HOME

 

[都市]  
空からみたレンソイス。白い砂丘とエメラルド色が印象的だ
[生活]  
DSC_8484DSC_0563DSC03593DSC_5983

【趣味】

[文化]  
DSC_0533DSC_2704

【イベント】

[流行]  
DSC_1704DSC02854DSC_0692

【商品】

【おしゃれ】

  • 結婚指輪の代わりに指にタツゥー、静かなブーム
  • スーパー・モデル、ジゼリー、サンパウロ・ファッションウィークで最後のショー 2015-04-16
[スポーツ]  
 DSC_0300

■サッカー 

 

■オリンピック・その他

  • ポリアーナ・オキモト、オープンウォーターで銅獲得(リオ)
  • 棒高跳びチアゴブラス・ダシルバ金獲得、6m3cmオリンピック新記録(リオ)
  • 魁聖(サンパウロ出身)が8勝7敗で勝ち越し。来場所は関脇か

【関連情報・リンク】

 

DSC_0801DSC02199

■格闘技

【RIZIN】最強女柔術家ギャビ・ガルシアvs現役アメフト選手が決定イーファイト

【RIZIN】世界最強の女柔術家ギャビ・ガルシア、驚異の肉体の秘密(イーファイト 7月29日)

【UFC】
○アマンダ・ヌネス (KO 1ラウンド)[王者]ミーシャ・テイト●
アマンダ・ヌネスは、ブラジルの女性総合格闘家。バイーア州サルヴァドール出身。アメリカン・トップチーム所属。ブラジリアン柔術黒帯。柔道茶帯。 カーウソン・グレイシーの弟子エジソン・カウバーリョに師事している。 ウィキペディア
ジョゼ・アルド(判定3-0)   フランク・エドガー 

■F1  

  • ドイツGPマッサ リタイヤ ナスル リタイヤ 
  • ハンガリーGP  マッサ18位 ナスル17位 
  •  ウィリアムズ、来季のドライバー候補リスト筆頭は・・・マッサ?バトン?それとも・・・(TopNews2016-07-12)                                           
  • 「他チームとも交渉中」「契約金は関係ない」ベテランのマッサがF1で求めるもの  (オートスポーツweb2016-07-06)
  • オーストリアGP  マッサ20位 ナスル13位 
  • ヨーロッパGP マッサ10位 ナスル12位 
  • カナダGP マッサリタイヤ ナスル18位 
  • フィリッペ・マッサの来期は?

■その他

  • ブラジル出身の魁聖関脇に(友綱部屋)
[こんな時どうする?]  
DSC_0058
[南米関連ニュース]  
DSC_1297DSC_6142

【ブラジル事件簿】

DSC_0919DSC_1095トリオエレトリコ(巨大スピーカーを積載したトラック)

2016年

ブラジル一言速報】
※テレビ・ニュースより抜粋し、リアルタイムでお知らせします。ただし、ブラジルのテレビ・ニュースは非常にあいまいで、数字的変更がされたり内容が変わることがしばしあります。あくまで参考程度にしてください。詳細や正確な数字などは、新聞やサイトなどでお確かめください。

■8月23日 novo

  • 強盗組9人がバス襲う、警笛鳴らし助け求める(サンパウロ)
  • サントス港、大波で閉鎖(サンパウロ)
  • 雨降らず、トウモロコシなど農産物収穫打撃
  • マリアーナの鉱山ダム決壊の影響か? 18頭の牛が死亡(ミナス)
  • 車工場の下請け工場70%の生産落ちたところも(サンパウロ)
  • 経済危機で車が売れず、フィアット工場10日間休み(ミナス)
  • ガレオン空港1日85000人の利用客で記録突破(リオ)
  • 米水泳選手のスポンサー「スピード」約350万円、恵まれない子供たちに寄付
  • 今年72人の警官が死亡したリオでまコミュニダーデでまた死亡者(リオ)
  • オリンピック・ツイッターで一番人気はサッカー。ボルトの返信率はトップクラス
  • 週末は少し暖かくなる予報(サンパウロ)
  • 虚偽申請した米の水泳選手「32歳の子供、オリンピック最大の損失者」からスポンサー降りるとTVアナウンサー
  • 8月末にリオから各地の軍隊引き上げ(リオ)
    ーパラオリンピック後はぐっと治安が悪くなりそう
  • 空き家に凶悪強盗グループ。拳銃、弾、チョッキ、ダナマイトなど押収(サンパウロ)
  • 寒波で1日15度以下(サンパウロ)
  • サンアプロ、クルチバ、マナウスでTV番組に市長候補が集まり公約(サンパウロ)

 

DSC_4161DSC_6960 DSC_6993

■8月22

  • ガレオン国際空港、1日8万人の利用客。記録突破(リオ)
  • 国際空港で置き引き多発(リオ)
  • 今年、麻薬密輸で200人を空港で逮捕。インドではブラジルの25倍でコカイン売買(サンパウロ)
  • 49歳警官、美人販売人を殺害、逮捕(サンパウロ)
  • 30歳のピョン(カーボイ)がロデオ大会で牛に突かれ死亡(マットグロッソ)
  • 警官強盗に撃たれ死亡。強盗も死亡。今年州内で38人の警官死亡(サンパウロ)
  • 強盗犯、車襲っているところを警官に射殺される(サンパウロ)
    ー以前は強盗に殺害されるニュースばかりであったが、強盗が射殺されたニュースも増えてきた
  • 訪リオ客約100万人(リオ)
  • 阿部首相の閉会式出演、好・不評、TVニュースでは見られず
    ―暫定大統領が出席していないだけに、阿部首相のコメントは禁止? 遠慮したのか?
  • オリンピックが終わり、空港大混雑、バスターミナルは普段の3倍の混雑(リオ)
  • ブラジル、19個のメダル、7個の金。メダル数では13番目
  • 雨と2m60㎝の大波、(サントス・サンパウロ)
  • 南伯を中心に寒波、山岳で雪。北・東北伯では40度ちかいところも

【南米】

  • ベネズエラ人、食料をコロンビアに買い出しに(ベネズエラ2016-07-11)
  • 元大統領秘書、8億ドルをお墓に隠す(アルゼンチン2016-06-15) 

 過去速報
>>2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月 6月 7月 8月

  •  
  •  日々の Sao Paulo

中国人向け魚屋

8/23 中国人向けの魚屋 メルカードで中国人向けの魚を売る店が増えてきた。魚屋の兄ちゃんによると中国人は刺身ではまず食べないから、揚げやすい大きさの中以下の魚を買う傾向があり、頭や浮袋などをよく買うらしい。この手の店で買うのは、日本人にとって気を付けなければならない。中国人は必ず「まけて」というので最初から、まける分を加算している店があるからだ。店の前に発砲スチロールの箱に安めの小魚を置いて売る店が増えてきた。中国人は自分で触って選んで買いたがるからだ。魚屋のにいちゃんは「触るとバイキンがついて衛生的によくないし、腐りやすくなrんだけどね」と苦笑しながら話してくれた。

 

ブラジリアンナッツ

8/23 ブラジリアン・ナッツメルカードで目を引くのは、ブラジル全国から集まった色とりどりの果物と乾物、そしてナッツ類である。ナッツはアーモンドやマカダミアンナッツなどほぼ世界中のものがあるが、やはり買いたいのは、アマゾンで採れるカスターニャ・デ・パラーとノルデステ(東北伯)で採れるカシューナッツ。どちらも滋養がたっぷりで栄養的にも非常にすぐれている。大きさや焼き方でランク付けをされていて、割れたクズナッツなどは少し安く購入できる。店によっても値段がずいぶん違うようである。ただし、高級品の方がやっぱりおいしい。

バンカ

8/20バンカの日課 朝バンカ(新聞や雑誌を売るボックス風店)の横を通ると店主がいつも水を流して掃除をしている。聞くと、酔っ払いや路上生活者の小便で毎日の掃除が必要になるそうだ。 リオやサルバドールでは路上での小便は罰金が取られる。カーニバルや路上イベントには仮設トイレが設置されるようになったが、中はとても使用する気にならない状態のものが多い

イワシ

8/22 庶民の味方イワシ ブラジルのイワシは年に数度、産卵などで禁漁期間が設けられている。今年の6月15日に始まった禁漁期間は7月末に終わり8月初めにマーケットにまた出始めたが、9月には再び禁漁になるそうである。ブラジルのイワシは日本のマイワシとはちょっと違うようでその多くはカリフォルニアマイワシ? 南伯で獲れるカタクチイワシの仲間も時々サンパウロで見かける。
 魚の中でも一番安い魚でDHAやEPHを多く含むだけにブラジルでも徐々に注目されてきている。経済危機で食料品の値段がどんどんあがっているだけに安いイワシが禁漁でまた食べられなくなるのは残念だ

バス

8/18市内バスの進化  サンパウロ市内はバス網が発達していて、だいたいどこにでもバスで行くことができる。バス自体もどんどん進化を遂げていて、最近は、2連、3連の大型バスは当たり前になってきた。そんな大型バスで運転手は器用に1車線の小さな道でもどんどん入っていくから大したものだ。その運転技術には驚く。ガスバス、トローリー(電気)バスなども、未だにあり新型化されている。以前は料金支払い所は1か所でったが、カードだと2か所、カードに課金する小さな機械、障害者用の昇降機まであるものまである。

アイス好き

8/18 ブラジル人のアイス好き ブラジル人はアイス大好きで、暑くなるとハンバーガ屋のアイスクリーム売り場にはとたんに買い求める人の列ができる。日本の場合は大の大人がという妙な凝り固まった風潮があるが、子供から老人まで、男も女も、アイスを舐め舐め歩くのは決して恥ずかしいことではない。
 この頃、感じるのは、アイスクリームの味が落ちたような気がする。それはチョコレートなどでも同じで、以前のまろやかさがなくなったような・・・。経済危機の影響で、牛乳の量を経したのか? 中国同様のなんでもアリのブラジルではいかにもありそう。

塩タラ

8/17 中国製塩タラ ブラジルで魚料理というと、まず、あげられるのがタラ料理である。それほどブラジル人はタラ好きで、メルカードでもたくさんの塩タラが売られている。最近は、中国産の安い塩タラも売られ、よく売れているそうだ。中国商人が北欧で鱈を安く大量に買い込み、中国本土で加工をおこなっているのだ。タラがきれいに加工され人気も上々らしい。  できれば原産地モノが安心できるような気がするが・・・

売り上げの落ち込み

8/18 セントロの商店街 セントロで最も通行の多い、ジレイタ通りを歩くと、「リキダソン(バーゲン)」をしている商店の多いことに驚く。どの商店も、経済危機で売り上げが落ちているのだろう。通りの中には、休日かと見間違えるほどシャッターが下ろされた店が多くある通りもあり、市民の消費が落ち込んでいることが解る。ある有名ハンバーガー屋では客寄せをするために、1レアル(約30円)でソフトクリームを売っていたり、あの手この手で、なんとか客を呼ぶ店が増えた。オリンピック後はますます消費が冷える可能性が大きいだけに心配だ

雨

8/16 潤いの雨 ずっと降らなかった日が続いたが久しぶりにまとまった雨が降った。これで乾き切り、スモッグで汚れた大気も少しは綺麗になるだろう。危険水域に入っていたカンタレイラ貯水湖の水も少しは潤えばよいのだが、市内で降ってもぜんぜん関係のが残念だ。大気の汚れと乾燥で呼吸器官を患う子供や老人が多かっただけに、空気が澄み、湿度が増したおかげで、少しは楽になるのではないだろうか。

演出家

8/17  冬の演出家 今年の冬は、急に寒くなったり暑くなったりしたためか、街路樹の落葉が遅かったような気がする。セントロの町を歩くと、多くの街路樹がやっと落葉し、やっと冬らしい景観になってきた。  街路樹の落葉樹はマメ科の20m超の大木が多く、枝がくねくねして大きく張るので冬らしい寂しい雰囲気を醸し出してくれる。街路樹は町の、冬の演出家である。

観光バス

8/15  サンパウロの観光客 オリンピック観戦に訪れる観光客がサンパウロにも流れてくるかと思われたが、意外に少ないようであまり見かけない。Wカップ時には、サンパウロでもあちこちのツーリストポントで観光客が見られたものだ。オリンピック会場がリオデジャネイロなのだから、サンパウロに来る観光客はあの時ほどは多くないのは理解できるが、ちょっと少なすぎるような気がする。リオデジャネイロも予想以上に少ないのかもしれない

hanakinn

8/15花金と経済  金曜日の夕方にもなると、セントロではどこの飲み屋前の路上に並べられたテーブルも帰宅前にビールを飲む客で溢れていた。今は、経済危機と寒さで客はがた減りの店が増えている。それでも、天気が良く暖かい日には、店によって差があるようだが多くの客がビール飲みに訪れている。  
  政権が変わって今は少し上がり気味に見える経済もオリンピック後はまた冷え込むだろう。早く経済に立ち直って欲しいがなかなか難しそうだ

パウリスタ

8/12 パウリスタ大通り サンパウロのシンボルと言えばなんと言っても近代的な高層ビルが立ち並ぶビジネス街、パウリスタ大通り。一時期はピネィロス区のブリガデイロ・ファリア・リマにその場を奪われるのではないか? という噂もあったが、さらなる高層ビルの建築も相次ぎ、その場を奪われることはなさそうだ。日曜日は歩行者天国になり中央の花壇は取っ払われ自転車道に作り変えられるなど、さらなる進化を遂げている。その反面、携帯が盗まれる件数は、市内でも1,2を争うほどで、治安は悪化に向かっている。ブラジルらしからぬ風景のパウリスタ大通りは安全と市民も錯覚して油断するのかもしれない

寒い冬は

 8/12 やっと寒い冬に 南からの寒気団の出現で再び冬らしい天候になってきた。広場の街路樹も葉を落とし、路上生活者もビニールやダンボールで寒さをふさいで寒い夜に用意している。  それでも夕暮れは、少し遅くなって、5時半を過ぎてもまだまだ明るくなってきた。暦の上では真冬の折り返し地点を過ぎたようだが、これから寒い冬を迎えそうだ。

 

フェジョアーダ

8/9 ジョアーダ・キット メルカードには数軒のフェジョアーダ用の塩漬け肉を売る店がある。何軒かは専門店で、それだけブラジル人のフェジョアーダ好きを物語っている。フェジョアーダのおいしさは格別で、数か月も食べないと無性に食べたくなる。
 最近は、健康のことを考え、カロリーを抑え脂肪分を取った「ライト」などもあり、昔と少し変わってきた。以前は食べた後、脂で口の中がベトベトしたものだが、そういうフェジョアーダはじょじょに少なくなってきている

車内放送

8/12 バス車内放送 高級住宅地区アウト。ダ・ラッパ区から、パウリタ方面に向かうバスで初めて、バスの車内放送を聞いた。各停留所の住所がポ語で流れた。サンパウロの多くの停留所はほとんど名前がついていないので不便であったが、もしこの車内放送がすべてのバスで行われようになった非常に便利になる。しかし、運転手とコブランサ(お金徴収係・車掌)の負担が大きくなるから続けられるのか?  

2014年>> 4月ー6月    7月 8月 9月   10月  11月 12月

2015年>>1月 2月 3/4月 5/6月/7月 8/9/11月

2016年>>1月2月3月 4月 5月/6月  7/8月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

studio crystal