HOME

 

     

[都市]  
空からみたレンソイス。白い砂丘とエメラルド色が印象的だ
[生活]  
DSC_8484DSC_0563DSC03593DSC_5983

【趣味】

[文化]  
DSC_0533DSC_2704

【イベント】

[流行]  
DSC_1704DSC02854DSC_0692

【商品】

【おしゃれ】

  • 結婚指輪の代わりに指にタツゥー、静かなブーム
[スポーツ]  
 DSC_0300

■サッカー 

DSC_0801DSC02199

■格闘技

  • ギャビ、堀田破る
    ー当然の結果か?
  • ヌネス、ロウジー破る。まさかの秒殺

■F1

オーストラリGP マッサ6位

 

[こんな時どうする?]  
DSC_0058
[南米関連ニュース]  
DSC_1297DSC_6142

【ブラジル事件簿】

DSC_0919DSC_1095トリオエレトリコ(巨大スピーカーを積載したトラック)

 


2017年
ブラジル一言速報】
※テレビ・ニュースより抜粋し、リアルタイムでお知らせします。ただし、ブラジルのテレビ・ニュースは非常にあいまいで、数字的変更がされたり内容が変わることがしばしあります。あくまで参考程度にしてください。詳細や正確な数字などは、新聞やサイトなどでお確かめください 

■12月16novo   

  • 強盗、有名歌手グスターボ・リマのトラック盗む
    ―今の強盗は有名人だろうが、貧乏人だろうがおかまいなし
  • 25%ブラジル人が貧困
    ―汚職がますます国を悪化させる
  • パウリスタ大通りで、男性、警官を刺した後、逮捕される(サンパウロ)
    ―パウリスタ大通りはブラジル1のビジネス街。ブラジル人のいう通りどこも同じく危ない
  • ドリア市長、車両検査プロジェクトを拒否(サンパウロ)
  • サラリオミニモ、937レアル?。28レアルの上げ幅

 

DSC_4161DSC_6960 DSC_6993

■12月15日 

  • テーメル大統領、カテーテル(医療用の管)を3週間使用予定
    ―最低の大統領と言われるテーメル。精神的ストレスは相当なモノ
  • 犯罪組織コマンドヴェルメーリャのシェフ、パラグアイで逮捕
  • 今年の警察官死亡者、127人に(リオ)


 
≫2015:1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月 8月 9/10月  11月 12月
≫2016:1月 2月  3月 4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 12月 10月12月
.>>2017:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
 9月 
11月 12月

 

 

 日々の Sao Paulo

10/18 チップ箱 毎年年末になると、店先やアパート棟の入り口にチップ箱が置かれる。この箱は客からの働いている人達への日ごろのお礼とも言えるもので、溜まったお金は従業員の間で分ける仕組みになっている。例年だと早くても11月半ばほどに設置されていたこの箱が、今年は店によっては10月の初めから置かれている店があった。それだけ不景気だということか

10/20 崩れ始めた町の整備 この頃、町を歩くと、標識が折れたり曲がったり、信号つかなかったり、道路に穴ぼこがたくさん開いていたり・・・、町の中の機能維持整備が随分と崩れ始めたのが目に付く。ドリア市長の活動はぱっと目立つことが多いが、こうした基本的な都市整備が忘れ去られている。信号が機能しなかったり、標識が壊れていたりすると大事故につながる可能性があるし怖い。落書き消しや、麻薬常習地区の撲滅も必要ではあるが、こうした都市を維持する基本的な整備にもしっかり目を向けて欲しい

10/2異常に満開のイッペー サンパウロの町では街路樹のイッペーが近年に見られないほどの花を付けている。セントロでは黄色、白、ピンクと続き、最終のピンクの花が散り始めている。中でもピンクは樹一杯に花を付けた樹が多く、その花びらの量は半端ない。道いっぱいに落ちた花で足を滑らせるほどである。あまりに多すぎる花を見て異常気象が心配になってしまう

 

10/11 アルカショーフラ(朝鮮アザミ)が出始めた。ブラジルでは好きな人が多いようで、サンパウロ近郊の産地ではアルカショーフラ祭りが開かれている。10月初め現在で1個280円程。最盛期にはもう少し安くなるだろう。ブラジルにある種類はほとんどが紫色のもので、これからフェイラ(青空市)などでも出始める。

9/20  増えたセントロの警官 サンパウロのセントロに今年に入ってから、巡回する警察が増えた。巡回警官の数としてはサンパウロ1の数ではないだろうか。なにしろ数百m歩けば警官に会うというくらいの感じであるから多い。セントを観光する海外からのツーリストが多いこともあるだろうし、それとは別に日常の治安が良くないこともあるだろう。警官が多いことは喜ばしいことではあるが、犯罪抑止には役立っていると思う。

 

10/2春まっさかり 巷の街路樹は一斉に芽吹き始め、春の花イッペーも真っ盛り。白黄色ピンクと盛りが次々と移りすぎ、そろそろすべての花が終わり始めている。暦の上では10月15日から夏時間となり1時間時計を速めることになる。温度はめきめきあがり昼間は30度を越える日々が続いている。このまま夏に突入して欲しいが、どうだろう。

9/5 もうすぐ春本番 黄色、白、ピック、ブラジルで最も有名な花、イッペーの花が咲き始めた。白は旅に出ている間に散ってしまっていたが、黄色のイッペーが今、咲き誇っている。ブラジルではちょうど桜の花の様な存在で、春の訪れを告げる花でもある。都会の黄色のイッペーは樹も小さく、ショボイものが多いがパンタナール(世界最大級の湿原)に行くとたくさんの大きな樹が枝一杯に咲き誇り、それはそれは綺麗らしい。

9/16 政治家そっくりバルーン 最近デモで必ず出て来る、反対する政治家バルーン。以前はルーラやディウマ元大統領だったが最近はアルキミン現知事のバルーンがしばしば出て来る。どれも意外に似ていて面白い。日本でも反阿部の団体が阿部バルーンや麻生バルーンを作ってデモしたら面白いのに!

 

骨董市

8/20MASP(現代美術館)下の骨董市  MASPの地上階では、日曜日に骨董市が開かれ多くの人々が訪れる。久々に行ったところ、テントは数年前の盛況時の3分の2になっていた。雨がしょぼついていたせいもあるだろうが、客も少なく、出品されていた骨董品も少なくなり、高価そうなモノが減ったような気がした。経済危機は骨董品市の世界にもじんわり波及している。

卵

8/20防虫剤よりポツリヌス菌が怖い 防虫剤のついた卵が、ヨーロッパや韓国で問題になっているが、ブラジルで調査したというニュースは聞いたことがない。使用されている可能性は十分あると思う。いつも買っている卵屋さんできくと白色卵は洗浄されているそうであるが、茶色い卵は汚れていても目立たないためか? 洗浄さえ行われていないそうである。なので茶色い卵をメルカードなどで買うと、うんこつきが結構ある。防虫剤よりポツリヌス菌が怖い

ペット

8/17 ペット・ブームは去った?? 最近、犬を連れて歩く人が去年に比べ少なくなったような気がする。冬になって散歩に出るのが面倒くさくなったのだろうか? 一時期よくニュース番組で見られた、犬泥棒事件もすっかり影を潜めたような気がする。何故だろう?? 熱しやすくて冷めやすいブラジル人気質から、ペットブームに陰りが見え始めているのかもしれない 

建物

8/17 ブラジルの建物 ブラジルの建物を見ていると、隣の建物にぴちっとつけて建てられたものが多い。これは世界的にも珍しい建て方らしい。ぴちっとくっついた側の壁には塗装をしなくてもいいから、手抜き建築のような気がしないでもない。建物を壊した後の隣の建物の壁は、当然ブロックなどが剥きだ状態だ。くっつけて建てることにより補強の意味があるのかもしれないが・・・

2014年>> 4月ー6月    7月 8月 9月   10月  11月 12月

2015年>>1月 2月 3/4月 5/6月/7月 8/9/11月

2016年>>1月2月3月 4月 5月/6月  7/8月 9月 10月/11月  12月

2017年>>1月・2月  3・4月 5月・6月・7月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

studio crystal