ブラジルニュース一言速報2016年5月

 過去速報
>>2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月 6月

 

■5月31日

  • 1歳の子供の養育費を稼ぐために泥棒した男の家族に警官が食料を援助
    ー子供を育てるために逮捕された泥棒、何億円も税金を盗んでも逮捕もされない前大統領の息子。まったく不公平
  • 学校職員が給料の遅延などに抗議して学校占拠(リオ)
  • 電話・ガス・水道などの支払いを銀行受け入れず。無警備の、支払い可能なロッテリアの強盗事件増加
  • 大雨で6人が死亡(レシフェ・ペルナンブッコ)
  • 元大統領の息子10億円贈賄
  • メトロ17%給料値上げ要求(サンパウロ)
  • ウーバー運転手、乗客に服を脱がせる(サンパウロ)
    ―偽ウーバーなど、ウーバーによる犯罪が出始める
  • ライバル犯罪グループがスーパーで銃撃戦。客二人被弾(ゴイアニア)

■5月30日

  • 嫉妬した元恋人に暴行受け90日間入院
    ―ブラジル人の嫉妬は驚くほど強い。さらに麻薬吸引が嫉妬を増大し怖い
  • 汚職贈賄容疑の元下院議長、エドアルド・クーニャの生活費1か月約1150万円
    ―東京都知事といい政治家は汚い。
  • 警察の大捜査で、麻薬密売・強盗などで12人が逮捕(サンパウロ
  • 女性だけで失業者約20万人(ミナス)
  • 信号無視自転車乗り、バスに敷かれる(サンパウロ)
    ―自転車乗りは信号守らないしマナーはよくない。いまのところ自転車乗りに罰金は無いよう?
  • マイクロバス、スピード出しすぎで事故。16人怪我(サンパウロ)
  • 強盗が街道で車を止めさせるために大きな石を投げる。後ろの座席いた未成年死亡(サンパウロ)
  • 世界最大級もパラーダゲイ、パウリスタ大通りで行われる。TVの発表では200万人参加(サンパウロ)
    ―政治の宣伝に使う人間も。政治の参加に批判も。泥棒もいっぱい。(レンズ盗まれた!)
  • 家に侵入した強盗、通報で警官かけつけ逮捕(サンパウロ)

■5月28日

  • 囚人が刑務所から脱獄(パラー)
  • 暴力反対デモがコパカバーナで(リオ)
  • 2時間の暴風雨で295の雷(カンポグランデ・マットグロッソドスル)
  • 現金輸送車が襲撃されお現金強奪される(バイア)
  • ボリビアへ行く途中の旅行者、コーヒーを飲みに行った後行方不明(リオ)
    ―昨日もこの手の行方不明者があった。旅行者は要注意
  • ガス漏れで家族全員が入院(サンパウロ)
  • 仕事のトレイナーと称し、お金を取ったあと就職できない詐欺もどきが増える(サンパウロ) 

■5月27日

  • ラバージェット、汚職贈賄事件発覚で政界揺れる
    ―ブラジルはすべての政治家が辞めないとよくならない? 都知事一人をやめさせるのが難しいことを考えると不可能
  • 約300万人が失業保険の給付対象から除外 される(サンパウロ)
  • 休暇中の警官、強盗に殺害される(リオ)
    ー警察と解ると殺害されるるので警官は手帳を隠すらしい
  • イタリアから帰ってきた女医、実家に帰る途中に行方不明。麻薬事件に巻き込まれた可能性(サンパウロ
  • グァナバラ湾、ゴミだらけ。ボードやボートにひっかかるほど。汚すぎてブラジル・オリンピック選手も水に入りたがらず(リオ)
  • 街道で石をフロントガラスに投げ車を止める強盗事件が多発(サンパウロ)

■5月26日

  • ブラジルは世界で5番目に女性が殺害される国
  • 16歳、14歳少年が、対向麻薬組織のテリトリーに入ったため射殺される。射殺直前の映像がネットに流れる(リオ)
  • 聖火がペルナンブッコ州に
  • 今年インフルエンザでインディオ7人死亡。病院等の改善要求し占拠
  • 高級アパート、2重売(サンパウロ)
  • 金持ちに麻薬売りさばくイタリア人、逮捕(リオ)
  • 国際空港で、オリンピックの警備練習に15匹の犬が参加(リオ)
  • 市内各所で献血(サンパウロ)
  • ダム決壊おこしたマリーナの鉱山、1000人以上、40%を解雇予定。労働者デモ(ミナス)
  • オリンピックのTVニュースほとんど増えず。
    -政治問題のニュースが多すぎて流す時間がない? 
  • 容疑の、罷免された企画省元大臣、司法取引で5時間以上録音電話のデーター提出。23大臣の10人以上が汚職贈賄の可能性
  • TVのお菓子CM増える。大統領が変わって解禁か?
  • パンカドン(路上ディスコ)、住宅街で昨夜11時から今朝8時まで。騒音、路上ゴミだらけ(サンパウロ)

■5月25日

  • 70歳以上2050年には現在の3倍に。保険の整備求められる
  • 市内セントロ朝8度(サンパウロ)
  • 偽物ウーバー出現。カーナンバー、運転手の名前確認が必要(サンパウロ)
  • あまりの寒さに体調壊すペット増える。(サンパウロ)
  • USPの病院職員が給料の値上げ、仕事環境の良化を要求してスト(サンパウロ)
    ーまたストが増えてきた。メトロと近郊列車のストは回避できたようだが、今後増加しそう。
  • 道路に巨大な穴。水道管が破裂し道路が川状に(サンパウロ)
  • 美容院にきた女性、射殺される。計画的な犯行か?
  • 未成年による無人レンタル自転車盗難事件が増える(サンパウロ)
  • 深夜、駐車しようとバイク運転手にのいてもらおうとしたところ撃たれる(サンパウロ)
    ―ちょっとしたことでいざかいが起きるようになってきた。経済危機、治安悪化などのストレスが影響いしているように思う
  • 医者と救急隊員、射殺される
    ―診療を受けられなかった患者の逆恨み? を受ける医者が増えてきたような。
  • 同じバス停で10回以上の強盗事件(ブラジリア12)
  • アニータ(人気歌手)熱烈ファン、3億5000万円かけて購入した厳重なはずの自宅に侵入(リオ)
  • 約1億円かけて整備・造成した公園がそのまま放置

■5月24日

  • 押収されたフェラーリーがレイロン。約7000万円
  • 経済危機で靴売れず・販売去年の13%減
    ーそういえば、街中で靴屋がバーゲンをしているのを最近よく見る
  • ファンケイラ(ファンク女性歌手)のFBに「猿」などの差別用語書き込み多発
    ーブラジルでは差別用語の使用・発言に対して過敏。逮捕される
  • 今年1番の寒さ約8度(サンパウロ)
  • Usp開発のガン剤の承認をガン患者待ちわびる(サンパウロ)
  • 問屋街、25デマルソなど、同時期に比べ100件以上の強盗・盗難事件増加(サンパウロ)
  • 空港派遣職員買収され、半トンのコカインを飛行機に荷物に紛れ込ませての積載.。14人逮捕(サンパウロ)
  • 道路のラインが消える、標識の向きが変わる、などが一杯(サンパウロ)
  • 歯医者専門に襲うかつらの男。5人が襲われ、3人殺害される
  • ガリューリョスで女性狙って襲う事件相次ぐ。女性は怖くて一人で歩けず(サンパウロ) 

■5月20日

  • 各地で反暫定大統領デモ
  • 市内バスで火災。2人怪我(マナウス)
  • 「ラバージェット(ペトロブラス汚職贈賄事件)」捜査まだまだ続く
    ―大物政治家のほぼ全部がかかわっているだけになかなか解決しない
  • ビラーダ・クルツラル(町の文化祭のようなもの)、土・日2間セントロ30か所で行われる(サンパウロ)
    ー酔っぱらって1人死亡、強盗に刺される人も。去年に比べ人出が少ないような気が
  • ビラーダ・クルツラル、政府の文化省排除に対して、参加しないミュージシャンも(サンパウロ)
  • 5000人が暫定大統領の自宅前に集結し反政府デモ。警官がジェット水流で追い払う(サンパウロ)
    -大統領が決まったら落ち着くかと思ったが・・・・
  • 元モデル兼アナウンサーのアナリッキマン、熱烈なファンに襲わる。いとこ、守ろうとして弾に2発当たる(ミナス)

■5月20日

  • 元大統領のいとこが大統領の名前で支払いをしていたことが発覚(サントス・サンパウロ)
    ―次から次へと親族ぐるみでの汚職贈賄事件が発覚。まるで東京都知事の様
  • H1N1(インフルエンザ)の予防注射を診療所で接種可能(サンパウロ)
    ―予防注射なぞしたことがないが、本当に有効なのだろうか? ブラジルの薬品はどうも信用できない感じが・・・
  • 失業率12.7% 若者に厳しい状態
    ―仕事を探していない、と答えた人は数にいれられていないので実際はこれ以上
  • 女性暴行しパンティ盗む。家から4枚見つかるも、犠牲者20人以上
  • 重武器を持った強盗に現金輸送車が襲われる(レシフェ・ペルナンブッコ)
  • 強盗犯の家宅捜査で郵便配達員のユニフォーム発見(サンパウロ)
    ―最近、警察のユニフォームなどを着た強盗が多いので信用できない
  • グァリューリョス地区、給料遅延抗議・賃上げ要求バススト。60万人の足に影響(サンパウロ)
  • ガソリンスタンドのガソリン投入機120台を立ち入り検査(サンパウロ)
    ―機械を操作したり、混ぜ物をしたりとにかくブラジルのガソリンポストはごまかしが多い

■5月19日

  • 路上生活者(70%がノルデステ出身)、8年ぶりの寒さに震える(サンパウロ
  • 中流住宅地で深夜バイレファンキ。300m先に警察署あるも警官何もせず、クレーム電話しても警官現れず。週に2回、住民疲れ果てる
    ー麻薬、アルコール、セックスが路上にあふれる。令でバイレファンキは禁止されているのだが・・・。
  • 休暇中の27歳警官、ロットくじ屋に侵入した強盗を逮捕試みるも2発撃たれ死亡。
  • 警察の麻薬大捜査で250人逮捕(サンパウロ)
  • コンリンチャンス応援団、メトロの駅でパウメイラス応援団と衝突。ボリビアでの応援で問題起こしたファンも(サンパウロ)
    ーサッカーファンでないので、なぜこれほど熱くなるのか理解不能
  • カンヌ映画祭で、俳優陣がレッドカーペットで暫定大統領を批判抗議。原因は文化省の廃止
    ー各地で反暫定大統領のデモが起きている。まだ就任一週間ほどでこの騒ぎ。ちょっと心配
  • 一転して「寒さに」今日最低気温17度、市民震える(リオ)
    ー17度で寒いとは・・・。サンパウロでは17度はちょっと肌寒い感じ
  • いちご、温暖で収穫少なくおくれる。価格、去年のほぼ2倍に
  • 同じガソリンポストで7回も強盗働く犯人。(サンパウロ)
    ーほとんど支払機状態。強盗事件多発で周辺の店も寂れる
  • 銀行でキャッシング後、襲われる事件が多発。キャッシング避ける人が増える(サンパウロ)
  • 警察と強盗の銃撃戦に巻き込まれた男性、流れ弾に被弾(サンパウロ)
  • 警笛、ライターなどのガスで死亡者
  • トラック盗難相次ぐ。プロの仕業か?
  • 30人ボリビア人が縫製工場で奴隷労働強いられる。オーナーもボリビア人(サンパウロ
    ー奴隷労働でも、ボリビアでの生活より少しはマシというボリビア人も

■5月18日

  • 1ドル=3.5レアル切る
    ーオリンピック明けにはグンと下がるような気がする?
  • 雨が降らず、とうもろこし生産落ちる
  • 全国で、飲酒運転の交通事故で去年約500人死亡
    ー土・日の早朝は特に危険
  • 3歳女の子と母親、倒木で重症(サンパウロ)
    ー倒れた街路樹のほとんどはシロアリ被害
  • 遺産欲しさに親を殺害した子供捕まる。50年の刑
  • 赤ちゃん抱いた私服の警官が襲われ、強盗犯撃つ。
    ―いつ強盗に襲われるかわからないので、外にいるときは油断ができない
  • 5・5億円の数字ロット、今日発表
  • 地方への幹線でトラックが火。通行止まる(サンパウロ)
  • 市内バスの一部、約15%給料値上げ要求スト。会社側約3%の受け入れ(サンパウロ)

■5月17日

  • 木が倒れた場合は市に電話をして切ってもらうこと、勝手に切るのはダメ
    ー電話をしてもなかなかこないのに! この辺の妙な融通のなさを政治家が利用する
  • 5000人の子供の写真をネットに掲載、逮捕
    ーTVでは5000人だが、数が多すぎるのでは?
  • 大臣に女性、アフリカ系黒人の選出なく批判
  • 政府発表の失業率11%
    ー実際は18%を超えているのでは?
  • 歩行中の妊婦、街路樹倒れ死亡。(サンパウロ)
  • 警官撃った未成年2人組みをコミィニダージで逮捕
  • スコールの時速70キロの暴風雨で約160本の街路樹倒れる。2人死亡(サンパウロ)
  • 各地で暴風

■5月16日

  • 女性2人組、85万円以上カード詐欺(リオ)
    ー女性の犯罪が増えてきた。女性だからと言って信用できない
  • 盗品販売・強盗団、約16人逮捕(サンパウロ)
  • 4軒以上銀行襲撃犯を逮捕(リオグランデスル)
  • 給料値上げ抗議でメトロスト。5%値上げ受け入れず(レシフェ・ペルナンブッコ)
  • サンパウロで2番目に大きなコミュニダージ(貧民街)パライゾポリスで火事。120の小屋燃える。(サンパウロ)
  • 世界的有名MPB歌手カービィ・ペイショット死去
  • 反テーメル暫定大統領のデモ、各地で起きる
    ―暫定大統領が決まり落ち着くかと思ったが、そう簡単ではなさそう
  • 人が溢れる路上で銃撃戦
  • おもちゃの銃所持強盗犯、薬局襲うも逮捕(ベレン・パラー)

 

■5月14日

  • 学校の女性先生、嫉妬で消防士の夫に射殺される(サルバドール・バイア)
  • 学校周辺で先週だけで12強盗事件(ゴアイアニア)
  • ヒョウの子供を町中で保護(サンパウロ)
    ―野生動物が保護されることが増えた。住処が減った?
  • 引退警官が襲われ、銃撃戦。バイク盗まれ3発撃たれる。犯人逃亡(サンパウロ)
  • リオのバス、サンパウロのバスより事故多発
  • 学生が教育環境良化を訴え3日間学校占拠(ポルトアレグレ・リオグランデドスル)

■5月13日

  • 各国が、ブラジル経済の良化を期待。インフレ約11%⇒7%などを予測
    ーほとんど変わらないような気もするが。よくなることを期待
  • バネッサ・ヒガシ、カポエイラの授業からの帰り強盗に襲われ射殺される。顔見知りの犯行か?
  • 大気汚染進む。南米最悪はチリ・サンチアゴ
  • テレビでオリンピックのニュースやっと増える
    ー少しずつ盛り上がっていきそう。
  • スタジアムで壁が壊れ将棋倒しにな。応援団3人怪我(サンパウロ)
    オリンピック会場で同様なことにならないことを祈りたい
  • 農場から1tの大麻輸送中逮捕(サルバドール・バイア)
  • 今週9つのオリンピックスタジアムがお披露目(リオ)
  • オバマ大統領、いまだ暫定大統領に電話せず。予定もたってないらしい
    ーヨーロッパの国ならもう電話があるはずなのに。暫定ではダメ???
  • 食事など教育環境の良化を求め占拠されていた学校来週から授業再開
  • ウーバー反対デモでウーバーに間違えられ襲撃受ける。車壊された運転手、シンジカットを訴える
    ー黒い車の所持者恐れる。
  • 水道料約8%値上げ(サンパウロ)
  • 市のシンボル、パウリスタ大通りで弾劾反対デモ(サンパウロ)
  • 新政府23省に決まる。女性大臣選出されず。40年ぶり。
  • モデル志望の美少女、バイレファンキの帰り、射殺される
  • 弾劾決まったジマ大統領、180日間停職も約85万円の給料
  • ナマケモノを街中で保護(ベレン・パラー)

■5月12日

  • 外国人がメトロで泥棒。11人逮捕(サンパウロ)
  • 全国で反弾劾デモ、ほとんど起こっておらず
  • 病院の資材を盗む、逮捕(サンパウロ)
    ―ただでさえ病院の資材は欠如しているのに・・・。自分たちの首をしてめいる。
  • 上院弾劾投票、賛成半数を超え、弾劾決定(ブラジリア)
  • 元夫、嫉妬で妻子供を殺害

■5月11日

  • 2人組強盗2度スーーパー襲う。1度目成功も2度目は警備員に撃たれ重傷(ベロオリゾンテ・ミナス)
    ー強盗が反撃される場合が増えたが、強盗犯人もすぐ発砲するようになるから怖い
  • オリンピックに向け南アフリカから取り寄せた装甲車やヘリコプターなど、調整不足で使えず(リオ)
    ー買ったばかりののモノが使えなくなるなんておかしい。これも汚職で???
  • 教育環境など改善を要求して、学生、2か月学校占拠(リオ)
    ー今まで知らなかった。他局では知る限りでは扱いもされていなかった
  • 他国からハム、ソーセージ、チーズなど食品を持ってくる場合1人5キロまで。袋に賞味期限、工場等が明記されたもの
    ーボリビア移民などに影響しそう
  • 総工費約15億円のオリンピック施設、今週末除幕式(リオ)
  • バチカンのパパがブラジルを心配。平和と調和を祈る
  • 両親殺しで30年刑の女性両親殺し女性、嘘をついて30代の企業家のもとに行ったことが発覚(サンパウロ)
    ー刑務所暮らしでどうやって男をみつけるんだろう? ブラジル人は熱い・・・
  • アパートに泥棒、貴金属など約45万円盗まれるも警官かけつけ逃亡
  • 弾劾投票、海外のマスコミも注目
  • ウーバー認められる。1kmにつき10センターボの市税(サンパウロ)
    ―タクシーの運転手のデモが吹き荒れそう
  • アメリカで手に入れたクレジットカードをクーロン化、逮捕 
  • 弾劾賛成する人々がパウリスタ大通りに18張テント(サンパウロ)
  • 今日、上院弾劾投票。上院の半数以上賛成で弾劾決定(ブラジリア)
    ―今朝の現時点(午前7時)では反弾劾デモは無いよう。

■5月10日

  • レストランの支配人、強盗犯と格闘。もう一人の強盗犯に2発撃たれ重傷(サンパウロ)
  • 盗んだ車でガソリンポストを襲った強盗犯、ガソリンかけられ身体に火。身体85%の焼けど
    ーアナウンサー、大喜び
  • 道路を封鎖した反弾劾デモを警察がガス弾、ゴム弾撃ちまくりで排除(サンパウロ)
    ー武器を使うのは、道義的に許せない。ブラジルでは当たり前で問題にならない。しない?
  • 全国でデモが続発
  • 両親殺しで30年の刑の女性、母の日の釈放に、嘘の行き先住所を裁判所に提出が問題に(サンパウロ)
    ー虚偽をした罰として刑罰房に1週間いれられたそう。
  • 下院の弾劾投票、無効有効でゴタゴタ。明日、上院の弾劾投票確実に
    ―汚職贈賄容疑の下院議長クーニャ氏の横やりか? 
  • サンパウロ市内はやっと雨(サンパウロ)
  • 大雨で多くの道路が川状態(レシフェ・ペルナンブッコ)
  • 住居を求めるセンテットデモと反弾劾大統領のデモ、その他3つのデモで交通混乱(サンパウロ)
    ―デモの多くが、政治色が強くいまいち信用できない
  • 未成年のラッシュ時のひったくり日常化(リオ)

■5月9日

  • サッカースタジアムに試合中応援団乱入。3人重症
  • 13人組がシュラスカリアに侵入・強盗(サルバドール)
  • 土曜日午前9時にメトロでテロ訓練。18人が怪我(サンパウロ)
    ー利用客に知らされてなかったのか???
  • 公共交通機関で去年の72%痴漢が増加(サンパウロ)
  • 先週末5人が撃たれ死亡。今年2週間に1人警官死亡(リオ)
  • 30%の職員がスト。42%の給料値上げを要求(サンパウロ)
  • 午前2時、イタケーラ区のバイレファンキで発砲事件。州ではバイレファンキ参加禁止(サンパウロ)
  • コミュニダーデで警官と麻薬組織の銃撃戦。流れ弾で一人死亡(リオ)
    ―好奇心でコミュニダーデに近寄らないのが
    無難。いつ犯罪に巻き込まれるかわからない
  • 飲酒運転、バックで逆走。罰金約12万円(パラナ)
  • 街路樹下で睡眠する路上生活者、車に敷かれ死亡
  • 30代女性、強盗に襲われるもカバンをわたさず、撃たれ死亡(サンパウロ)
    ―僕も渡さないと思うので、最悪死を覚悟
     

■5月7日

  • 明日、「母の日」一番売れたのは服、化粧品など。今年、プレゼントは15%安め(サンパウロ)
  • 3か月間、水なし状態(パラー)
  • 今年州内で73人強盗に殺害される。市内23人(サンパウロ)
    -持ち物を渡しても撃たれる事件が増えた
  • 家宅捜査で麻薬密輸組織の家から1500万円押収。シーヴューのプール付き家に住居(サンパウロ)

■5月6日

  • イタリア領事館に泥棒(サルバドール・バイア)
  • 暴走族140人逮捕、車40台押収(サンパウロ)
  • 東部学校周辺で学生や親を狙った強盗事件続出(サンパウロ
  • セレッソ・フマーナ氏、サンパウロ市長選一番人気(サンパウロ)
  • 6歳子供のかばんからコカイン、大麻みつから。親が使用か?
  • 捜査中に3人の警官撃たれ一人死亡(リオ) ―コパカバーナなどの観光地はそこそこ安全だろうがコミュニダージは本当に危険
  • 有名前のファンク歌手が水害で電気製品・家具失い、ネット寄付募る。
  • 機動隊すべての武器所持で、学校占拠した学生撤去(サンパウロ)
    ―汚職で配給食低下に怒った学生の学校からの撤去はどう考えても間違っている。いつの間にか学生が悪者に。なぜこのような状態になったか、ほとんどマスコミは報じない

■5月5日

  • 前科15犯40歳女性、肉とチョコレート盗み、貧しい人々に配る
  • 空港の税関で差し止められ、引き取られなかった品のレイロン。市販の半額(サンパウロ)
  • 学生の学校占拠続く。裁判所が武器を警官に未使用の撤去を許可(サンパウロ)
    ー悪いのは州政府なのに・・・
  • 病院で火事。けが人なし(ミナス)
  • 警官、車の窓をたたかれたことに怒り、デモに参加者女性撃つ(サンパウロ)
    ー機動隊のデモ隊に対する暴力ははんぱでない。見えないように囲み蹴りまくり。さすがに発砲は逮捕
  • 計画もなしにただ設けるだけの自転車道に批判続出(サンパウロ)
    ー市長の人気取りに設けられた自転車道というのはいなめない
  • インフルエンザが猛威(サンパウロ)
  • なかなか終わらぬ橋工事に批判続出。機材に隠れて強盗横行(サンパウロ)
  • 軍が出動。それでも麻薬組織は平気。怖いものなし(リオ)
  • メトロやバスで痴漢が増加(サンパウロ)
    ー20年前にはブラジルには痴漢がないと友人に言われたものだが・・・
  • 63歳軍警官大佐襲撃され、反撃。犯人逃亡(ポルトアレグレ・リオグランデドスル)
  • 遺産を狙った両親殺しの30年刑女性に「母の日」の一時釈放に批判(サンパウロ)
    ー刑務所にいながらに大学に通うことまで許可されるのだから。金さえあればなんでもできる?

■5月4日

  • 麻薬犬の働きで飼料満載のトラックから84キロの純粋コカイン押収。1キロ約1500万円の価値(サンパウロ)
  • カッポンヘドンド区のメトロ混乱で交通網混乱、バスの扉が閉まらないほどの乗客(サンパウロ)
  • ドイツに嫁に行った娘から連絡途絶える。ドイツ人夫のDVで悩み
  • 1キロ? 離れた麻薬組織の流れ弾で少女死亡(サンタカタリーナ)
  • 空港、霧で閉鎖(サンパウロ)
  • バスで銃撃戦。被弾した男、重症(サンパウロ)
    ―バスも強盗などいろんな事件があり安心してのれなくなってきた
  • 警察のユニフォーム、帽子、手帳などを所持し詐欺。4年間だまし続ける

■5月3日

  • 高級住宅地、強盗頻発、深夜の騒音。快適な高級住宅地は今やほんの一部(サンパウロ)
  • サンマテウスのバスターミナル強盗事件1日3件以上(サンパウロ
  • サンマテウス地区の市内バス、深夜強盗事件多発(サンパウロ)
  • 化学薬品4000㍑積んだトラック転倒(サンパウロ)
  • オリンピックの聖火がブラジリアに到着
  • 32歳男、ポルトガルら13キロのハッシッシ密輸。30年の刑(サンパウロ)
    ー他の犯罪に比べ刑が重い
  • ブラジル、ワッツザップ(人気通信アプリ)72時間停止
  • 偽の警官出回る(ポルトアレグレ・リオグランデドスル)
  • 地方の公共病院に泥棒。40万円の機器盗まれる
  • 麻薬組織が抗争で発砲事件(リオ)
  • 公共診察所、電気を切られて2か月。
  • 男性、誕生日パーティでボアッチから出てきたところを発砲される(リオ)
  • 狂牛病? で弁護士死亡か(マリアーナ・ミナス)
    ―人から人には移らないとは言うものの

 

■5月2日

  • 15歳の老犬まで誘拐(盗難)
    ー何もわかっていないで、金になるだとうという思い込みだけで盗むから怖い。
  • オリンピックなどの宣伝に約29億円。問題に
    ーマスゴミなどにこのお金が使われたと思うと腹立たしい
  • 観光地パンプリーニャの池が汚染で魚が大量に死ぬ(ベロオリゾンテ・ミナス)
  • シマウマ模様に塗られた馬を保護(リオ)
    ーいくらなんでも冗談が過ぎる
  • 5人子産まれるも、2人死亡
  • ヘリコプターが墜落。2人が重軽傷(ポルトアレグレ・リオグランデスル)
  • 盗難事件で消えた金約1000万円、警官宅でみつかる(サンパウロ)
    ー警官が盗まれた金をネコババすることは今までもよくあった
  • 警官の防弾チョッキ期限切れで意味なさず(サンパウロ)
  • 北部のコミュニダージが火事で300人が焼きだされる(サンパウロ)
  • 西部サンマテウスで11度(サンパウロ)
    ―午前6時セントロの路上温度計で13度
  • 約1100万人が失業(サンパウロ)

 

 過去速報
>>2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月 6月

studio crystal