HOME

 

 

[都市]  
空からみたレンソイス。白い砂丘とエメラルド色が印象的だ
[生活]  
DSC_8484DSC_0563DSC03593DSC_5983

【趣味】

[文化]  
DSC_0533DSC_2704

【イベント】

[流行]  
DSC_1704DSC02854DSC_0692

【商品】

【おしゃれ】

  • 結婚指輪の代わりに指にタツゥー、静かなブーム
[スポーツ]  
 DSC_0300

■サッカー 

DSC_0801DSC02199

■格闘技

  • ギャビ、堀田破る
    ー当然の結果か?
  • ヌネス、ロウジー破る。まさかの秒殺

■F1

オーストラリGP マッサ6位

 

[こんな時どうする?]  
DSC_0058
[南米関連ニュース]  
DSC_1297DSC_6142

【ブラジル事件簿】

DSC_0919DSC_1095トリオエレトリコ(巨大スピーカーを積載したトラック)

2017年

ブラジル一言速報】
※テレビ・ニュースより抜粋し、リアルタイムでお知らせします。ただし、ブラジルのテレビ・ニュースは非常にあいまいで、数字的変更がされたり内容が変わることがしばしあります。あくまで参考程度にしてください。詳細や正確な数字などは、新聞やサイトなどでお確かめください

■5月26日novo  

  • 950人のキューバ医師が来週到着予定
  • 裁判所、ドリア市長に麻薬常習者の強制入院許可(サンパウロ)
    ―人権侵害になる可能性が大きい。
  • プリンセーザ・イザベル区でクラック常習者2倍に増加(サンパウロ)
  • 警官、センテット10人殺害(パラー)
  • 裁判所、麻薬常習者の強制検査許可
  •  

 

DSC_4161DSC_6960 DSC_6993

 ■5月25

  • 誤ってファベーラに入り込んだイタリア人旅行者殺害される(リオ)
  • ピンシャ犬、強盗追い払う<video>
  • インフルエンザ予防キャンペーンが延長
  • カラコランジャ(麻薬汚染地域)の大捜査で麻薬常習者23ポントに分散(サンパウロ)
  • プラスティック工場で爆破、3人死亡
  • 19階から少年落ち死亡(サンパウロ)
  • 犯罪、グランジサンパウロ圏で4月に増加(サンパウロ)

【南米】

  • 大統領抗議デモで36人死亡(ヴェネズエラ)
  • 12000人のベネズエラ人がブラジルに逃げる
  • 大雨地滑りで250人以上死亡。コロンビア
  • メルコスル、ベテズエラについて緊急会議が必要
  • 政治的危機が悪化し、野党は軍の助けを求める(ベネズエラ)
  • 35%の給料値上げデモ(アルゼンチン)

 

 

 

 

 日々の Sao Paulo

mokoto

5/12   カウド・デ・モコト だんだん寒くなって、熱々のカウド・デ・モコトがおいしい季節になってきた。カウド・デ・モコトとは、牛の足をことこと煮込んだ牛の足シチュー。ブラジル人は精力のつく料理として値段も安く、北から南まで好んで食べられる。牛の骨髄がしみだし、とろみとコクのあるシチューは独特の風味がある。苦手な人もいるが、サンパウロなどでは冬の味覚の一つとして喜ばれている(写真モコト用の牛の足)

 

DSC05768

4/29 ガラス防護 28日は全国的なデモが行われた。デモでは、参加そいた人々が暴徒化し、銀行や商店の窓ガラス、扉ガラスを割ってしまうことが多い。最近では、そんな人々に備えて、多くの店や銀行では、割られないように、ベニヤ板などではガラスを防護するところが増えた。

清掃車

5/04  電気清掃車の普及 最近、小型の電気清掃車をメルカードなど屋内でよく見かける。屋外でも、ゴミを運ぶ小型電気自動車は以前からあったが、清掃車もついに出現した。いろいろなものが自動化されていくのはいいが、導入されることにより清掃夫などが今後減らされていくのではないだろうか? 市内バスの車掌も無くすと言われているし、今後、現在失業率13,7%が上昇する可能性もある。

倒木

4/21   今年の倒木被害は? 去年は暴風雨で多い時で100本以上の街路樹が根こそぎ倒れるなど倒木被害が多かった。街路樹の手入れ不足と、市に批判が集中した。そのせいか、今年はちらほらと、多きくなった街路樹の枝を切る作業を見かける。市も去年の災害を繰り返さないように枝切り作業を行っているのだろう。今年は、去年のような街路樹の倒木被害がないこと祈りたい 

占拠ビル

4/26  占拠ビル この頃、セントロの占拠されたビルの追い出しで、占拠民が抵抗せずにあっさり出て行くのを見ておかしい、と思っていた。不動産屋の主人に尋ねてみると、抵抗をすると以前は逮捕されることがなかったが今は逮捕されるらしい。以前は、センテットなどのブラジル人の占拠民が多かったが、最近はアフリカ難民の占拠するビルが見られるようになった。法を無視したアフリカ移民・難民の浸食が増えてきたような感じがする

デモ

4/19   毎日がデモ また、毎日のようにデモが起きるようになった。今のデモ要求は、年金改正反対である。年金授与年齢を60歳に引き上げる、というものである。おそらく、この改正を行わないと早期にブラジル政府は潰れるように思う。日本も、今後同様の問題にぶち当たるだろうし。同じ問題を抱えているところは多いだろう。一時的に改正が中止になっても、近い将来行わなければならない問題とは思うが・・・。どうなるのだろう。 

バッテリア

4/20   イベントとバッテリア デモ運動にたいていいるのが、バッテリア(打楽器隊)。彼らがいると指揮が不思議にあがる。ブラジルのイベントには、バッテリアはなくてはならない存在なのかもしれない

DSC_7479

4/16  増える失業者 セントロの広場を通りがかると、無料貸し出しの巨大チェスをする人をよくみかける。その周囲には数人の人がじっと試合をみている。
 今年に入ってからのサンパウロの失業者は200万人とも言われている。それだけに、広場などでぼーっとしている人も多くなったし、グリセリオ地区などの庶民が多く住む地域では、昼間からテーブルを囲んでおしゃべりをしている男たちをよくみかける。難民や移民はどんどん増え、失業者も増えて行く。こんな状態で大丈夫なのか? 思わず不安になる。 

冬の装い

4/18  冬の装い セントロの呉服屋では、次の季節の流行はさておき、今現在の気温に応じて服を売るところが多い。そんな訳で、冬には冬の、夏には夏の服のマネキンが飾られる。おそらく庶民にはこの方が便利で買いやすい。余裕のない庶民には来年の春夏の流行より、現在の冬の寒さに備えた服の方が重要なのである。そんな訳でセントロの呉服屋のマネキンの多くは今冬の装いである。

広告

4/14  変わるセントロの広告 セントロを歩いているとさまざまな広告をしている人をよくみかける。その中でも多いのが「金(ouro)を売ります買います」のサンドイッチマンマン。おもしろいところで、仕事を辞めた人に「裁判の弁護をします」広告。これなどは悪徳弁護士がやっている法律事務所なのだろう。労働裁判の弁護を受けて勝ったお金の半分以上を持っていく、話をよくきく。最近は店の広告ビラをまく人が増えた。公告ビラがはじめられた当初は、皆うけとっていたが、この頃はほとんどの人が受け取らないようだ。セントロの公告業界もどんどん変わってきている

公衆電話

4/16  公衆電話 一時期、街から公衆電話がどんどん撤去され、このまま消滅するのでは? と心配したが、消滅することなく公衆電話は生き残っている。日本では駅の構内で見かける程度であるが、サンパウロのセントロでは街の中にも多く残っている。見ていると、公衆電話を利用している人は意外に多い。特にアフリカ人などの移民が多いようだ。決まった住所やドキュメントがないと取得できないせいだろう。以前は破壊された電話が多かったが、ちゃんと利用できるものが少しずつ増えているような気がする。整備がされるようになったのかもしれない

 

メトロ

4/7 混雑するメトロ サンパウロのメトロの通勤ラッシュの混雑はかなり激しく、セントロ・アニャンガバウーのメトロ駅では、夕方6時前後になると、改札に駅からはみ出てしまうほどの列ができる。以前はバス利用者も多かったが車のラッシュで渋滞するために、ある程度時間に正確なメトロに乗り変えた人が多いようだ。メトロの混雑につれ、痴漢も驚くほど増え、毎日のようにニュースになっている。1990年代に日本の痴漢のことを話すと「ブラジルにはそんなものはない」と笑われたものだが 

メルカードの鱈

 4/14 復活祭前復活祭前の聖週間には、魚料理を食べる習慣があり、鱈などの魚を買い求める人が多い。とはいうものの、あまり関係なくシュラスカリアや肉料理レストランには普通に客が来てモリモリと肉を食べている。しかし、メルカードでも魚屋や塩鱈を売る乾物屋では、普段以上に売り上げよくなっているそうである。今や、聖週間は、魚を食べるだけの習慣になりつつあるような感じがする。

 

騎馬警官

4/3 騎馬警官 騎馬警官をセントロでよく見かけるようになった。たいてい、3,4人の警官が馬に乗って巡回している。以前はみかけなかった女性の騎馬警官を見かけることも。騎馬はちょっとやそっとのことでは、驚かないように訓練されているようで、一昔以上前にサンパウロで行われた日本の流鏑馬に警察の騎馬が使われ、流鏑馬を行った人が、驚かないようによく訓練されている、と驚いていた。市民にもすこぶる評判がいいようで、馬を前にして騎馬警官と市民が会話をしている姿がよく見かけられる。問題は、糞。馬たちの糞はしっぱなしでそのままにされるので臭くてかなわない。それも大量に。飼い犬の糞の処理も呼びかけられている今の世の中だから、警察側も率先して糞の処理をするべきだと思う。

b

4/6  セントロを歩く楽しみ サンパウロのセントロを歩いていると、突然、映画や講演会のモニュメントが出現したり、サーカスや演劇が行われていたりすることだ。つい最近は映画の宣伝でスヌーピーの像が、リベルダージやセ広場などの観光ポイントに出現し人気を呼んでいた。今回セントロの銀行街に出現した巨大な「B」の像は、教育関係の講演会と音楽会の宣伝。目を引くことは確かだが、会場近くの3か所しかないのは、ちょっと厳しいかも

食肉不正

3/23 食肉不正 21の食肉業者が行っていた食肉の不正は、話が海外にまで広がり、日本をはじめ28か国がブラジルの肉の輸入を一時中止してしまった。肉屋のオーナーなどにいろいろ話をきいたが、「海外の肉には、食肉不正をしていないから安全だ」というのが大方な見方だ。国内で衛生局の人間に贈賄できても、海外の人間には贈賄は難しいし、世界各国の税関は厳しいから不正は無理だ、というのが理由だ。政府が今行っている年金制度の改革から、国民の目を他に向けるために政府がしくんだことが海外にまで流れ大きくなってしまったという説やトランプの陰謀説などがいろいろ入り乱れているが、前者の可能性はあるような気がする。どうだろう?

ファン

3/23 ジャスチン・ビーバー ジャスチン・ビーバーが訪伯し、警備付きで禁止の落書きをしたり、有名人700人をパーティに招待したり、世間を騒がしている。それでもブラジルでの人気は大したもので、リオでは3月に行われるショーに去年1月から会場前でテントを張って待つ女性や4月1日、2日のサンパウロショーには会場まえで多くのファンがテントを張って待っている。人気司会者のシュッシャは「麻薬好きで困った若者」とこきおろしていたが

 

落書き

3/15 綺麗な町 ドリア市長が「Cidade bonita(綺麗な町)」を掲げ、町の落書きを禁止にした。落書きには5000~1万(33万円)レアルの罰金を科せられる。落書きにも大きく分けて、文字の落書きと絵の落書きがある。絵の方は、公園などで空間を提供される他、市内でも消されずに残されるものもあるらしい。スプレーでところかまわずする文字の落書きは汚らしいが、絵は芸術的なものもあり思わず目を奪われるモノもあるほどである。今後、23・デ・マイオ大通りなどを中心に消されるようだ

カメロー

3/18 いなくなったカメロー メトロ・サンベントウ駅近くのサンタ・エフジェニア橋上には、おもちゃ、盗品の携帯、雑貨などを売る、たくさんのカメロー(路上売り)がいたが、この頃はほとんど見なくなった。橋のたもとあたりを常に警官が警備しているので販売許可のないカメロー達は商売をできないのだ。最近、セントロのいたるところでカメローが減ってきた。すっきりして綺麗になったのはいいが、商売ができなくなった人たちがコソドロや強盗にならないことを祈りたい

 

 

お届け専用3輪車

3/10 お届け専用自転3輪車 昔からある自転車に水や清涼飲料水などの重量物を運べる三輪車がある。最近でこそ、パウリスタ(サンパウロッ子)も、自転車道が整備され自転車に乗るようになったが、こちらは、切り替えギアの着いた最新高級自転車。
昔ながらの自転3輪車は、大量にモノが運べ、小回りが利くことから、まだまだ重要があるようでよくみかける

コステイラ

3/15 人気のコステイラ ブラジル人はピッカーニャなどの肉が柔かい部位も好きだが、コステイラ(アバラ肉)も好きな部位の一つである。コステイラを一昼夜、ドラム缶状のコステイラ専門焼き器でトロトロと焼いて出す専門店もあるほどで、その人気がうかがわれる。確かに時間をかけてゆっくり焼き上げられたコステイラは脂が肉にまわり味わい深い。コステイラは一度食べるとついついまた食べたくなる。そんな部位である

豊水

3/9 日本梨の季節 今年も、日本ナシが市場に出回り始めた。呼び名も、日本の品種名「housui」その名で売られている。その水水しさと、上品な甘さが受けて、徐々に広まりつつある。ただ、原色好きのブラジル人には茶色い表面から、そのおいしさがなかなか想像できないよう。サンパウロでは、リベルダージの日本食品店やメルカードなどで売られている他、フェイラなどでもちょくちょく見かけるようになった。リンゴのフジやライチ同様に、季節の味になりえるだろうか?

初でも

3/10 カーニバル後の初デモ 世界女性デーに合わせて、セントロで、テーメル大統領退陣要求、教員の給料値上げなどのデモが行われた。テレビのニュースではさほど取り上げられていなかったが、参加者数はかなり多く、数千人が参加していたことは確かである。テーメル退陣要求は一時期下火になっていたが、未だにブスブスと国民の間でくすぶっていることを再確認させられた。カーニバルでも突然テーメル退陣要求の唱和が起こったし、国会は今年も荒れそうな感じである

2014年>> 4月ー6月    7月 8月 9月   10月  11月 12月

2015年>>1月 2月 3/4月 5/6月/7月 8/9/11月

2016年>>1月2月3月 4月 5月/6月  7/8月 9月 10月/11月  12月

2017年>>1月・2月  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

studio crystal