ブラジルニュース一言速報2016年6月

 過去速報
>>2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月

■6月30

  • 失業者110万人
  • ウーバーの運転手、死体で発見。打撲跡(リオ)
  • ピットブル、56歳庭師を襲う。今まで5人が被害(サンタカタリーナ)
  • ボリビア人装飾工場主人、母国からのボリビア人を低賃金で奴隷なみに使役
    ー労働者から母国にいるよりはまし、という話も。ボリビア同様の労働をさせているだけ??
  • 明日から高速道路料金、平均9.3%値上げ(サンパウロ)
    ー車で旅行すると料金所の多さに驚く
  • 1日に22人の未成年が死亡。多くはアフリカ系
  • PT党事務所の全面部壊される
    ーPT党の崩壊もまじか?
  • 満員列車やメトロで痴漢増える(サンパウロ)
    ーサンパウロのラッシュ時の列車・メトロは日本以上なので痴漢されても解らない。ゲイの多い国なので男に対する痴漢も多いはず。被害届がないだけ
  • 警察のユニフォーム、証明書を使った偽警官逮捕(サンパウロ)
    ―町でいくらでも売っているので入手は簡単。今は警官も信用しきれない
  • 太陽電池広がり始めるがまだ高価
    ー日本と同じような道をたどるのか?
  • 政府職員の給料値上げでかかる予算約75億円
    ー職員の給料が高すぎ
  • ボルサ・ファミリア(貧困家庭への援助金)12,6%値上げ。約600円。年間予算約6億円
  • 「ポポジューダ」の人気ファンケイラ歌手バネッサ、シリコン交換で痛み。
    ーごく普通のことらしいけれど・・・。
  • 犬と散歩中に豹に遭遇、格闘(アマゾニア)

■6月29

  • 元ミスブラジル、死体で発見される(リオグランデスル)
  • 美容整形手術失敗後を絶たず. 元モデル失敗で死亡(サンパウロ)
  • 警察の麻薬捜査で60人逮捕
  • 1日1人バイク運転手が死亡(サンパウロ)
  • 東北伯でモトウーバ。サンパウロでもでるか? 車の約60%の安さ

■6月28

  • ジャバリー(いのししのような野生豚種)の害多発で狩猟許可
  • バスの中での強盗事件続発。今年85件以上(ベレン・パラー)
  • 干ば干つでお米までも値上がり。農作地、水を分け合っている状態
  • 24歳男、父の車で運転中、警察に言われ逃亡。車15発以上。何故逃走?(サンパウロ)
  • クレッジトカード利子で支払い月約15%増し
  • 市内マテウス区、公共病院に行っても医者おらず(サンパウロ)
    ー病院は廊下まで患者。キューバからの医者どうなったのか?
  • 麻薬組織PCC9人が逮捕(サンパウロ)
  • 野鳥の無許可飼育で70万円の罰金(サンパウロ)
  • 寒さで霧(サンパウロ)
  • 郊外のガソリンポスト、1か月に1回以上強盗に襲われる(サンパウロ)
  • 麻薬組織の幹部が逮捕。5台のバスが破壊される(サンパウロ)

 

■6月27

  • タクシー運転手2人、ウーバー襲う(サンパウロ
  • 元大統領候補、約6500万円の贈賄発覚(ミナス)
  • バスが衝突事故。31人が怪我(ベロオリゾンテ・ミナス)
  • 46歳警官、休暇中に強盗5人に襲われ、撃たれ死亡(リオ)
  • 密輸中国人商人、車運転中5発撃たれる。中国マフィアの仕業か?(サンパウロ)
  • ヘリコプター遭難。乗員5人行方不明(サンパウロ)
  • 無許可でゴミ破棄。1日約60万円(サンパウロ)
  • 未成年の車強盗続く。11歳、15歳、逃亡中警官に撃たれ死亡(サンパウロ)
    ー未成年は平気で撃ってくるので警官も迷わず発砲する

 

■6月25

  • 女子体操の期待、レベッカ
  • 「ロデオは99%が勇気」21歳世界チャンピョン
  • 休暇中の警官、強盗に襲われるも発砲。未成年強盗1人死亡(サンパウロ)
    ―警官と解るとたいてい殺害されるので、警官も迷わず発砲する可能性大
  • 人気女性歌手入居、パーティなどの騒音で周辺住民大迷惑。(リオ)
    ―ロナウド、アニータなどのセレブルも周辺住民迷惑かけまくり
  • ノルデスチ(北伯)、6月最後週末の夜、フェスタ・デジュニーナで盛り上がる
  • シャーガス病でアサイの衛生管理呼びかけられる(ベレン・パラー)

■6月24

  • カラコランジャ、麻薬のフェイラ・リブレ(自由売買)地と化す。1か月100キロ、約3000万円の売り上げ。14%が未成年(サンパウロ)
  • 24歳男、バス3台から運賃強盗。逮捕(サンパウロ)
  • シュラスカリア、ピザ屋で使う炭、1か月に8つの球場分の森林木使用(サンパウロ)
  • オリンピック競技使用機材、続々倉庫に到着
  • 聖火、クイヤバに
  • コパカバーナのシッキーニョ(猫)が世界的人気に
    ー飼い主が金儲けに利用しているだけのような・・・
  • スピード違反、300万件を記録。(サンパウロ)
    ードライバー、罰金に怒り。お金が横領されていると噂も
  • 約2億円贈賄で大臣逮捕
  • 麻薬組織、組織員射殺され、3台のバス燃やす。街道交通混乱(サンパウロ)
    -いつのころからか、コミュニダージや麻薬組織の人間が警官に殺害されると抗議でバスを燃やすようになった。困るのは自分達なのに
  • 持ち越し持ち越しで約12億円賞金のメガセナ(ロット)
  • 企画省で約30億円の汚職贈賄事件
  • 前与党PT党、元・前大統領、議員の汚職贈賄次々発覚で沈没寸前

 

■6月23

  •  
  • 銃撃戦でバス被弾も、けが人なし(リオ)
  • 元・前大統領、汚職贈賄容疑
  • 2歳の子供乗せた車、強盗に盗まれる。その後子供ガソリンポストに放置される(サンパウロ)
  • ビレッチ・ウニコ(時間内に数回使用可能磁気カード)を利用しての違法?商売増加(サンパウロ)
  • 路上販売、列車・バスの中で販売員増える(サンパウロ)
  • 北部地区とセントロ地区を結ぶメトロオレンジ線2021年完成予定(サンパウロ)
  • ブラジル人の基本食品、フェジョンが不作で高騰、今年50%値上がり。パラグアイ、アルゼンチンなどから緊急輸入
    ーブラジル人にとって味噌汁のようなものなので大問題
  • 車強盗64歳の女性射殺(サンパウロ)

■6月22

  • 医者、救急隊員、贈与受け取り給料以上に(サンパウロ)
  • ブラジル世界でも有数の危険国。
  • 路上に置かれた毛布を回収捨てることを禁止。(サンパウロ)
    ーいつもの市長の思い付きの令。
  • 3人組の未成年が車強盗、警察に追われ衝突事故。(サンパウロ)
    ー運転の経験もない未成年が運転する車は怖い。
  • 今冬、12年ぶりの寒さ。路上生活者5人死亡(サンパウロ)
  • オリンピック聖火式典に参加させた豹、係りの人間襲い撃ち殺される。批判多(マナウス・アマゾニア)
    ー小さいころから飼われた慣れた豹だったらしいが射殺なんて無残
  • 食品を中心にすべてのモノが平均4%値上がり
  • 消費期限切れの液体製品30トン。再販売。倉庫摘発
  • 73歳退役警官、射たれ重体。犯人逮捕(サンパウロ)
  • 51歳警察官、2人組に殺害される。原因不明(ゴイアス)
  • おもちゃの拳銃で、大学前で車を強盗男、学生取り囲まれ足撃たれる(ポルトアレグレ・リオグランデスル)
    ー大学周辺は学生を狙った強盗が多く学生も腹をすえかねている。撃つ気持ちもよくわかる

■6月21

  • 毎日116人が銃器で死亡。ネットやワットザップで簡単に購入可能
  • リベルダージ区で弁護士、19時に9発撃たれ死亡(サンパウロ)
  • オーストラリアオリンピック出場選手が強盗に襲われる(リオ)
    ーこうした犯罪が続くと観光客がこなくなる。非常に残念
  • コンゴニアス国内線空港、滑走路を修理。キャンセルの航空便も(サンパウロ)
  • 全国でガン発症者数南伯リオグランデスル州が最多
  • ファンク歌手、舞台中に射殺される。(サンパウロ)
    ーファンク歌手は歌詞に麻薬組織のことを歌う場合や組織と関係が深く、組織に殺されることが多い
  • 今年、9分に1台の盗難車、約42000台の盗難。戻ったのは1万1千台(サンパウロ)
    ー車を買っても保険が高くて入れない人が多い。交通事故に遭ってもほとんど何の保証もされないのが現状
  • 高級輸入車盗み転売。前科犯含むグループ逮捕(サンパウロ)
  • 過去に銀行強盗含む7犯罪、スーツ姿の強盗犯逮捕(サンパウロ)。
  • 寒波に毛布の売り上げ増える(サンパウロ)

■6月20

  • バスの中やエスカレターで盗撮増加
    ー昔は、日本の痴漢の話をすると「信じられない」と笑われたのに、今はブラジルも痴漢・変態が一杯
  • 15歳、ゲームが原因で11歳を殺害
  • 野菜等の高騰でフェイラ(青空市)での消費35%落ちる。値段が落ちる12時以降に行く人増える(サンパウロ)
  • 3か所で連続射殺事件(サンパウロ
  • あまりの寒さに、バナナの実にも袋がけ
  • ラニーニャ現象で今年は寒い冬
  • ラリーで交通事故。3人死亡(コルンバ・マットグロッソ)
  • 救急病院に入院している麻薬組織のボスを脱走させようと25人病院に侵入。1人死亡2人重軽傷(リオ
  • 暫定大統領、リオを訪問し、援助を約束(リオ
  • 政府3ビリオンレアルの資金援助。経済危機はオリンピックに影響しないとの声も(リオ)
    ―もう、施設などに影響がでているのに! こんなことを言う議員はクビにすべき
  • ブラジル杯、○コリンチャンス×●ボタフォゴ
  • パウリスタ大通りで汚職贈賄に抗議デモ(サンパウロ)
    ―国を挙げてデモをするべきなのにできない。今後ベネズエラのようになる可能性がある

■6月19

  • ブラジルの路上生活者約4万人。サンパウロ1万6000人
    ーもっと多いような気がするが・・・
  • 前議員、政府のお金を使ってヘリコプター、高級車などを購入、約5000万円を懐に(リオ)
    ー金額は違えど日本の都知事そっくり。こちらは逮捕が申請された
  • 給料の遅延などでデモ多発。警察の車等も修繕不足で動かないものが多数。政府が緊急援助。オリンピックは大丈夫? (リオ)
  • セアザ(中央市場)で1日40トンの野菜等がゴミに。経済危機で食料品等のゴミ見直しされ始める(サンパウロ)
  •  今週だけで9人の警官が撃たれる(リオ)

■6月17

  • 市内最大級の病院で給料遅延のデモ。5月分の給料の支払いいまだ不明(リオ)
  • 給料遅配でオリンピックの警備が心配(リオ)
    ーまったく情けない。恥ずかしい
  • ボンヘチーロ区で犯罪多発、警察に届け出るもなしのつぶて(サンパウロ)
  • 元妻殺しの国際指名手配ブラジル人、パラグアイで逮捕
  • 郵便局が襲われ、現金盗まれる。今年1600万円の被害(ジョインビーレ・サンタカタリーナ)
  •  パラグアイからブラジル。ロンドリーナまで飛行機で密輸。飛行機積載量600キロ。空港捜査
  • 暫定大統領、2012年に1億円以上汚職贈賄か? 司法取引で判明
    ーもともとグレーゾーンの暫定大統領。いくらでもホコリが出そう。この国にクリーンな政治家はいないのか
  • パラグアイで麻薬密輸ブラジル人「国境の王」と警官銃撃戦、まるで戦場。6人重軽傷
  • 麻薬組織と警官銃撃戦。2人の女性流れ弾を被弾(リオ)

■6月15

  • 2000粒の麻薬エクスタシーの密輸を街道で摘発(サンパウロ
  • 食料品14%値上げ
  • オリンピック専用の2400人収容の8両列車、試走(リオ)
  • 1月から、牛乳、23%値上がり。飼料値上がり、消費落ちが原因
    -フェジョンも値上げ、牛乳も値上げ。どちらも食の重要品だけに生活に影響は大
  • 修復中の教会屋根落ち、2人の男救済もまだ一人の女性屋根の下に(サンパウロ)
  • チッチ氏、コリンチャンスなどで監督、パウリストンなど数々の優勝経験

 

■6月15

  • 妊婦、空きがなく入院できず母親死亡。(サンパウロ)
  • 半トンのコカインをとうもろこし満載のトラックから押収。今年州最多量(マットグロソ)
  • 大麻入りのチョコレートを学校や路上で販売(ベロオリゾンテ・ミナス)
  • 公共学校で、政府が用意しなければならないトイレットペーパーなどの備品を親と先生が金を出し合って購入(サンパウロ)
    ー政治家は何億というお金を税金から汚職贈賄し返還しようともしない。恥ずかしくないのだろうか? 金額の大小はあれ日本も同じ。世界の政治家のほとんどは私利私欲で腐っている
  • サッカー・セレソン、ヅンガ監督解任。次期監督はチッチ氏?
  • 1日で2人の警察死亡、3人怪我(リオ)
    ーこんな状態でオリンピックの安全は大丈夫なのだろうか。会場と滞在区域以外は出ないのが無難
  • マリーナ・シルバ、汚職贈賄の嫌疑に反論。「まったく信じられない・・・」
    ー他の政治家にはめられた可能性も。日本もブラジルもマスコミは金次第だから・・・? 真実は?
  • フェジョン(豆)雨不足で価格2倍に(マットグロッソ)
  • 「Cidade Linpo(町の掃除)」計画でバンカがなくなる?(サンパウロ)
  • 早朝市内で霧(サンパウロ)
  • 強盗4人組、学校を襲う。逃亡(リオ)

■6月14

  • ガソリンタンクトラック、盗難多発の地域「黒い穴」。月6000リットル(サンパウロ)
  • エアー・タクシー(ヘリコプター・タクシー)静かな人気。約12分で6000円(サンパウロ)
    ーお金を払う価値あり、と利用者。お金があればね・・・
  • ブラジルの殺害される人、年約6万人
  • クレジットカード詐欺増える
    ―危うく遭いかけた。個人情報は売り買いされているのでダダ漏れ。電話での契約は要注意!
  • 寒さで呼吸器官問題で診療受ける子供達30%増し(サンパウロ)
  • 強盗2人射殺、17歳未成年被弾。(サンパウロ)
    ―日本と異なり警官はためらうことなく発砲するから、流れ弾に合わないよう現場にはちかよらないのが無難
  • 明日も寒さ続く。先週末から路上生活者5人死亡(サンパウロ)
  • 潔い政治家と思われていたマリーナ・シルバも汚職贈賄か?
    ―信頼していたのに・・・

■6月12

  • 先週末、今年一番の寒さ8度(リオ)
  • パウリスタ大通りで、アメリカのゲイバー射殺事件犠牲者に追悼(サンパウロ)
  • 麻薬倉庫摘発。5トンの大麻押収、2人逮捕(サンパウロ)
  • 市内東部で1度記録(サンパウロ)
  • 路上生活者3人が寒さで死亡(サンパウロ)
  • バレファンキに集まった若者、バス燃やす(サンパウロ

■6月11

  • 「恋人の日」を寒いグラマードで。人気(パラナ)
  • 医者、強盗に襲われ約15万円渡すも撃たれ死亡(リオ)
  • エクスタシーなどの化学麻薬の密売人逮捕(リオ)
  • 車のタイヤに隠した220キロの麻薬を押収。運び人グループ指名手配
  • オーストラリア人旅行者行方不明(リオ)
  • 美容整形相変わらずの人気も失敗で悩む人も多
  • 臓器提供20%減る。ジカヴィールス等が原因か(ミナス)

■6月10

  • ピタイヤ(サボテンの実の一種)、サンタカタリーナで栽培増える(サンタカタリーナ)
  • フロリアノポリス-6度(サンタカタリーナ)
  • 人口20万人の町の診療所、2015年完成予定のはずが建設止まったまま。現在、診療に3か月待ち
  • 寒さで呼吸器問題の子増える。
  • 今年一番の寒さ。パウリスタ大通りで8時半8度、南伯で雪も(サンパウロ)
  • 50歳路上生活男性、未成年にいたづら(サンパウロ)
    ー以前は路上生活者の犯罪は少なかったが、最近は盗みなど油断できない
  • 18人学生死亡のバス事故、原因はスピードの出しすぎか(サンパウロ)
  • ピストル武器などの密輸で逮捕(サンパウロ)
  • 強盗3人組の乗る車、転倒(サンパウロ)
  • カンポスデジョルドン1度(サンパウロ

■6月9

  • 未成年3人組強盗、⒗歳、13歳逮捕、拳銃携帯。(サンパウロ)
  • ネルソン石井、数年前に密輸見逃しに250レアル要求しことが発覚し逮捕。退職金等取り上げられる(パラナ)
    ーたった250レアルで刑務所。何億レアルと汚職贈賄した政治家が逮捕もされていないのに。目立ちすぎて引っ掛けられた?
  • 教会主催のジュニーナ祭り帰りに未成年性的暴力受ける
  • インフレ9.3%
    ーこんなに低くはないと思うのだが
  • サンパウロ大学で、環境の良化と給料の値上げを求めデモ(サンパウロ)
  • 南伯冷え込む。-5度のところも
  • 海岸部への街道で、霧で学生乗ったバスが事故。16人死亡、4人重症(サンパウロ)

 

■6月8

  • フィスカル・ジャポネスとして有名になった日本人ネルトン・石井検察官が過去の汚職で逮捕
    ーカーニバルのお面は今年一番売れた。有名になりすぎて足を救われた?
  • オリンオピックテロに向け、警備特別チーム26人訓練中(ブラジリア)
  • 31歳され暴行されセミヌード姿でコパカバーナで発見される。前科6犯の男逮捕(リオ)
  • 南伯-16度記録
  • インフレ9.3%
  • PSDB党の中心議員4人汚職贈賄で逮捕申請。ついに逮捕か 
  • インフルエンザで、今年全国で700人死亡。最多サンパウロ
  • 「バカ」「恥知らず」・・・、国会で汚職贈賄容疑の下院元議長に議員叫ぶ(ブラジリア)
  • 市議会で議員、大喧嘩(グァルジャ・サンパウロ)
  • 前市議員含む3人がピッザリアにいるころを5発発砲され被弾。政治的な問題で暗殺目的か?(サンパウロ)
  • 元大統領候補などの大掛かりな汚職贈賄事件発覚(ミナス)
    ―この国の議員のうちきちんとした選挙で当選したのは、わずか5%らしい
  • 医療研究所の掃除行われず。3月から派遣掃除婦が給料もらえずスト(リオ)

■6月7

  • トラック前部の下に麻薬隠して輸送。積み替えしている時に不審に思われ逮捕(サンパウロ)
  • 9人以上の未成年が女性に暴行(リオ)
  • また街道で投石強盗。運転手死亡(サンパウロ)
    ー陸橋から約2キロの石を投石。相手が死ぬという意識・罪悪感は
    ないのだろうか? 
  • 今日約8億万円ロットの発表。7時まで購入可能
  • ついにラバージェット事件(ペトロブラス汚職贈賄事件)のに関わる政治家、逮捕申請
    ―TVでは伝えているが、ブラジルは最後までわからないし、マスコミのいうこともあてにならない

■6月6

  • 利用されていないホテルにセンテット(屋根なし住民)、警官隊に強制撤去される(ブラジリア)
  • 今年、33人の警官が死亡(リオ
  • 家電の廃棄が問題に(サンパウロ)
    ー日本でも家電の廃品回収が問題になっているようだがブラジルではそれ以上でほとんど最近は有料が多い
  • パライゾーポリスのコミュニダージ、暴風雨と地滑りで20小屋半壊し住民重軽傷(サンパウロ)
  • ジウマ大統領、選挙活動に約3.5億円贈賄
  • 健康保険、13,5%値上げ
  • オリンピックを控え路上電車開通(リオ)
  • ガソリンスタンドに強盗、居合わせた警官に撃たれ、犯人危うく住民にリンチにあいかける(ミナス)
  • 救急病院に医者おらず(サンパウロ)
  •  時速120キロの暴風雨で100本以上倒木、教会半壊、屋根が吹き飛んだ家、20t車トラック横転など被害多。死亡者も(カンピーナス・サンパウロ)
  • ジウマ大統領約3.5億円着服か
  • パウメイラスとフラメンゴのファンが衝突。警官出動しガス弾。30人パウメイラス・ファン30人逮捕
  • 警官に撃たれ死亡した11歳の強盗犯死亡事件、どちらが先に撃ったかが焦点に(サンパウロ)
  • 手伝いも何もしないで娘にネットを続ける怒った父親、WIHI切断。ネットで反響
    ―ブラジルTVでも流れた日本の躾事件に影響された話題か
     

■6月4日

  • 21頭の牛が雷で死亡
  • ヨーロッパに密輸される前にグァリューロスの倉庫で半トンのコカインが押収される。20人逮捕(サンパウロ)
    ーヨーロッパ向けのコカイン密輸が増え、国内に化学麻薬が運び込まれる量が増加
  • パンタナールで野生のヒョウを餌付けし観光客の見世物に。事故増える(マットグロッソスル)
    ー金のために野生動物が見世物にされるのを見るのはつらいし、こうした見世物は危険
  • 海岸に無許可で建物たて営業、大儲け。訴えられる
  • 金には清い大統領と思われていたジウマ大統領の汚職贈賄事件が発覚し始める
  • 11歳強盗が射殺されたことに怒った住民若者、バス燃やす(サンパウロ)
  • 水・土の観光バスが人気(アラカジュ・セルジッペ)
  • オリンピックのテロに向けて警備強化トレーナー中

■6月3日

  • サンジョンデミリチで麻薬組織が抗争で銃撃戦。住民、安心して眠れず(リオ)
  • 全国で3分に5人の女性が暴行される
  • 1200人のセンテットが午前2時に街道封鎖デモ(サンパウロ)
  • 市の職員、数十人から1500万円をイタパリカ島の不動産詐欺(サルバドール・バイア)
  • 元下院議長、政府のお金を家族への使用も許可されていた
    ー本当か? 汚職贈賄事件の逃げの方便か? どの国も政治家は国民の金を盗むことしか考えていない
  • スケーター、スケートでおいかけ携帯盗んだ泥棒捕まえる
    ー銃をもっていなかったので良かったものの
  • 学生、学校環境良化を抗議して学校占拠続く(リオ)
  • シダージデデウスで麻薬組織の銃撃戦(リオ)
  • 家畜用筋肉増強、危険知っていて剤売買される。使用で死亡も(ベロオリゾンテ・ミナス)
  • 10,11歳の強盗少年、警官と銃撃戦で1人死亡(サンパウロ)
    ー警官は少年と知らなかったというが・・・。アナウンサーがさほど驚かないことが印象的.
    ー同じ事件なのに、TV局ごとに年齢が違い、時間ごとに年齢が変わる。未成年ということは確かの様
  • ジウマ大統領、元ペトロブラス社長の約5億円の汚職贈賄知らないと嘘。
    ―本人は関係なしらしいが・・・

■6月2日

  • 強盗ギャング、警官から機関銃等購入(パラナ
  • 「Rua do medo(恐怖の道)」、強盗被害が毎日。引っ越す人も(サンパウロ)
  • 市内大雨で一人死亡(サンパウロ)
  • 結婚式のイベント屋、当日間際キャンセル。20組が被害。日本からのお祝い客も(ブラジリア)
  • 麻薬捜査で半トンのコカイン、21の銃押収(サンパウロ)
  • 男尊女卑・男性暴力抗議デモ、全国各地で行われる
    ―ブラジルはもともと男尊女卑の国であるが、南米諸国はもっとひどいそう
  • 「ミーニャ・カーザ、ミーニャ・ビーダ(私の家、私の生活―貧困者救済政策)」プロジェクト止まったまま
  • 北伯を中心に風力発電おこなわれる。発電所の設置進む
    ―日本ではうまく進んでいないようだが、ブラジルではうまく発電されているのだろうか?
  • また前大臣の息子が汚職贈賄発覚 ―親族ぐるみで汚職贈賄をするからたちが悪い
  • 11年間で、この時期2番目に雨の多さ(サンパウロ)
  • 収入の40%が税金に。
  • センテット、パウリスタ大通りで反暫定大統領デモ。「プレシデンチ・デ・レプブリカ」建物前でテントを張って抗議(サンパウロ)

■6月1日

  • 空港で50人タクシー運転手、ウーバー襲う(ブラジリア)
  • アパートの管理人、半分がプロの管理人に。約13万円~約65万円
  • 自分の仕事に満足する人、世界5位。40%の人がインフレに不安
    (不満の多いブラジル人がちょっと信じられない順位)
  • 海岸沿いの、大波で落ちたサイクリング道の橋、やっと撤去。復旧は不明(リオ)
  • 「リベルダーデの日」でガソリンが約半額の安売り(ベロオリゾンテ・ミナス)
  • 元下院議長、汚職贈賄容疑の捜査が本格的に
  • 50㏄のバイクも免許証が必要に
  • ホテルに強盗。男性心臓麻痺で死亡(サンパウロ)
  • 今年1月~4月に1100万人が失業
  • VD、去年12000件
    ―VDを届けると夫が逮捕され働き手がいなくなるのでもっと多い
  • 15年間でバイク数4倍に。バイク運転手1年に1万2000人死亡
  • 経済危機で旅行逆転。国内旅行65% 海外35%
  • ブラデスコ銀行の社長と他9人、汚職贈賄容疑

 

 過去速報
>>2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月

 

 

studio crystal