ブラジル一言速報

>>2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月

■10月30  

  • 雨不足で明日から電気料値上げ(サンパウロ)
  • 女性市議員の割合約4割
  • 投票場を国家防衛軍と警官が警備(リオ)
    ―オリンピック後、治安はどんどん悪化の様
  • 元与党PT党、議員激減。
  • コパカバーナ、レブロンなど、満潮高波が海岸街襲う(リオ)
  • マルセイロ・クリベイラ、市長に。キリスト教系新教エバンジェリコ系の党から(リオ)

■10月29  

  • ジョインビーレ・ボリジョイバレー学校で頑張る子供たち(サンタカタリーナ)
  • 鉄鉱山ダム決壊から1年、河岸の環境破壊で産業崩壊。鉱山会社、罰金、補償いまでに払わず。
  • 舟でシュラスコをしているところに強盗グループ、発砲(リオ)
  • 4mの大波相次ぐ。サーファーは喜び利用(リオ)
  • 南伯、暴風雨で被害
  • 船の出向・到着、アプリで(マナウスアマゾニア)

■10月28

 

  • 15人組の強盗犯がATMを爆破し現金強奪。2週連続(サンパウロ)
  • 市に金なく公共病院で検査できず。(リオ)
  • マデイラ川の水量が減ったために、船での運搬量減、日数もかかる(アマゾナス)
  • パナマ病に強いバナナ開発(サンタカタリーナ)
  • 117キロの暴風で怪我人(リオグランデドスル)
  • ブラジル人、男性より女性が消費傾向
  • 2少年家出、見知らぬ男にバイアからサンパウロへ連れてこられ,メトロ駅で置き去りにされ
  • 2015年、手術等の失敗で1日に1000人が死亡
  • 家離れて、サンパウロで予備校生活学生増える
  • 警察署の刑留所が満杯で3人の犯罪者、車中で1晩過ごす(リオグランデドスル)
  • 夕のスコールで街路樹30本倒木など被害。週末は冷気団の影響で気温下がる予報(サンパウロ)
  • 市長選決選投票の支持率、マルセイロ・クラベイロ1位(リオ)
  • オリンピック後、治安悪化。警官、給料も遅延。ガソリン代もなく自転車で見回り(リオ)
  • 大雨でサッカースタジアムの応援席がプール状態(サンパウロ)
  • 警察、改修などの要求で占拠された学校に踏み込み、学生補導(カンピーナス・サンパウロ)
    ―学校をよくするために籠った学生未成年を補導して、盗みをする未成年をそのままに。何かおかしい
  • Enem【全国大学共通試験のようなもの】は11月5日、6日。約800万人が参加予定
  • 1日170人死亡、死亡者、戦争中のシリアなみ
  • コパカバーナの商店で強盗2人組、逃げようとした女性つ。(リオ) ―「警備もなくなって今は強盗犯のパーティだよ」と住人
  • 贈賄容疑の企業家、イギリスへ逃亡図る(サンパウロ)

■10月27       

  • ボラの漁獲が絶好調(サンタカタリーナ)
    ー日本人はボラを嫌うが、ブラジル人は好む
  • 航空会社の人間が7キロコカイン密輸(サンパウロ)
  • 麻薬組織と警官が銃撃戦。学校休校で1500人の学生が勉強できず(リオ)
  • フェイス・ブックにヌードを載せると金要求。20人以上被害
  • 車の罰金もアプリで支払いに.40%の割引(サンパウロ)
  • サイドミラーを壊したことが.原因で刃物で殺害(サンパウロ)
  • 52歳男、子供誘拐図る。精神異常者か
    ―ブラジルは精神異ですます傾向が強い
  • クーニャ元下議長の妻と子供刑務所訪問(パラナ)
  • 警官の給料値上げ

■10月26       

  • 雷が落ち、綿工場が火災(サンパウロ)
  • 牛乳値下げ
  • 3人組強盗犯がおもちゃの拳銃で脅してクラブに侵入、車、金を強盗(サンパウロ)
  • ガソリンスタンドの注入器、13%増しの値段を表示(サンパウロ)
  • 10~15人組の強盗犯が、早朝銀行襲撃(サンパウロ)
  • ホコ天のパウリスタ大通りで誘拐未遂(サンパウロ)
    ー最近急に変質者が増えた感じがする。今までは報道されなかっただけか?
  • サンパウロ・ドリア市長、大統領と会見
  • マリアーナでの鉱山ダム決壊の罰金、サマルコ全く払わず(ミナス)
  • パウリスタ大通りで憲法(ペック)241改正案反対デモ(サンパウロ)
  • 診療所にジカビールスの検査キット。来月から約20分で検査可能

■10月25       

  • 球場での争いでコリンチャンスファン31人逮捕(リオ)
  • 今最も注目の検事モーロの給料は1ッ月約220万円
  • 静かなボヘミアンの町ヴィラマンダレーナ区、強盗増加。去年380人の泥棒逮捕(サンパウロ)
  • フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』、2016年のバロンドール(世界最優秀選手賞)の候補30人にネイマール。
  • 貯水湖水量42%で危険水域脱出態
  • コリンチャンス応援団と他の応援団との争い続く。試合で組織応援禁止。
  • 市内各地、暴風雨で倒木と冠水被害(サンパウロ)
  • 占拠していた学校で16歳生徒死亡。原因は麻薬使用しての喧嘩。(パラナ)
  • 盗難事件、増加。60%の強盗が携帯(サンパロ)
    ―町で盗難携帯販売人も増えた

■10月24       

  • コリンチャンスとフラメンゴの応援団が衝突
    ー球場は家族で行ける場所ではなくなった
  • 強盗に車襲われ、1人射殺される
  • 突然の大雨で車浸水被害、暴風で壁が倒れ車壊れる被害、誰の責任?
  • 22歳女性、嫉妬で24歳警官に射殺される(ミナス)
  • エタノール・アルコールの値段が上昇
  • クーニャ元下議議長、刑務所で一晩過ごす

 

■10月22       

  • 注射器男、バイアににも出現。手当たり次第に注射しまくる(バイア)
  • 53歳大佐、車にいるところを射撃される(リオグランデドスル) 
  • 100警官出動。麻薬・汚職事件捜査で53人を逮捕(ベロオリゾンテ・ミナス)
  • 2台のバス事故。10人が怪我
  • 市内北部など1日以上の停電(サンパウロ)
  • 血液バンク、血液不足、市内の病院の3日分(パラナ)
  • 客でいっぱいのスーパーで、暗殺事件(リオグランデドスル) 
  • 警官と麻薬組織が銃撃戦2人逮捕(リオ)
  • 南区の銀行でおろしたばかりの約16万円強奪される。犯人は、他地区で強盗したばかり。(サンパウロ

■10月21       

  • 沿岸部で舟やジェットスキーの強盗事件増える(サンパウロ)
  • 強姦グループ、2人逮捕、2人逃亡中(リオ)
  • マラカナン球場でフラメンゴ×コリンチャンスの試合チケット販売で混乱(リオ)
  • 気温が上昇し、蚊が発生し始める。注意呼び掛ける(サンパウロ)
  • クーニャ逮捕に同行した警察官が覆面施していることに注目浴びる(パラナ)
    ―クーニャの仲間からの危険回避?
  • 50人の学生が議会に侵入し、診療所の改修などを要求しデモ
  • 高音での音楽鳴らしながらの走行、罰金約5000円 ―たいていの音楽はファンク。深夜、早朝だけに腹立たしい
  • 市内、暴風雨で70本以上の倒木被害。西部では12時間停電も(サンパウロ)

■10月20       

  • クーニャの銀行口座封鎖するも口座の預金ゼロ
    ーどこまでずる賢いのか。
  • 警察と麻薬組織の銃撃戦で街道封鎖(リオ
  • 10億円の数字合わせ宝くじ、今日発表
  • 強盗グループがパウリスタ大通りのビル地下駐車場に侵入。警官と撃ちあい、逃亡(サンパウロ)
  • 前政権に比べ26%が良い、28%悪い
  • クーニャ逮捕に付き添う検察のサムライ風ヘアーが評判
  • 街道での走行、日中もライト灯火義務付けられる。無灯火罰金約2400円(サンパウロ)
  • 訪日中の大統領、阿部首相と科学技術協力、輸出入の協力など様々な分野で協力関係決まる
  • UFCチャンピョン、アルド・チアゴ、,UFCの代表と会見後、引退も
  • サンパウロ36°リオ42°記録。今年一番の暑さ
  • クーニャ元下議議長、汚職贈賄事件で逮捕される。(ブラジリア)
  • ―大統領がいない間に逮捕したのか? ルーラ元大統領の逮捕も願う
  • 刑務所で、麻薬組織PCCとCVの闘争で18人死亡2人怪我(ロンドニア)

■10月19       

  • 刑務所で、麻薬組織PCCとCVの闘争で18人死亡2人怪我(ロンドニア)
  • 男子学生殺し、350年の刑(リオ)
  • 刑務所、超満杯。不衛生で死人も
    ー死刑がない分、刑務所暮らしは死を意味する
  • 大雨で46の町が水没(リオグランデドスル)
  • ATMに機械しかけ情報盗む事件続発(サンパウロ)
    ーブラジルでATMを使う場合は注意が必要
  • コミュニダージのゴンドラ、職員の給料払えず開業5年で止まる(リオ)
  • 3人組、ラッシュで停止している車から強盗(リオ)
    ―もう、身を守るためには拳銃所持の許可をえるしかないのか?
  • レプブリカ・メトロ構内で無賃乗車しようとしたデモ学生と駅警備員が混乱(サンパウロ)
  • ピニェイロス区でATM爆破強盗(サンパウロ)
  • 刃物で脅してバス強盗(サンパウロ)
  • テーメル大統領、東京に。天皇と会見 
  • 患者の歯科医訴え増える

■10月18       

  •  
  • 病院、学校の給料遅延にも関わらず、議員の給料98%もあげる(ミナス)
  • ギャラクシー・ノート7問題に。携帯の爆発過去にも 
  • サンパウロ、日中35°を越える。リオは44°超えた海岸も                                                                              
  • 「失神ゲーム」がネットで拡散
  • 27の町で95キロの暴風雨で被害。車に倒木1人死亡(サンタカタリーナ)

■10月16                      

  • 2014 年約1400人のこどもたちが養子縁組
  • 薬が高いことに対して、パウリスタ大通りでデモ(サンパウロ)
  • 11月から飲酒運転罰、金約6万円が約8万円に
    ―罪が軽いために驚くほど飲酒運転が多い。飲酒運転の多い週末早朝は非常に危険
  • ショッピングセンターに強盗、人質とり立て籠もる。1時間後に釈放(サンパウロ)
    ―警備が厳しいはずのショッピングセンターに強盗犯罪が増えた

■10月15

  • バンから300キロのコカイン。車体が沈んでいることから(サンパウロ)
  • 日曜日から夏時間
  • 今日、約9億円のロットの発表
  • カネーラで28年続く世界の人形展(リオグランデドスル)
  • ギャラクシー7、機内は電源OFF義務付け
  • ベチン市、公務員の給料遅延で公共病院営業できず(ミナス)
  • ハイチに向け20tの物資寄付便

 

【南米】

  • ハイチでハリケーン大被害。1000人以上死亡(ハイチ2016-10-13)
    ーハイチ移民がまた増えそう
  • カリブ、ハリケーンで207人死亡 2016-10-07
  • コロンビア大統領、ノーベル平和賞受賞 2016-10-07
  • キューバに最近9年間で最大ハリケーン。(キューバ2016-10-05)

■10月14

  • 救急車のガソリンが無く、救急患者死亡
  • レシフェの国際空港から美容製品に紛れ込ませ2キロのコカインポルトガルへ密輸
  • 人気ファンキ歌手、無免許で高速運転で逮捕。釈放。謝罪(サンパウロ)
  • サンパウロではポン・フランセースの呼び名のパン各地で呼び名異なる。バイアではカセチーニョ、セルジッペではポンジャコ、その他ポンレッカなど
  • 30人の男が2銀行支店襲撃レシフェ・ペルナンブッコ)
    -警備が手薄な地方の銀行支店が襲われるようになった。今年だけで、全国1000軒以上の銀行が襲われる
  • スキューバーダイバー用の檻の中にサメが侵入。けが人なし
  • 無許可の映画の無料配信サイト摘発される。4人逮捕。月6万4000ヒット
  • 汚職贈賄事件で押収した、船やスーパーカーをレイロンで
    ーペトロブラスにお金は戻されるそう
  • サンパウロFCの応援団、暴れる。2010年113人が死亡(サンパウロ)
    ー角材、鉄棒で暴れるので怖い。もはやスタジアムは家族で楽しめる場所ではない
  • 暴風でコパカバーナのキオスクが崩壊。(リオ)
  • 210の学校で学生の占拠続く(パラナ)
  • メールやゲームができるスマート・テレビが人気
  • 大統領、インドの次は日本へ ―日本のブラジル人がどういう対応を見せるか? 帰れコール?
  • 全国各地にラバージャット(汚職贈賄などの不正捜査の名称)が吹き荒れる
    ―不正政治家が少しでも減れば良いのだが
  • 看板の禁止無視の商店、貼り紙禁止無視増える(サンパウロ)
    ―通報しても誰も来ないので、どんどん令は無視されるらしい

■10月13

  • バス運転手、ひき逃げ(リオ)
    ーブラジルではほんとうにひき逃げが多い。「怖くて逃げた」と言えばよいのだから
  • ピエロの仮面をかぶった強盗、パーティーに約20万円以上の被害(サンパウロ)
    ー世界で起きた犯罪をすぐマネするのはいかにもブラジル人
  • レイ・セッカ(飲酒運転禁止法)、より厳しく。罰金約5万5千円が約7万円に。身体障碍者用駐車場の駐車も罰金
  • 恐怖のピエロ、スザノにも。(サンパウロ)
  • ブリックスの会議に向け、大統領インドに
    ーまだブリックスが生きていた・・・
  • ゾナアズー(駐車券)がアプリに。不正ゾナアズーが無くなる?
    -今でさえ取り締まることができないので、不正はなくならない?
  • 2050年には年金生活者は3倍以上に
  • 前科20犯の男、早朝清掃員の携帯強盗(ミナス)
    ―金持ちだけでなく誰でも強盗をされる世の中に
  • 12%の車がリコールのまま走る
  • ショッピングセンターのフード広場で、椅子が原因で喧嘩。発砲3発(リオ) ―町にいらいらしている人が多くなったので喧嘩になり易い
  • 元大統領、エンリッキ・カルドーゾと現大統領が会議(ブラジリア)
  • 2050年には年金生活者は3倍以上に
  • 前科20犯の男、早朝清掃員の携帯強盗(ミナス)
    ―金持ちだけでなく誰でも強盗をされる世の中に
  • 12%の車がリコールのまま走る
  • ショッピングセンターのフード広場で、椅子が原因で喧嘩。発砲3発(リオ) ―町にいらいらしている人が多くなったので喧嘩になり易い
  • 元大統領、エンリッキ・カルドーゾと現大統領が会議(ブラジリア)

■10月12(こどもの日)

  • もっとも稼ぐモデルは1位ジゼル・ブンチェン、2位アドリナ・リマ。どちらもブラジル人
  • 「子供の日」ペットにもプレゼントをする人増える
  • お墓から盗まれたブロンズ像などを押収。犯人逃亡(サンパウロ)
    ー墓荒らしはよくある。ブラジル人は幽霊などあまり恐れていない?
  • 干害で農作物被害。ネグロ河4m水位下がる(アマゾン)
  • 2012年、コミュニダージで2500人以上が死亡。増加(リオ)
  • ショッピング・センターの宝石店に強盗。約460万円の被害
  • ナイジェリア人が空港に運ぶ57キロのコカインを押収(サンパウロ)
  • ―ここ数年アフリカ人によるコカイン密輸出が急増
  • 拳銃などの武器、警察のラジオなどを押収(リオグランデドスル)
  • ネットで盗んだ高級車販売、摘発。20台押収、4人逮捕(サンパウロ)
  • サンタエフジェニア区バイク店14軒、盗難車の販売で摘発
  • コリンチャンス応援団とパウメイラス応援団が球場への駅で衝突。
  • 13歳の少女含む3人が性暴行受け死体で発見(サンパウロ)

■10月11

  • ウーバーのようなアプリサービス、課税に(サンパウロ)
  • 約4億円のコインが家で眠っている状態。お釣りに困ったメトロがコインを交換(サンパウロ)
  • 携帯盗難増えるばかり。パウリスタ大通りは日曜日が危険(サンパウロ)
  • ゴミ回収人に弓を撃った中国人逮捕。収集人怪我(サンパウロ)
    ー韓国人に続いて中国人、どうしてこんなことをするのか? 日系人もこんなことをしないことを願いたい
  • 麻薬組織と警察のレブロン、コパバーナ、イパネマの銃撃戦。住人はパニックに。3人死亡8人逮捕(リオ)
    ―市内の有名地域でも銃撃戦。住人もパラオリンピック後1か月もしないうちに銃撃戦と驚く
  • 子供の日に買うおもちゃ、有毒材料使用を気にする人増える
  • スーツ姿のビジネスマン、寝ている路上生活者蹴る。警備カメラがとらえる
    ー路上生活者を足蹴にすることも恐ろしいが、ほとんどの路上ではカメラが見張っている世の中になったことも怖い

 

■10月10

  • 今年の「子供の日」、消費落ちる
  • ウーバー、3人組強盗に襲われる(サンパウロ)
  • トラックに積んだ50トンのダイナマイトが爆発、150軒が被害、50人が病院に(パラナ)
  • 州内、環境改善求め50の高校で学生が占拠(パラナ)

■10月8

  • コーヒー産地、ミナス州のコーヒー70%が海外輸出(ミナス)
    ーおいしいコーヒーが国内には少ないのは海外輸出のせい?
  • 現金輸送車襲われる(サンタカタリーナ)
    ー白人系が多く住む南伯は幾分治安が良かったが、どんどん悪くなってきた
  • カキ祭り、3万個のカキを売る(サンタカタリーナ)
  • トラベスチ(整形・女装の男娼)にタクシーの運転手、撃たれ死亡(サンパウロ)
  • 市、ピッシャソン(スプレー落書き)を消すのにかかる費用約2000万円以上(サンパウロ)
  • ―ピッシャドール(落書きする人間)にとっては「芸術」だとか。グラフィカソン(ペンキ絵)は芸術に認めるが
  • 市内北でメトロの列車襲われる。パニックに(リオ)
  • 140キロの大麻ピックアップ車から押収
  • 30以上の学校が学生に占拠される(パラナ)

■10月7

  • 父親、約10万円で子供をネットで販売
  • 強いペンキなどを使った基準以下のおもちゃ製造販売。3万個のおもちゃ押収。中国人、ブラジル人逮捕(フォルタレーザ・セアラー)
  • 学校内でのいじめ暴力事件が絶えず。殺人に及ぶことも。原因の多くは嫉妬
    ー20数年前にいじめのことを話すと「そんなものはないわ」と笑われたものだが・・・
  • お尻を盛り上げる整形手術で女性死亡
  • セントロ区の路上で肉、魚など不衛生の青空市摘発。客、売人とも多くは中国人。1最低給与の罰金で釈放(サンパウロ)
  • ガソリンポスト強盗事件頻発。働く従業員減る(サンパウロ)
  • 夫の殺害に、3人雇い約100万円払う。20数年の刑
  • 空港で約7億円盗まれる。8人組強盗、2台のトラックで逃亡(サンパウロ)
  • 税金の払い戻し始まる
  • 新市長、市内バス代、2017年据え置きを約束(サンパウロ)
  • 銀行スト終わる。給料8%の調整と約1万5千円の食料品と約10万円のボーナスで合意
    ―メトロ、バスも給料値上げストがおきそう
  • グラマード国際映画祭開催。約300本の映画が参加(リオグランデスル)
  • 月々のINSS(年金)支払い料金上がる
  • パラグアイからの麻薬等の密輸、議員が関与(マットグロッソスル)

■10月6

  • 全長25mの恐竜の骨がみつかる(リオ)
  • トカンチンス川、干害で住人驚くほど水量が減る。
  • 空港バスが襲われ、40人乗客が被害。一人逮捕、他は逃亡(サンパウロ)
    ー空港バスまで襲われるとなるとは・・・。海外客に評判が悪くなるので至急に改善されると思うが
  • 2016年選挙で議員数、PMDBとPSDB党が増加、PT減少(基盤の東北伯で50%減少)
  • ドリア新市長、自転道拡張プログラムを停止(サンパウロ)
    ーこれで、お金をかけた自転車道もパウリスタ大通り以外は廃れていきそう
  • 盗まれた証明書使われ、20日以上係留される
  • 市内の車制限速度アップに反対自転車デモ(サンパウロ)
  • 盗んだバスで衝突事故(サンパウロ)
  • 15歳少年、1歳の子供がいる車をモデルガンで襲う
  • 元ルーラ大統領、汚職贈賄事件で追い込まれる。約7億円の贈賄も発覚。逮捕の可能性大
  • 市内でのウーバー禁止(サルバドール・バイア)
  • 議会ではウーバー禁止、前市長は許可、複雑な状態(サンパウロ)
    ー市長が決まったばかりで混乱。今度の市長は悪そう

■10月5

  • ブルメナウのオクトーバーフェスト、6万リットルのビール準備(サンタカタリーナ)
  • 車に立小便に怒った持ち主が、殴る蹴るの袋叩き(カンポグランジ・マットグロッソ)
  • ブラジル人が1年に消費するコーヒーは平均5kg
  • ドイツ移民の町、ブルメナウでオクトーバーフェス。会場には4万枚のチケットを用意(サンタカタリーナ)
  • 強盗に、休暇の軍人含む2人が殺害される。今年507人殺害される。去年より増加(リオ)
  • 嫉妬で14歳少女、殺害する。
    嫉妬で殺害する事件はブラジルではよくある。ブラジル人の嫉妬は怖い。
  • ユーチューバー、月の収入100万以上も。
  • 英国、ブラジル人にも留学、移民が困難な国に
  • 休日はバス専用レーンも普通車利用可能。試し期間(サンパウロ)
    ―コロコロ変わるサンパウロの交通規則になれるのは大変
  • エネイ(全国共通大学入試のようなもの)、公立高校の成績悪化。学生の学力が落ちる。
    ―原因は職員のスト、学校占拠・・・
  • 2tのコカインをシャカラ(田舎の別荘)で押収
  • 国内金属・機械業界、少しずつ良い状態に。経済危機そこを打ったか?

■10月4日 

  • PT党の議員数、半減。
  • 逮捕された選挙法違反者が、選挙に当選し議員に。選挙違反者は全国で1000人以上(パライーバ)
    「これがブラジル」とアナウンサーもあきれ顔。それですましていいのか?
  • 銀行スト、29日目。全国50%の銀行がスト中。給料15%の値上げを要求
  • バンデランティスのモニュメントのスプレー・ペンキ、なかなか消えず(サンパウロ)
  • 無料乳がん検査、モロンビー球場で(サンパウロ)
  • パラグアイ、アルゼンチンから大統領到着
    – この大統領は国外訪問が多いような? 前東京都知事のようなことをしてなければいいが
  • バイレファンキ帰りの8人のった車が衝突事故1人死亡、重軽傷(サンパウロ)
  • 3人組に銀行支店ATM爆破される(サンパウロ)

 ■10月3 日

  • エスコーラ・デ・サンバ、ビラ・イザヴェルが未払いか?(リオ)
  • 軍人3人、休暇中に強盗。携帯、所持金など盗む(ブラジリア)
  • 2016ミス・ブラジル、パラナ州のアフリカ系女性
  • ルーラ元大統領も投票。観衆からヤジ飛ぶ(サンパウロ)
  • バンラティス像をスプレーで汚したのは、カップル。防犯カメラで判明(サンパウロ)
  • 票を買おうとした25人を逮捕(サンパウロ)
  • 選挙、全国で大きな事故もなく終了
  • 与党だったPT党、全国で半分の市長失う。中以下の政党に
  • サンパウロ、無記名5%。PSDB党ジョン・ドリア氏に決定
  • 全国で150人候補が選挙違反で逮捕。

■10月1 日

  • ペルー、ボリビアから密輸された500キロのコカインがサンパウロに。高級車から押収。
    ―最近押収される麻薬は急増し、数百キロ、トン。
  • 候補者が殺害され、投票日は1万人の警官が警備(ゴイアス)
  • インディオの保護区に侵入した密伐採6人が大木を盗む(アマゾン)
  • 未成年がおもちゃの拳銃使って、バス乗客の所持品強盗(リオ)
  • ウーバーとタクシー運転手の争い続く(ベロオリゾンテ・ミナス)
  • マンジョッカ粉、8か月で31%の上昇
  • ロッテリア(ロット販売店)に17歳未成年強盗。腹に被弾。逃亡中
  • 沿岸部に大量のクラゲ(アラゴアス)
  • 大量の個人所有の銃器が押収される
    ―これだけ治安が悪くなれば自分で身を守るしかない。銃所持を許可するべきだと思う
  • 昨夜から続いたライバル麻薬組織同志の銃撃戦、早朝まで続く(リオ)

>>2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月 6月 7月 8月  9月 11月

studio crystal