  • デモ隊、空港占拠(サンパウロ)
  • 警察、誘拐されていた銀行員家族を救出
  • 貧民街マンゲイラで、76歳母と42歳娘、流れ弾で死亡。(リオ)
  • 裁判所、自宅監禁されていた元産婦人科医師を刑務所に送り返すことを命ずる
    ―当然! 罪を犯し刑務所に監禁されていても、金で強い弁護士をつけて自宅監禁に持ち込むのが政治家や金持ちの手。
  • サンパウロとリオでデモ、警官隊介入
  • 事件から15年、両親殺しのスザナ、監獄においておかれることを依頼
  • テーメル大統領、2001年にサントス港から贈賄(サンパウロ

>>2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 12月
.>>2017:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月

studio crystal