犯罪容疑者が大臣に

 

吸血鬼のような前大統領のお面を被る女性

デモで吸血鬼のような前大統領のお面を被る女性

 

3月16日

窓の外では、煩いほどに鍋を打ち鳴らす音と車の警笛がなっている。晩飯を食べてうつらうつらしていた脳が完全に覚めた。

 前大統領が大臣になることを発表する現大統領の様子と「今、大臣にならないと逮捕される」という内容の電話の会話が盗聴されTVで流れたからだ。汚職贈賄をした前大統領の逮捕を避けるために大臣にするなんて国民をバカにしている。今、全国各地でデモが起きているらしい。国民が怒るのももっともだ。もうこれは犯罪だ! 

 

3月17日8時

汚職贈賄事件の逮捕を逃れるために大臣になった前大統領に対して各地で早朝からデモが起きている。  TVでは大臣就任前の電話録音が公開され、どんどん彼に対する人気が落ち、日本でいうと当時の田中角栄なみに悪者になりつつある。   2013年にも国を変えようというような大きなデモがバス料金値上げ反対運動から沸き起こった。しかし、政治家の策略で? この流れは気が付くと終息してしまった。このときは本当にがっかりした。  そして今回も同様のデモ。今回のウェイブはより大きいが前回のこともあり、期待していなかった。しかし、友人の「今回は大きな金が絡んでいるからね」という話を聞いて少し希望が湧いた。金は人間を動かす。特にブラジル人は金に敏感だ。  金曜日には前大統領の応援デモが予定されている。いまだに応援する人間がいるとは信じられないがシンジカットを中心に行われるらしい。どうなるだろう。荒れそうである。

 

3月17日10時半

 TVでは前大統領の大臣就任式が行われている。窓の外は警笛や鳴り物が時折鳴らされているが、昨夜のような周辺のアパート中からの鍋たたきは聞こえない。就任式会場では、当初こそ反対する声があがったが、現大統領の演説が始まると静まってしまった。歯がゆい! このまま犯罪人が大臣になってしまうのか。演説の合間に大統領の応援さえあがっている。まったくこの国の政治家は・・・。

 

3月17日12時

 TVで、裁判所が前大統領の大臣認可が中断したというニュースが流れる。二転三転して事実が非常にわかりずらい

studio crystal